全国高等学校野球選手権大会 (千葉県勢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
全国高等学校野球選手権大会 > 全国高等学校野球選手権大会 (千葉県勢)

全国高等学校野球選手権大会における千葉県勢の成績について記す。

概要[編集]

全国で4番目に参加校数の多い激戦区域。実力的に伯仲した学校が多い上、大都市圏の地方大会の中では、非常に公立の高校が健闘していることが特筆される(その様子は、メディアや、高校野球ファンの間で「戦国千葉」と形容されることもある)。甲子園への連続出場を果たしたのは1931年~1932年および1935年~1936年の千葉中(南関東代表)、1939年~1940年の千葉商(南関東代表)、1946年~1948年の成田(南関東代表、1946年・1947年は旧制中学)、1970年~1971年(東関東代表)および1973年~1974年の銚子商、1996年~1998年の市立船橋(1998年は西千葉代表)、2012年~2013年および2016年~2018年の木更津総合(2018年は東千葉代表)である。

第80回記念大会より、大会回数の下1桁が0の大会時(西暦の下1桁が8の年)のみ、東千葉と西千葉の2ブロックに分けて予選を行う[1]

なお、第63回出場の銚子西は、2008年に第61回出場の市立銚子に統合されている(公式記録も合算されているため、次に優勝すれば、「〇年ぶり3回目(の甲子園出場)」と表記されることになる)。

2018年7月21日より熱中症予防の対応策として、3回、6回終了時にグラウンド整備、散水を実施する[2][3]

歴史[編集]

年度 参加県
関東大会
1918年(第4回) - 1919年(第5回) 茨城・栃木・千葉
1920年(第6回) 茨城・栃木・群馬・千葉
1921年(第7回) - 1925年(第11回) 茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉
南関東大会
1926年(第12回) - 1935年(第21回) 茨城・千葉
1936年(第22回) - 1947年(第29回) 埼玉・千葉・神奈川
1948年(第30回) - 1957年(第39回) 埼玉・千葉
東関東大会
1959年(第41回) - 1972年(第54回) 茨城・千葉

1972年の第54回大会までは千葉大会の上位校が2次予選へ進出し、全国大会への出場校を決めていた[4]。なお1958年1963年1968年の予選は記念大会で1県1代表となったため、2次予選は開催されなかった。

戦前、千葉代表として南関東大会に出場し甲子園常連校となっていたのは県千葉高の前身である千葉中であった。1931年から1936年までの5年間で4回甲子園へ駒を進めたが初戦を突破できたのは2回のみで甲子園での通算成績は2勝6敗(1950年、1953年に千葉一として出場)であった。

戦後間もなく、1946年から1948年まで3年連続で南関東代表として甲子園に出場したのは成田(1947年まで旧制中学)であった。1947年、1952年には4強に進出しその後は1990年、2010年(4強)に出場を果たし「古豪」として知られる。

1950年代、千葉一や成田とともに甲子園に出場していたのが千葉商であった。戦前に2回(1939年、1940年)、50年代に2回(1954年、1956年)、60年代に2回(1964年、1968年)、1977年の計7回甲子園に出場を果たし「古豪」として知られる。

1960年代に入り、1965年に銚子商が準優勝すると1967年に習志野が千葉県として初めての全国優勝を果たす。1970年代には銚子商と習志野が交互に出場するような形[5]になり、甲子園常連校となった。1974年に銚子商が優勝、1975年には習志野が再び優勝し、千葉県が野球の強豪である県として認知されるようになった。1958年、61年、63年、65年、70年、71年、73年、74年、76年、85年、95年、2005年に出場を果たした銚子商業、1962年、67年、72年、75年、80年、87年、2001年、11年、19年に出場を果たした習志野も共に「古豪」として知られる。

1970年代後半から1980年代にかけては我孫子市銚子市銚子西東海大浦安印旛拓大紅陵成東などが相次いで甲子園への初出場を果たし、1992年に準優勝を果たした拓大紅陵、2000年に準優勝を果たした東海大浦安は千葉県大会の上位常連の強豪校となっている。

