1939年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 1939年 | 1939年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 東京巨人軍 66 26 4 .717 -
2位 大阪タイガース 63 30 3 .677 3.5
3位 阪急軍 58 36 2 .617 9.0
4位 東京セネタース 49 38 9 .563 14.5
5位 南海軍 40 50 6 .444 25.0
6位 名古屋軍 38 53 5 .418 27.5
7位 名古屋金鯱軍 36 56 4 .391 30.0
8位 ライオン軍 33 58 5 .363 32.5
9位 イーグルス 29 65 2 .309 38.0

個人タイトル[編集]

タイトル 選手 球団 成績
最優秀選手 スタルヒン 巨人  
首位打者 川上哲治 巨人 .338
本塁打王 鶴岡一人 南海 10本
打点王 川上哲治 巨人 75点
盗塁王 山田伝 阪急 30個
最優秀防御率 若林忠志 大阪 1.09
最多勝利 スタルヒン 巨人 42勝
最多奪三振 スタルヒン 巨人 282個
最高勝率 御園生崇男 大阪 .824

ベストナイン[編集]

この年は選出なし

中等野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]


できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

  • 6月18日 - 南海の清水秀雄が対阪急戦で13奪三振で毎回奪三振を達成。通算かつシーズン2度の達成は日本プロ野球初[4]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

  • 11月3日 - 巨人の中尾輝三が対セネターズ戦(後楽園球場)で、ノーヒットノーランを達成[6]、スコアは1対0[7]
  • 11月9日 - 巨人対南海(後楽園)で巨人が勝利し、巨人の優勝が決定している。

12月[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『南海ホークス四十年史』 南海ホークス 編、南海ホークス、1978年、54頁。
  2. ^ 宇佐美徹也 『日本プロ野球記録大鑑』 講談社1993年、724頁。ISBN 4062061082
  3. ^ a b 宇佐美徹也 1993, p. 634.
  4. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 692.
  5. ^ 『中日ドラゴンズ70年史』 中日ドラゴンズ 編、中日新聞社2006年、44頁。ISBN 4806205141
  6. ^ 奪三振6、与四死球10。
  7. ^ 無安打無得点試合 (ノーヒットノーラン)”. 日本野球機構公式サイト. 2015年11月28日閲覧。
  8. ^ 岸野雄三 ほか 『近代体育スポーツ年表 1800→1997』 大修館書店1999年、171頁。ISBN 4469264083