第47回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第47回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1965年8月13日 - 8月22日
出場校 30校
参加校数 2,363校
優勝校 三池工福岡、初優勝)
試合数 29試合
選手宣誓 北角富士雄愛知東邦
始球式 中村梅吉文部大臣
大会本塁打 5本
 < 19641966 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第47回全国高等学校野球選手権大会は、1965年8月13日から8月22日まで阪神甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

概要[編集]

この大会より走者ヘルメットの着用が義務化される。

代表校[編集]

試合結果[編集]

1回戦[編集]

試合日 試合順 勝利 スコア 敗戦 備考
8月13日 第1試合 津久見 7 - 4 海星
第2試合 武相 5 - 3 鹿児島玉龍
(第3試合) 岡山東商業 3 - 1 日大二 5回1死・降雨ノーゲーム
8月14日 第1試合 日大二 6 - 2 岡山東商業
第2試合 東邦 13 - 1 氷海
第3試合 銚子商 2 - 1 京都商
第4試合 佐賀商 8 - 3 北海
8月15日 第1試合 帯広三条 3 - 2 八戸
第2試合 三池工 2x - 1 高松商 延長13回
第3試合 秋田 4x - 3 大鉄
第4試合 報徳学園 1 - 0 広陵
8月16日 第1試合 東海大一 4 - 2 鹿沼農商
第2試合 徳島商 9 - 0 武生
第3試合 丸子実 3 - 1 米子南
8月17日 第1試合 熊谷商工 5 - 1 小野田工

2回戦[編集]

試合日 試合順 勝利 スコア 敗戦
8月17日 第2試合 高鍋 6 - 0 保原
第3試合 東邦 4 - 0 武相
8月18日 第1試合 秋田 5 - 3 日大二
第2試合 三池工 11 - 1 東海大一
第3試合 報徳学園 2 - 0 熊谷商工
8月19日 第1試合 銚子商 6 - 1 帯広三条
第2試合 津久見 5 - 0 徳島商
第3試合 丸子実 11 - 3 佐賀商

準々決勝[編集]

試合日 試合順 勝利 スコア 敗戦 備考
8月20日 第1試合 秋田 13 - 1 津久見
第2試合 三池工 3x - 2 報徳学園 延長10回
第3試合 銚子商 3 - 0 丸子実
第4試合 高鍋 6 - 0 東邦

準決勝[編集]

試合日 試合順 勝利 スコア 敗戦
8月17日 第1試合 銚子商 2x - 1 高鍋
第2試合 三池工業 4 - 3 秋田

決勝[編集]

8月22日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
銚子商 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
三池工 0 0 0 0 0 0 2 0 X 2 6 2
  1. (銚):木樽 - 加瀬
  2. (三):上田 - 穴見
  3. 審判:球審…米谷、塁審…郷司・小西正・多湖
  4. 試合時間:2時間8分
銚子商
打順守備選手
1[中]高野三郎(3年)
2[三]伊豆弘(3年)
3[遊]阿天坊俊明(3年)
4[投]木樽正明(3年)
5[一]田中真吾(2年)
6[左]土屋清市(1年)
7[右]和城聡(3年)
8[捕]加瀬輝夫(3年)
9[二]松田恒男(3年)
三池工
打順守備選手
1[三]木村憲幸(3年)
2[二]瀬口健(3年)
3[中]苑田邦夫(3年)
4[右]下川一人(3年)
5[一]林田俊雄(2年)
6[遊]池田和浩(3年)
7[左]瀬川辰雄(3年)
8[捕]穴見寛(3年)
9[投]上田卓三(2年)

大会本塁打[編集]

1回戦
  • 第1号:京田憲治(鹿児島玉龍)
  • 第2号:伊佐地貞敏(鹿児島玉龍)
  • 第3号:古賀行義(佐賀商)
  • 第4号:成田憲明(秋田)
準々決勝
  • 第5号:都原和徳(高鍋)

その他の主な出場選手[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]