1990年代に初出場を果たしたのは市船橋志学館柏陵である。市船橋は初出場で4強、その後4回出場し1997年には8強に進出するなど強豪校になった。柏陵も初出場で4強まで進出している。

2000年代に初出場を決めるのは木更津総合千葉経大附八千代東である。木更津総合は2012年~2013年、2016年~2018年に連続出場を決めるなど2010年代に甲子園常連校となっている。千葉経大附は2004年06年、08年に出場し2004年には4強まで進出している。

2010年代に初出場を遂げるのは東海大望洋専大松戸中央学院などの私立である。これらの学校は県大会でも安定してシードをとるなど着実に強豪校となっている。

大会結果[編集]

南関東代表[編集]

年度(大会) 代表校 試合結果
1926年(第12回大会 千葉師範(初出場) 2回戦 ● 4 - 9 新潟商
1928年(第13回大会 関東中(初出場) 2回戦 ● 1 - 7 愛知商
1931年(第17回大会 千葉中(初出場) 1回戦 ● 0 - 6 秋田中
1932年(第18回大会 千葉中(2年連続2回目) 1回戦 ● 1 - 16 長野商
1934年(第20回大会 関東中(6年ぶり2回目) 2回戦 ● 7 - 8X 高松中(延長10回)
1935年(第21回大会 千葉中(3年ぶり3回目) 1回戦 ○ 16 - 9 石川工
2回戦 ● 2 - 3 大分商(延長12回)
1936年(第22回大会 千葉中(2年連続4回目) 2回戦 ○ 8 - 1 山形中
準々決勝 ● 0 - 10 平安中
1939年(第25回大会 千葉商(初出場) 2回戦 ●3 - 4X 下関商(延長11回)
1940年(第26回大会 千葉商業(2年連続2回目) 2回戦 ○ 7 - 0 仙台一中
準々決勝 ● 4 - 9 島田商
1946年(第28回大会 成田中(初出場) 1回戦 ● 0 - 1 京都二中
1947年(第29回大会 成田中(2年連続2回目) 2回戦 ○ 10 - 0 松本中
準々決勝 ○ 6 - 3 高岡商
準決勝 ● 1 - 5 小倉中
1948年(第30回大会 成田(3年連続3回目) 1回戦 ● 3 - 6 静岡一
1950年(第32回大会 千葉一(14年ぶり5回目) 2回戦 ● 3 - 14 済々黌
1952年(第34回大会 成田(4年ぶり4回目) 1回戦 ○ 2 - 0 山城
2回戦 ○ 6 - 3 水戸商
準々決勝 ○ 4 - 1 函館西(延長15回)
準決勝 ● 0 - 3 芦屋
1953年(第35回大会 千葉一(3年ぶり6回目) 2回戦 ● 2 - 11 静岡商
1954年(第36回大会 千葉商業(14年ぶり3回目) 1回戦 ○ 6 - 1 長崎商
2回戦 ● 0 - 3 泉陽
1955年(第37回大会 成田(3年ぶり5回目) 2回戦 ● 0 - 10 津久見
1956年(第38回大会 千葉商(14年ぶり3回目) 2回戦 ● 0 - 5 中京商
1958年(第40回大会 千葉代表:銚子商(初出場) 1回戦 ○ 5 - 0 甲賀
2回戦 ● 1 - 4 高知商

東関東代表[編集]

