淵上澄雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
淵上 澄雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県高山市国府町
生年月日 (1948-01-08) 1948年1月8日(70歳)
身長
体重
180 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1965年 ドラフト3位
初出場 1967年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

淵上 澄雄(ふちがみ すみお、1948年1月8日 - )は、岐阜県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

岐阜短大付属岐阜高校では、エースとして1965年春の選抜に出場するが、1回戦で東農大二高の小林邦彦(東農大三高監督)に完封負けを喫する[1]。同年夏の甲子園県予選を勝ち抜き、三岐大会でも決勝に進出するが、海星高に敗退し甲子園出場を逸する。同年の岐阜国体に出場、決勝に進むが銚子商木樽正明に抑えられ、準優勝にとどまる。

1965年ドラフト会議大洋ホエールズから3位指名を受け入団。1968年7月7日には中日ドラゴンズを相手に先発、8回を5安打1失点と好投しプロ初勝利。同年はローテーションの谷間ではあるが、7先発を含む25試合に登板し3勝を記録した。またイースタンリーグでは12試合登板、防御率0.13という驚異的な成績をマークしている。

その後は出番に恵まれず、1970年オフに池田重喜と共に、飯塚佳寛平岡一郎との交換トレードでロッテオリオンズに移籍。ここでも一軍での登板機会はなく、1971年限りで引退した。

右の本格派で外角低めの速球に威力があり、この球でカウントを有利にした後、切れの鋭いシュートで勝負した。また大きなカーブやシンカー、ナックルも武器であった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1967 大洋 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 11 2.1 5 1 0 0 0 2 0 0 2 2 9.00 2.14
1968 25 7 0 0 0 3 3 -- -- .500 245 56.2 62 5 23 1 1 35 1 0 32 25 3.95 1.50
1969 6 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 42 9.2 11 2 6 0 0 3 0 0 4 4 3.60 1.76
通算:3年 33 7 0 0 0 3 4 -- -- .429 298 68.2 78 8 29 1 1 40 1 0 38 31 4.04 1.56

背番号[編集]

  • 12 (1966年)
  • 49 (1967年 - 1968年)
  • 28 (1969年 - 1971年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]