荒武康博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荒武 康博
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 (1948-09-14) 1948年9月14日(69歳)
身長
体重
185 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手
プロ入り 1966年 第2次ドラフト1位
初出場 1967年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

荒武 康博(あらたけ やすひろ、1948年9月14日 - )は、兵庫県[1]出身の元プロ野球選手。ポジションは捕手一塁手

来歴・人物[編集]

報徳学園高校では2年生の時、捕手兼一塁手、五番打者として1965年夏の甲子園に出場。エース谷村智博を擁し準々決勝に進出するが、優勝した三池工に延長10回2-3xでサヨナラ負けした。翌年は捕手、四番打者として夏の甲子園に連続出場[1]。前田正広(中大新日鐵広畑)の好投もあり準決勝まで勝ち進むが、中京商加藤英夫投手に抑えられ1-2で惜敗。中京商は甲子園で春夏連覇。この大会では史上8人目となる満塁本塁打を打っている[1]

立大進学を希望していたが、1966年第2次ドラフト会議西鉄ライオンズから1位指名を受け入団。入団後は一塁手に転向[1]。大型内野手として期待され、1967年にはジュニアオールスターにも出場した。1968年1970年には一塁手としてそれぞれ6試合に先発出場を果たす。しかし打撃面で結果を残せず、1971年限りで引退した。

引退後は32歳でプロゴルファーとなり、1985年に株式会社プロジェクトエーを設立、現在はゴルフのコーチとして活動している[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1967 西鉄 3 3 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1968 28 40 31 2 6 2 0 1 11 3 0 0 0 0 8 0 1 9 0 .194 .375 .355 .730
1969 5 6 6 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .167 .167 .333 .500
1970 20 28 26 0 2 2 0 0 4 3 0 0 0 0 2 0 0 6 0 .077 .143 .154 .297
1971 30 19 19 2 3 1 0 0 4 0 1 0 0 0 0 0 0 3 0 .158 .158 .211 .396
通算:5年 86 96 85 5 12 6 0 1 21 6 1 0 0 0 10 0 1 20 0 .141 .240 .247 .487

背番号[編集]

  • 80 (1967年)
  • 9 (1968年 - 1971年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、22ページ

関連項目[編集]