第70回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 第70回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1988年8月8日 - 8月22日
出場校 49校
参加校数 3,958校
優勝校 広島商広島、15年ぶり6回目)
試合数 48試合
選手宣誓 十河正人(愛媛松山商
始球式 徳仁親王
総入場者数 約812,000人(1試合平均16,916人)
最高入場者数/1日 77,000人
大会本塁打 36本塁打
 < 19871989 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第70回全国高等学校野球選手権大会(記念大会)(だい70かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、1988年8月8日から8月22日(雨で1日順延)まで阪神甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

概要[編集]

開会式では徳仁親王(現・皇太子)が挨拶し、また始球式にも徳仁親王がボールを投げた(打者は常総学院1番打者の仁志敏久)。

この大会から石川代表校が東ブロックから西ブロックに編入された。これによって初戦の組み合わせ抽選で唯一対戦相手が確定しない代表校(いわゆる49番目の代表校)は、西ブロックの代表校のいずれかとなった。

出場校[編集]

地区 地方大会 代表校 出場回数
北海道 北北海道 滝川西 初出場
南北海道 札幌開成 初出場
東北 青森 弘前工 8年ぶり2回目
岩手 高田 初出場
宮城 東陵 初出場
秋田 本荘 21年ぶり2回目
山形 日大山形 4年ぶり8回目
福島 学法石川 2年ぶり5回目
関東 茨城 常総学院 2年連続2回目
栃木 宇都宮学園 7年ぶり5回目
群馬 高崎商 4年ぶり9回目
埼玉 浦和市立 初出場
千葉 拓大紅陵 2年ぶり3回目
東東京 日大一 4年ぶり8回目
西東京 堀越 13年ぶり3回目
神奈川 法政二 6年ぶり9回目
山梨 東海大甲府 5年連続7回目
北信越 新潟 中越 2年ぶり5回目
富山 富山商 15年ぶり6回目
石川 金沢 2年連続5回目
福井 福井商 3年連続9回目
長野 上田東 初出場
東海 岐阜 大垣商 25年ぶり2回目
静岡 浜松商 4年ぶり7回目
愛知 愛工大名電 7年ぶり3回目
三重 伊勢工 初出場
地区 地方大会 代表校 出場回数
近畿 滋賀 八幡商 初出場
京都 京都西 4年ぶり2回目
大阪 近大付 初出場
兵庫 滝川二 初出場
奈良 天理 3年連続14回目
和歌山 高野山 初出場
中国 鳥取 米子商 初出場
島根 江の川 2年連続3回目
岡山 倉敷商 9年ぶり3回目
広島 広島商 2年連続21回目
山口 宇部商 3年ぶり6回目
四国 香川 坂出商 6年ぶり5回目
徳島 池田 3年連続7回目
愛媛 松山商 2年ぶり22回目
高知 高知商 2年ぶり17回目
九州 福岡 福岡第一 14年ぶり2回目
佐賀 佐賀商 3年ぶり9回目
長崎 小浜 初出場
熊本 熊本工 2年ぶり10回目
大分 津久見 3年ぶり12回目
宮崎 宮崎南 初出場
鹿児島 鹿児島商 2年ぶり12回目
沖縄 沖縄水産 5年連続5回目

組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 3回戦[編集]

1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月8日(1)
 小浜 1
8月17日(1)
 常総学院 19
 常総学院 2
8月12日(1)
 浦和市立 6
 佐賀商 2
8月19日(3):延長10回
 浦和市立 5
 浦和市立 2
8月8日(2)
 宇都宮学園 1
 近大付 1
8月17日(3)
 宇都宮学園 2
 宇都宮学園 7
8月12日(3)  
 倉敷商 5
 中越 0     
 倉敷商 4     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月8日(3)
 学法石川 0
8月15日(3)
 鹿児島商 9
 鹿児島商 0
 米子商 4
 
8月18日(4)
 
 米子商 2
8月9日(1)
 福岡第一 3x
 法政二 4
8月17日(4):延長13回
 福岡第一 7
 福岡第一 4
8月11日(1)  
 福井商 3
 東陵 2     
 福井商 3     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
 
8月14日(4)
 
 江の川 9
 伊勢工 3
 
8月18日(2)
 
 江の川 6
8月9日(2)
 天理 3
 堀越 4
8月16日(1)
 高野山 1
 堀越 1
8月9日(3)  
 天理 8
 天理 10     
 滝川西 1     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
 