年度(大会) 代表校 試合結果
1961年(第41回大会 銚子商(3年ぶり2回目) 1回戦 ○ 2X - 1 法政一(延長12回)
2回戦 ● 1 - 2 浪商
1962年(第42回大会 習志野(初出場) 1回戦 ● 0 - 2 中京商
1963年(第45回大会 千葉代表:銚子商(2年ぶり3回目) 1回戦 ○ 12 - 1 柳川商
2回戦 ○ 4 - 3 静岡
3回戦 ○ 5X - 4 磐城
準々決勝 ● 0 - 3 今治西
1964年(第46回大会 千葉商(8年ぶり4回目) 1回戦 ● 0 - 6 松商学園
1965年(第47回大会 銚子商(2年ぶり4回目) 1回戦 ○ 2 - 1 京都商
2回戦 ○ 6 - 1 帯広三条
準々決勝 ○ 3 - 0 丸子実
準決勝 ○ 2X - 1 高鍋
決勝 ● 0 - 2 三池工
1967年(第49回大会 習志野(5年ぶり2回目) 1回戦 ○ 3 - 1 堀越
2回戦 ○ 6 - 3 仙台商
準々決勝 ○ 16 - 2 富山商
準決勝 ○ 3 - 2 中京
決勝 ◎ 7 - 1 広陵
1968年(第50回大会 千葉代表:千葉商(4年ぶり5回目) 1回戦 ○ 6 - 3 鹿児島商
2回戦 ● 0 - 8 倉敷工
1970年(第52回大会 銚子商(5年ぶり5回目) 1回戦 ○ 7 - 4 高知商
2回戦 ● 0 - 2 PL学園
1971年(第53回大会 銚子商(2年連続6回目) 1回戦 ○ 3X - 2 深谷南(延長10回)
2回戦 ○ 3X - 2 筑紫工(延長10回)
準々決勝 ● 2 - 3X 郡山
1972年(第54回大会 習志野(5年ぶり3回目) 1回戦 ● 3 - 5 東洋大姫路
1973年(第55回大会 銚子商(2年ぶり6回目) 1回戦 ○ 1X - 0 岡山東商(延長12回)
2回戦 ○ 1X - 0 作新学院
3回戦 ○ 4 - 3 高松商
準々決勝 ● 3 - 5 静岡
1974年(第56回大会 銚子商(2年連続7回目) 2回戦 ○ 5 - 1 PL学園
3回戦 ○ 5 - 0 中京商
準々決勝 ○ 6 - 0 平安
準決勝 ○ 6 - 0 前橋工
決勝 ◎ 7 - 0 防府商

千葉代表[編集]

