岩崎忠義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩崎 忠義
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県津久見市
生年月日 (1948-09-12) 1948年9月12日(70歳)
身長
体重
178 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1966年 第2次ドラフト2位
初出場 1967年6月13日
最終出場 1981年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岩崎 忠義(いわさき ただよし、1948年9月12日 - )は、大分県[1]出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

大分・津久見高では、同期のエース・三浦保雄を擁し、三塁手として1965年1966年の夏の甲子園、国民体育大会に連続出場。1965年の夏の選手権は準々決勝に進むが、秋田高に大敗[2]。同年秋の岐阜国体は準決勝で、岐阜短大付高淵上澄雄に抑えられ敗退。

翌1966年の夏の選手権は、1回戦で荒武康博がいた報徳学園に敗退[2]。同年秋の大分剛健国体では決勝に進むが、松山商西本明和に完封を喫し準優勝にとどまる。1年下のチームメートに、控え投手吉良修一がいた。

同年の第2次ドラフト2位で、東京オリオンズへ入団[1]。外野手に転向し右の強打者として大きく期待される。二軍暮らしが長かったが徐々に力をつけ活躍。中日ドラゴンズとの1974年日本シリーズでは第4戦から一番打者、右翼手に抜擢され、16打数6安打2打点を記録、日本一に貢献する。1976年には主に二番打者、右翼手として68試合に先発出場を果たす。しかし翌年以降はレロン・リー白仁天の入団もあって出場機会が減り、1980年には自由契約となり日本ハムに移籍[1]。ここでもあまり出番がなく、1981年限りで現役引退[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1967 東京
ロッテ
9 7 7 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .143 .143 .143 .286
1968 11 4 4 2 2 0 0 1 5 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .500 .500 1.250 1.750
1969 54 20 17 3 3 0 0 0 3 1 0 1 1 1 1 0 0 2 1 .176 .211 .176 .387
1970 62 46 42 7 13 2 0 1 18 4 3 2 1 0 3 0 0 7 1 .310 .356 .429 .784
1971 67 35 34 6 9 3 0 0 12 5 1 1 1 0 0 0 0 5 0 .265 .265 .353 .618
1972 57 57 53 10 15 1 0 0 16 7 0 2 0 0 4 0 0 5 1 .283 .333 .302 .635
1973 83 111 105 13 31 7 0 1 41 12 8 4 4 0 2 0 0 6 6 .295 .308 .390 .699
1974 85 172 150 15 41 6 2 0 51 6 3 3 6 1 14 0 1 11 5 .273 .337 .340 .677
1975 109 274 244 24 61 7 0 4 80 24 8 3 8 1 19 0 2 27 4 .250 .308 .328 .636
1976 116 331 294 31 74 11 0 4 97 19 5 4 9 1 26 0 0 36 11 .252 .312 .330 .641
1977 95 169 159 17 34 4 1 2 46 8 0 1 8 0 2 1 0 28 4 .214 .224 .289 .513
1978 104 177 161 12 31 2 0 1 36 13 3 3 7 0 9 0 0 26 3 .193 .235 .224 .459
1979 44 34 30 6 4 0 0 1 7 2 0 1 1 0 3 0 0 3 1 .133 .212 .233 .445
1981 日本ハム 20 25 23 3 5 1 1 0 8 2 0 0 0 1 1 0 0 6 2 .217 .240 .348 .588
通算:14年 916 1462 1323 150 324 44 4 15 421 104 31 25 46 5 84 1 3 165 39 .245 .290 .318 .609
  • 東京(東京オリオンズ)は、1969年にロッテ(ロッテオリオンズ)に球団名を変更

記録[編集]

背番号[編集]

  • 32 (1967年 - 1971年)
  • 4 (1972年)
  • 35 (1973年 - 1974年)
  • 7 (1975年 - 同年途中)
  • 15 (1975年途中 - 1980年)
  • 49 (1981年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、69ページ
  2. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年