得津高宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
得津 高宏
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県和歌山市
生年月日 (1947-04-12) 1947年4月12日(70歳)
身長
体重
174 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1966年 第1次ドラフト6位
初出場 1967年4月13日
最終出場 1982年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ロッテオリオンズ
    千葉ロッテマリーンズ (1987 - 1993, 1996)

得津 高宏(とくつ たかひろ、1947年4月12日 - )は、和歌山県和歌山市出身の元プロ野球選手外野手)・コーチ解説者評論家

経歴[編集]

PL学園高校では3年時の1965年、2年生エースの加藤英治を擁して1965年春の甲子園に出場。自身は左翼手として同期の福嶋久晃長井繁夫とクリーンナップを組むが、準々決勝で高松商小坂敏彦に抑えられ敗退[1]。同年夏は府予選準決勝で福本豊のいた大鉄高に敗れた。

1965年第1回ドラフト近鉄バファローズから8位指名を受けるも拒否し、卒業後はクラレ岡山へ入社。1966年ドラフト6位で東京オリオンズに入団。1969年以降は外野手がジョージ・アルトマン池辺巌アルト・ロペスの3人で固定され、得津も準レギュラーが長かった。そんな状況から徐々に力をつけ始め、1974年には右翼手の定位置を確保。わずかに規定打席には届かなかったが、打率.309を記録してチーム4度目のリーグ優勝と2度目の日本一に貢献。同年の中日ドラゴンズとの日本シリーズでは5試合に三番打者、左翼手として先発出場。第2戦では8回に逆転適時打を放つ。1975年も打率.301でベストテン6位に入り、1976年4月17日太平洋戦(宮城)ではサイクル安打を達成。サイクル安打達成試合で三塁打を2本放ったのは得津が史上初[2]1977年にはオールスターゲームにも出場。1978年7月7日から9月30日にかけて176打席連続無三振の記録を残す(2016年現在NPB歴代5位)。1979年までレギュラーとして活躍するが、その後は出場機会が減り、1982年限りで現役を引退。1979年に入団した落合博満は、得津の左バッター特有のうまいボールの捕らえ方をバッティングの参考にした[3]

引退後もロッテに残り、スカウト(1983年 - 1986年, 1994年 - 1995年)・二軍打撃コーチ(1987年 - 1990年, 1993年)・一軍打撃コーチ(1991年 - 1992年)・二軍打撃コーチ補佐(1996年)を歴任。退団後はJ SPORTSフジテレビ739、CSプロ野球ニュースで野球解説を担当、プロ野球マスターズリーグの東京ドリームスにも参加した。

2008年度からニッポン放送(裏送り中継のみの出演。契約上は2012年まであったが事実上出演は2011年まで。)、2009年度からワールド・ハイビジョン・チャンネル(BS12 TwellV)の野球解説者に就任した。なお、ニッポン放送解説者時代はショウアップナイターの公式サイトには解説者として名前は記載されていなかったが、2012年より開設されたNRNの公式サイトではニッポン放送の解説者として正式に紹介されていた。また東京スポーツ専属評論家も務めている[4]2015年NHK千葉放送局FM県域放送での中継・関連番組への出演を予定している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1967 東京
ロッテ
62 140 131 15 37 2 2 1 46 9 0 1 0 0 8 0 1 24 0 .282 .329 .351 .680
1968 65 137 121 7 35 9 1 1 49 19 3 1 0 4 10 0 2 18 1 .289 .343 .405 .748
1969 79 86 81 7 22 3 1 2 33 13 0 0 0 1 4 1 0 4 3 .272 .302 .407 .710
1970 53 51 47 5 11 2 1 0 15 3 0 0 0 0 3 0 1 6 3 .234 .294 .314 .608
1971 55 60 55 5 14 3 0 3 26 12 1 1 0 0 3 1 2 6 0 .255 .317 .473 .789
1972 91 241 219 26 61 11 1 4 86 22 2 1 1 1 20 2 0 22 5 .279 .338 .393 .730
1973 106 229 213 11 57 6 1 4 77 33 1 9 3 2 11 2 0 14 4 .268 .301 .362 .662
1974 118 386 362 37 112 18 5 5 155 37 5 4 1 1 20 0 2 14 6 .309 .348 .428 .776
1975 120 456 425 32 128 17 2 4 161 57 3 5 0 3 27 2 1 20 3 .301 .342 .379 .721
1976 111 382 355 33 100 17 5 4 139 42 1 8 1 5 16 1 5 23 9 .282 .318 .392 .709
1977 112 380 348 32 106 20 2 2 136 44 4 2 6 6 19 2 1 15 11 .305 .337 .391 .728
1978 114 420 391 51 112 18 1 6 150 28 2 2 10 1 14 2 4 7 12 .286 .317 .384 .701
1979 103 295 269 30 83 11 2 3 107 27 2 1 0 3 21 2 2 6 5 .309 .359 .398 .757
1980 65 109 101 7 25 8 1 2 41 13 0 0 0 1 7 1 0 3 3 .248 .294 .406 .700
1981 7 10 10 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .200 .200 .200 .400
1982 44 100 94 2 22 2 0 0 24 9 0 0 0 0 6 2 0 6 3 .234 .280 .255 .535
通算:16年 1305 3482 3222 301 927 147 25 41 1247 368 24 35 22 28 189 18 21 188 68 .288 .329 .387 .716
  • 東京(東京オリオンズ)は、1969年にロッテ(ロッテオリオンズ)に球団名を変更

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 45 (1967年 - 1971年)
  • 25 (1972年 - 1982年)
  • 73 (1987年 - 1991年、1993年)
  • 81 (1992年)
  • 93 (1996年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 宇佐美徹也「日本プロ野球記録大鑑」講談社 519-521ページ
  3. ^ 落合博満『なんと言われようとオレ流さ』、講談社、1986年4月、ISBN 4062026295
  4. ^ 最下位西武に本紙評論家・得津氏がゲキ“鬼の伊原復活せよ” 東京スポーツ 2014年5月16日付

関連項目[編集]