川藤龍之輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川藤 龍之輔
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福井県三方郡美浜町
生年月日 (1947-08-17) 1947年8月17日(71歳)
身長
体重
181 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1965年 ドラフト9位
初出場 1967年
最終出場 1973年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

川藤 龍之輔(かわとう りゅうのすけ、1947年8月17日 - )は、福井県三方郡美浜町出身の元プロ野球選手投手)。

元プロ野球選手の川藤幸三は実弟。

来歴・人物[編集]

若狭高校では1年生の時、控え投手として1963年夏の甲子園に出場するが、1回戦で横浜高に敗退し登板機会はなかった。翌1964年夏はエースとして北陸大会準決勝に進出するが、小松実業に敗退。同年秋季北信越大会では準決勝に進むが、塚原天竜高に敗れ春の選抜出場を逸する。1965年夏は、県予選準決勝で武生高に敗れ、甲子園には出場できなかった[1]。同年のドラフト9位で東京オリオンズに入団。

貴重な大型左腕と期待され、プロ2年目の1967年に一軍初登板を果たす。翌1968年7月21日には近鉄を相手に初先発、鈴木啓示と投げ合い2安打完封勝利を飾る。その後は先発陣に組み入れられ、同年は3勝を挙げた。

しかし翌年以降は伸び悩み、1970年千田啓介との交換トレードで、読売ジャイアンツに移籍。同年6月11日には阪神を相手に先発し、江夏豊に投げ勝ちセ・リーグ初勝利。しかしその後は活躍の機会がなく、1973年に自由契約となり、太平洋クラブライオンズに移籍。ここでも好成績を挙げることはできず、同年限りで現役引退。

現在は福井市に在住し、社会人野球クラブチーム福井ミリオンドリームズで監督を務めたのち、2018年より部長に就任。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]






















































W
H
I
P
1967 東京
ロッテ
2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 8 2.0 2 1 1 0 0 1 0 0 1 1 4.50 1.50
1968 28 9 2 1 1 3 4 -- -- .429 367 86.0 79 5 29 8 0 27 4 0 34 23 2.41 1.26
1969 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 11 1.2 3 1 2 0 1 0 0 0 4 4 21.60 3.00
1970 巨人 6 2 0 0 0 1 1 -- -- .500 42 10.0 12 1 1 0 0 3 1 0 6 6 5.40 1.30
1973 太平洋 9 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 51 10.2 15 1 3 0 0 3 0 0 10 10 8.44 1.69
通算:5年 49 12 2 1 1 4 5 -- -- .444 479 110.1 111 9 36 8 1 34 5 0 55 44 3.59 1.33
  • 東京(東京オリオンズ)は、1969年にロッテ(ロッテオリオンズ)に球団名を変更
  • 1971年と1972年は一軍出場なし

背番号[編集]

  • 33 (1966年 - 1969年)
  • 45 (1970年 - 1972年)
  • 49 (1973年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]