長野県岡谷工業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
長野県岡谷工業高等学校
過去の名称 諏訪郡平野村立農蚕学校
平野蚕糸学校
諏訪蚕糸学校
長野県諏訪蚕糸学校
長野県岡谷工業学校
国公私立の別 公立学校
設置者 長野県の旗 長野県
設立年月日 1912年4月11日
(諏訪郡平野村立農蚕学校)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 (全日制課程)
環境化学科
機械科
電子機械科
電気科
情報技術科
学期 3学期
高校コード 20150C
所在地 394-0004
長野県岡谷市神明町2丁目10番3号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
長野県岡谷工業高等学校の位置(長野県内)
長野県岡谷工業高等学校

長野県岡谷工業高等学校(ながのけんおかやこうぎょうこうとうがっこう)は、長野県岡谷市にある公立工業高等学校である。 略称は、「岡工(おかこう)」。 文化祭は「岡工祭」と称し、その名称は校名に由来する。 野球部は、1930年に夏の甲子園準優勝を果たしている。 バレーボール部、ラグビー部、自転車競技部は全国大会の常連校である。特にバレーボール部は春高3連覇、選抜・総体・国体の三冠を達成するなどの偉業を成し遂げている。

沿革[編集]

  • 1912年(明治45年)4月11日 - 乙種農蚕学校として、諏訪郡平野村立農蚕学校が開校。
  • 1913年(大正2年)3月29日 - 農蚕学校に女子部(後の、長野県岡谷東高等学校)を併設。
  • 1915年(大正4年)11月10日 - 平野農蚕学校女子部を廃止し、村立平野実科高等女学校を設置。
  • 1919年(大正8年)3月 - 甲種学校に昇格し、平野蚕糸学校に改称。
  • 1920年(大正9年)3月 - 校名を諏訪蚕糸学校に改称。
  • 1922年(大正11年)4月 - 県立に移管し、長野県諏訪蚕糸学校に改称。
  • 1930年(昭和5年)8月20日 - 野球部が甲子園で準優勝。(対広島商:2-8)
  • 1938年(昭和13年)4月 - 工業学校規定により、長野県岡谷工業学校に改称。
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革により、長野県岡谷工業高等学校となる。定時制機械科設置。
  • 1954年(昭和29年)4月 - 飯田分校を設置。
  • 1956年(昭和31年)4月 - 飯田分校が長野県飯田工業高等学校として独立。
  • 1978年(昭和53年)4月 - 定時制普通科設置。
  • 1985年(昭和60年)3月 - 定時制普通科募集停止。
  • 1998年男子バレー部が春高バレー優勝
  • 1999年男子バレー部が春高バレー優勝(連覇)
  • 2000年男子バレー部が春高バレー優勝(3連覇)
  • 2003年男子バレー部が春高バレー優勝
  • 2004年(平成16年)3月 - 定時制機械科募集停止。これにより、定時制は2007年3月の卒業生をもって廃止となる。
  • 2007年(平成19年)3月 - 定時制機械科閉校。
  • 2010年ラグビー部が3年振り24回目の花園出場。

教育目標[編集]

  • 人格の完成をめざし、国家ならびに社会の有為な形成者として必要な資質を養うため、一般教養を高める。
  • 日本の工業の建設発展の根幹である技術者として必要な技能・知識・態度を養成する。
  • 本校の伝統校風である質実剛健、至誠一貫の精神を涵養する。

校歌・応援歌[編集]

出身者[編集]

最寄駅[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]