年度(大会) 代表校 試合結果
1975年(第57回大会 習志野(3年ぶり4回目) 2回戦 ○ 8 - 5 旭川龍谷
3回戦 ○ 2 - 0 足利学園
準々決勝 ○ 16 - 0 磐城
準決勝 ○ 4 - 0 広島商
決勝 ◎ 5X - 4 新居浜商
1976年(第58回大会 銚子商(2年ぶり9回目) 2回戦 ○ 5 - 3 高松商(延長14回)
3回戦 ○ 4 - 1 東海大一
準々決勝 ●2 - 4 桜美林
1977年(第59回大会 千葉商(9年ぶり7回目) 2回戦 ● 0 - 4 東洋大姫路
1978年(第60回大会 我孫子(初出場) 1回戦 ● 2 - 3X 高知(延長10回)
1979年(第61回大会 市銚子(初出場) 1回戦 ● 3 - 7 高知
1980年(第62回大会 習志野(5年ぶり5回目) 1回戦 ○ 2X - 1 倉吉商(延長10回)
2回戦 ● 0 - 7 東北
1981年(第63回大会 市銚子西(初出場) 1回戦 ● 1 - 5 福井商
1982年(第64回大会 東海大浦安(初出場) 2回戦 ● 0 - 10 津久見
1983年(第65回大会 印旛(初出場) 1回戦 ○ 3 - 1 大田
2回戦 ● 0 - 5 岐阜第一
1984年(第66回大会 拓大紅陵(初出場) 2回戦 ● 0 - 5 鹿児島商工
1985年(第67回大会 銚子商(9年ぶり10回目) 1回戦 ● 3 - 8 宇部商
1986年(第68回大会 拓大紅陵(2年連続2回目) 2回戦 ○ 4 - 0 岩国商
3回戦 ● 0 - 1 東洋大姫路
1987年(第69回大会 習志野(7年ぶり6回目) 2回戦 ○ 3 - 2 東筑(延長10回)
2回戦 ○ 5 - 2 上田
3回戦 ○ 12 - 4 佐賀工
準々決勝 ● 1 - 4 PL学園
1988年(第70回大会 拓大紅陵(2年ぶり3回目) 2回戦 ○ 10 - 1 松山商
3回戦 ● 3 - 4 浜松商
1989年(第71回大会 成東(初出場) 1回戦 ○ 2 - 1 智辯和歌山(延長11回)
2回戦 ● 0 - 4 福岡大大濠
1990年(第72回大会 成田(35年ぶり6回目) 1回戦 ○ 6- 2 都城
2回戦 ● 2 - 3X 天理
1991年(第73回大会 我孫子(13年ぶり2回目) 1回戦 ○ 5 - 0 米子東
2回戦 ○ 6 - 3 西条農
3回戦 ● 0 - 2 市川
1992年(第74回大会 拓大紅陵(4年ぶり4回目) 2回戦 ○ 4 - 3 智辯和歌山
3回戦 ○ 2 - 0 佐世保実
準々決勝 ○ 2 - 1 池田
準決勝 ○ 5 - 4 尽誠学園
決勝 ● 0 - 1 西日本短大付
1993年(第75回大会 市船橋(初出場) 2回戦 ○ 2 - 0 三本松
3回戦 ○ 11 - 6 桐生第一
準々決勝 ○ 8 - 3 京都西
準決勝 ● 1 - 6 育英
1994年(第76回大会 志学館(初出場) 1回戦 ● 4 - 5 近江
1995年(第77回大会 銚子商(10年ぶり11回目) 1回戦 ○ 7 - 1 江の川
2回戦 ○ 3 - 0 高知商
3回戦 ● 2 - 4 旭川実
1996年(第78回大会 市船橋(3年ぶり2回目) 1回戦 ○ 3X -2 佐伯鶴城(延長11回)
2回戦 ● 3 - 5 鹿児島実
1997年(第79回大会 市船橋(2年連続3回目) 1回戦 ○ 17 - 10 文徳
2回戦 ○ 4 - 3 仙台育英
3回戦 ○ 5 - 4 甲府工
準々決勝 ●1 - 11 浦添商
1998年(第80回大会 東:八千代松陰(初出場) 1回戦 ● 2 - 6 PL学園
西:市船橋(3年連続4回目) 1回戦 ● 3 - 12 尽誠学園
1999年(第81回大会 柏陵(初出場) 2回戦 ○ 2 - 0 如水館
3回戦 ○ 3 - 1 福知山商
準々決勝 ○ 6 - 0 旭川実
準決勝 ● 2 - 7 智辯和歌山
2000年(第82回大会 東海大浦安(18年ぶり2回目) 2回戦 ○ 2 - 1 延岡学園
3回戦 ○ 6 - 2 日大豊山
3回戦 ○ 2 - 1 横浜
準々決勝 ○ 10 - 7 育英
準決勝 ● 6 - 11 智辯和歌山
2001年(第83回大会 習志野(14年ぶり7回目) 1回戦 ○ 3 - 1 尽誠学園
2回戦 ○ 2 - 1 明徳義塾
3回戦 ● 5 - 6 明豊
2002年(第84回大会 拓大紅陵(10年ぶり5回目) 1回戦 ● 0- 6 智辯和歌山
2003年(第85回大会 木更津総合(初出場) 1回戦 ○ 7 - 4 金沢
2回戦 ● 4 - 6X 福岡工大城東
2004年(第86回大会 千葉経大附(初出場) 1回戦 ○ 4 - 1 鳴門一
2回戦 ○ 1 - 0 富山商
3回戦 ○ 3 - 1 東北(延長10回)
準々決勝 ○ 4- 2 修徳
準決勝 ● 2 - 5 済美
2005年(第87回大会 銚子商(10年ぶり12回目) 1回戦 ○ 7 - 1 鳥取西
2回戦 ● 2 - 6 樟南
2006年(第88回大会 千葉経大附(2年ぶり2回目) 1回戦 ● 6 - 9八重山商工(延長10回)
2007年(第89回大会 市船橋(9年ぶり5回目) 2回戦 ● 0 - 5 文星芸大付
2008年(第90回大会 東:木更津総合(5年ぶり2回目) 1回戦 ○ 6 - 1鳥取西
2回戦 ● 2 - 5 智辯和歌山
西:千葉経大附(2年ぶり3回目) 1回戦 ○ 3 - 1 近大付
2回戦 ● 9 - 12 浦添商
2009年(第91回大会 八千代東(初出場) 1回戦 ● 2 - 3 西条
2010年(第92回大会 成田(20年ぶり7回目) 1回戦 ○ 2 - 1 智辯和歌山
2回戦 ○ 10 - 2 八戸工大一
3回戦 ○ 6 - 5 北大津
準々決勝 ○ 6 - 3 関東一
準決勝 ● 7 - 11 東海大相模
2011年(第93回大会 習志野(10年ぶり8回目) 1回戦 ○ 6 - 1 静岡
2回戦 ○ 9 - 3 明徳義塾
3回戦 ○ 2 - 1 金沢
準々決勝 ● 0 - 5 日大三
2012年(第94回大会 木更津総合(4年ぶり3回目) 1回戦 ● 2 - 8 大阪桐蔭
2013年(第95回大会 木更津総合(2年連続4回目) 1回戦 ○ 7 - 5 上田西
2回戦 ○ 3 - 1 西脇工
3回戦 ● 0 - 8 富山第一
2014年(第96回大会 東海大望洋(初出場) 2回戦 ● 3 - 5 城北
2015年(第97回大会 専大松戸(初出場) 1回戦 ● 2 - 4 花巻東
2016年(第98回大会 木更津総合(3年ぶり5回目) 2回戦 ○ 2 - 0 唐津商
3回戦 ○ 2 - 0 広島新庄
準々決勝 ● 1 - 3 作新学院
2017年(第99回大会 木更津総合(2年連続6回目) 1回戦 ● 5 - 6 日本航空石川
2018年(第100回大会 東:木更津総合(3年連続7回目) 1回戦 ○ 10- 1  敦賀気比
2回戦 ○ 7 - 0 興南
3回戦 ● 1 - 4 下関国際
西:中央学院(初出場) 1回戦 ● 4 - 5 済美
2019年(第101回大会 習志野(8年ぶり9回目) 1回戦 ○ 5 - 4 沖縄尚学(延長10回)
2回戦 ● 5 - 9 鶴岡東

