高橋二三男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 二三男
カナフレックス硬式野球部 コーチ #41
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府八尾市
生年月日 (1948-05-15) 1948年5月15日(73歳)
身長
体重
164 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1970年 ドラフト1位
初出場 1971年4月10日
最終出場 1978年8月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

高橋 二三男(たかはし ふみお、1948年5月15日 - )は、大阪府八尾市出身の元プロ野球選手外野手)、野球指導者。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

大鉄高校の2年生だった1965年には外野手として、1年先輩の福本豊とともに夏の甲子園へ出場。1回戦で秋田高に延長13回裏、サヨナラ負けを喫した[1]。卒業後は、社会人野球鐘紡を経て新日鐵広畑に入社。1969年都市対抗左翼手、一番打者として出場[2]。翌1970年鐘淵化学の補強選手として都市対抗に連続出場。エース谷村智博の好投もあって準々決勝に進むが、サッポロビールに敗退[2]。同大会の優秀選手賞を獲得。同年の社会人ベストナインに選出されると、同年のドラフト会議西鉄ライオンズからの1位指名を受けて入団に至った。

プロ入り後[編集]

1971年には、新人ながら開幕直後に右翼手の定位置を獲得。規定打席には届かなかったが、主に一番打者として85試合に先発出場、22盗塁を記録した。チームが西鉄として最終年となる1972年も、阿部良男と併用され出場機会は減少するものの41試合に先発した。

1973年には、西鉄の後継球団である太平洋クラブ・ライオンズからの野球留学生として、アメリカマイナーリーグ・1Aローダイ・ライオンズでプレー。1974年に復帰すると、主に二番打者として113試合に出場、うち60試合に先発した。しかし土井正博白仁天などの大物選手が移籍入団した1975年には、オープン戦の時点で選手兼任の一軍監督・江藤慎一による戦力構想から外れる。8月下旬から一軍に復帰した[3]ものの、公式戦では6安打にとどまり、シーズン終了後には自由契約選手として公示された。

1976年ロッテオリオンズへ移籍。移籍後は守備要員として起用されることが多く、西鉄時代を上回る成績を残せなかった。二軍生活に終始した1979年限りで、現役を引退。

現役引退後[編集]

西鉄・太平洋の本拠地であった福岡市中州で、「スナックたかはし」を経営。パイプ、ホース、建材などの製造・販売を手掛けるカナフレックスコーポレーションが滋賀工場(滋賀県東近江市)で硬式野球部を創設した2013年からは、スナックの経営を続けながら、野球部の顧問を務めた。2014年11月には、旧知の間柄である河埜敬幸を第2代監督へ招聘するとともに、自身もコーチとして現場へ復帰[4]2015年には、チームを初めての全国大会(第41回社会人野球日本選手権大会)出場に導いた[5]

プレースタイル・人物[編集]

大鉄高校時代の福本と同じく、日本人選手としては小柄な体格ながら、左投左打の外野手としてたびたび俊足を披露。また、左打席からの流し打ちを得意にしていた。

太平洋時代には、NPBの現役選手で身長が最も低かった[3]。身長200cmのフランク・ハワードが入団した1974年には、ハワードが前年まで現役のメジャーリーガーだったことに対する注目の高さを背景に、島原春季キャンプで報道陣からのリクエストに応じてハワードとのツーショット撮影に駆り出されることが多かった[6]。ローダイ時代には、コマネズミのように俊敏な動きを披露したことから、ミッキーマウスにちなんで「ミッキー」という愛称が付けられた。

2021年からカナフレックス硬式野球部で投手コーチを務める福間納(ロッテ→阪神タイガースの元・投手)は、ロッテへの入団前(松下電器産業への在籍中)に高橋の妻の実妹と結婚したことから、高橋の義弟に当たる。ちなみに、福間は1979年にロッテへ入団したことから、ロッテでも義兄の高橋と1年だけ同僚になっている。また、高橋はカナフレックスコーポレーション代表取締役社長の金尾茂樹とかねてから親しいことから、硬式野球部の創設に際しては福間と共にアドバイスを送っていた[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1971 西鉄
太平洋
118 386 365 36 91 7 4 1 109 8 22 9 5 1 13 0 2 29 3 .249 .278 .299 .577
1972 102 225 212 26 54 10 2 1 71 12 7 3 2 0 10 0 1 18 2 .255 .291 .335 .626
1974 113 297 261 29 59 7 1 4 80 18 12 7 21 2 13 0 0 23 1 .226 .259 .307 .566
1975 29 33 31 4 6 1 0 0 7 1 1 0 2 0 0 0 0 5 0 .194 .194 .226 .420
1976 ロッテ 54 84 80 12 19 2 1 1 26 4 1 1 1 2 1 0 0 12 0 .238 .241 .325 .566
1977 60 79 72 9 19 4 0 0 23 8 2 2 3 0 4 0 0 6 0 .264 .303 .319 .622
1978 15 38 30 3 7 1 0 0 8 0 0 0 6 0 2 0 0 2 0 .233 .281 .267 .548
通算:7年 491 1142 1051 119 255 32 8 7 324 51 45 22 40 5 43 0 3 95 6 .243 .273 .308 .581
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 西鉄(西鉄ライオンズ)は、1973年に太平洋(太平洋クラブライオンズ)に球団名を変更

記録[編集]

背番号[編集]

  • 1 (1971年 - 1972年)
  • 14 (1974年 - 1975年)
  • 33 (1976年 - 1979年)
  • 41 (2015年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」 朝日新聞社編 1989年
  2. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ a b 1975年時点での身長は164cmだった(『週刊ベースボール』同年8月25日号記事「帰ってきた球界一のチビッ子」)
  4. ^ 元南海名手、滋賀に新天地 カナフレックス監督に河埜氏就任”. 京都新聞 (2015年4月14日). 2015年11月29日閲覧。
  5. ^ 日本新薬、カナフレックス出場 社会人野球日本選手権”. 京都新聞 (2015年10月28日). 2015年11月29日閲覧。
  6. ^ 『俺たちの太平洋・クラウン 福岡ライオンズ、最後の6年間』(ベースボール・マガジン社2015年)pp.20「『福岡野球』の風景 1974・1976」を参照。ハワードと高橋によるモノクロのツーショット写真も掲載されている。
  7. ^ “カナフレックスが鳴尾浜で4年ぶりの練習試合、元阪神・藤井宏政コーチも驚く15安打!”. Yahoo!ニュース. (2021年4月28日). https://news.yahoo.co.jp/byline/okamotoikuko/20210428-00234846/ 2021年6月8日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]