8月14日(2)
 
 津久見 4
 札幌開成 1
 
8月19日(2)
 
 津久見 1
8月9日(4)
 大垣商 0
 京都西 7
8月16日(3)
 高崎商 4
 京都西 1
8月11日(2)  
 大垣商 2
 大垣商 3     
 坂出商 0     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
 
8月12日(4)
 
 愛工大名電 3
 高知商 2
 
8月19日(4)
 
 愛工大名電 1
8月10日(1)
 沖縄水産 4
 沖縄水産 4
8月15日(4)
 富山商 2
 沖縄水産 5
8月10日(2)  
 宮崎南 1
 宮崎南 8     
 弘前工 4     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月10日(3):[1]
 滝川二 9
8月17日(2)
 高田 3
 滝川二 3
8月11日(3)
 東海大甲府 5
 東海大甲府 4x
8月19日(1)
 金沢 3
 東海大甲府 2
8月11日(4)
 宇部商 4
 宇部商 8
8月16日(2)
 日大山形 0
 宇部商 6
8月12日(2)  
 八幡商 4
 八幡商 6     
 本荘 0     
- 2回戦 3回戦
                   
 
8月14日(1)
 
 熊本工 4
 日大一 5
 
8月18日(1)
 
 日大一 1
 広島商 12
 
8月15日(1):延長10回
 
 広島商 4x
 
 上田東 3
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
8月14日(3):延長14回
 
 池田 2
 浜松商 3x
 
8月18日(3)
 
 浜松商 4
 拓大紅陵 3
 
8月15日(2)
 
 松山商 1
 
 拓大紅陵 10
      
      

準々決勝 - 決勝[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
8月20日(1):延長10回        
 沖縄水産 2x
8月21日(1)
 浜松商 1  
 沖縄水産 1
8月20日(2)
   福岡第一 5  
 江の川 3
8月22日(1)
 福岡第一 9  
 福岡第一 0
8月20日(3):延長11回
   広島商 1
 宇部商 3
8月21日(2)
 浦和市立 7  
 浦和市立 2
8月20日(4)
   広島商 4  
 広島商 5
 津久見 0  

決勝戦スコア[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
広島商 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 6 0
福岡第一 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
  1. (広) : 上野 - 尾崎
  2. (福) : 前田 - 土屋、木原
  3. 審判:球審…布施、塁審…木嶋・清水幹・片岡
  4. 試合時間:1時間47分

大会本塁打[編集]

  • 第1号:須田努(常総学院)
  • 第2号:小泉勤(常総学院)
  • 第3号:須田努(常総学院)
  • 第4号:高嶋徹(宇都宮学園)
  • 第5号:山之内健一(福岡第一)
  • 第6号:清水勝典(福岡第一)
  • 第7号:山之内健一(福岡第一)
  • 第8号:阪本邦博(高野山)
  • 第9号:伊礼忠彦(沖縄水産)
  • 第10号:山本貴司(滝川二)
  • 第11号:平岡祐篤(東陵)
  • 第12号:北村賢吾(福井商)
  • 第13号:太田弘一(東海大甲府)
  • 第14号:力丸隆之(宇部商)
  • 第15号:岡幸俊(高知商)
  • 第16号:後尾知男(日大一)
  • 第17号:古閑憲生(津久見)
  • 第18号:佐藤裕幸(津久見)
  • 第19号:奥村満(伊勢工)
  • 第20号:辻正人(江の川)
  • 第21号:徳永聡(拓大紅陵)
  • 第22号:森井徳次(天理)
  • 第23号:川手雅博(天理)
  • 第24号:田中孝明(八幡商)
  • 第25号:寺岡正幸(宇部商)
  • 第26号:城市幸弘(宇部商)
  • 第27号:今西正志(大垣商)
  • 第28号:都築孝志(東海大甲府)
  • 第29号:竹内嘉彦(宇都宮学園)
  • 第30号:湯浅高臣(日大一)
  • 第31号:重広和司(広島商)
  • 第32号:糟谷佳充(拓大紅陵)
  • 第33号:山口幸勇(東海大甲府)
  • 第34号:宮内洋(宇部商)
  • 第35号:伊礼忠彦(沖縄水産)
  • 第36号:城市幸弘(宇部商)

主な出場選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 8回裏2死・降雨コールドゲームが宣告。尚試合終了直後、勝利校・滝川二の校歌斉唱は省略された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]