通算成績[編集]

勝利 敗戦 引分 勝率 優勝 準優勝 4強
97 76 0 .561 3 3 6

高校別全国大会出場回数[編集]

回数 出場校名 出場年度
12回 銚子商 1958,1961,1963,1965,1970,1971,1973,1974,1976,1985,1995,2005
09回 習志野 1962,1967,1972,1975,1980,1987,2001,2011,2019
07回 成田 1946(成田中),1947(成田中),1948,1952,1955,1990,2010
07回 千葉商 1939,1940,1954,1956,1964,1968,1977
07回 木更津総合 2003,2008,2012,2013,2016,2017,2018
06回 千葉 1931(千葉中),1932(千葉中),1935(千葉中),1936(千葉中),1950(千葉一),1953(千葉一)
05回 拓大紅陵 1984,1986,1988,1992,2002
05回 市船橋 1993,1996,1997,1998,2007
03回 千葉経大附 2004,2006,2008
02回 千葉敬愛 1928(関東中),1932(関東中)
02回 市銚子 1979,1981(市銚子西)
02回 我孫子 1978,1991
02回 東海大浦安 1982,2000
01回 千葉師範 1926
01回 印旛明誠 1983
01回 成東 1989
01回 志学館 1994
01回 八千代松陰 1998
01回 柏陵 1999
01回 八千代東 2009
01回 東海大市原望洋 2014
01回 専大松戸 2015
01回 中央学院 2018


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この年は、他に埼玉、神奈川、愛知、大阪、兵庫が2代表制となる。
  2. ^ 東西千葉大会で猛暑対策、散水や給水タイムを実施 2018年7月21日 日刊スポーツ
  3. ^ 同様の措置は埼玉県大会でも行われている。
  4. ^ ただし、1929年第15回大会までは各県の参加校数が少なかったため県予選は実施されず、全参加校は直接南関東大会へ出場していた。
  5. ^ 1970年、1971年および1973年、1974年は2年連続で銚子商

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『第101回全国高校野球選手権 千葉大会展望号』(2019年、ベースボールマガジン社)

外部リンク[編集]