佐藤政夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤 政夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県仙台市
生年月日 (1950-12-18) 1950年12月18日(71歳)
身長
体重
177 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 1969年 ドラフト5位
初出場 1971年4月10日
最終出場 1987年9月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐藤 政夫(さとう まさお、1950年12月18日 - )は、宮城県仙台市出身の元プロ野球選手投手)。ニックネームは「マック」。

来歴・人物[編集]

東北高校では3年次の1968年夏の甲子園に出場。若生正廣との二本柱であったが、予選から先発を任され、大会では1回戦で佐賀工に敗退。

卒業後は1969年電電東北で1年間プレーし、同年のドラフト5位で読売ジャイアンツに入団。ここでは出場機会がなく、1970年11月の第1回選抜会議(トレード会議)の対象となり、1971年ロッテオリオンズに移籍。同年は13試合に中継ぎとして登板し、1972年にはアメリカ1Aローダイ・オリオンズに野球留学するが、この留学は実際にはロッテの選手登録を外れた移籍扱いとなっていた[1]1973年にロッテに復帰するが、シーズン途中に奥田直也と共に、水谷則博土屋紘との交換トレード中日ドラゴンズに移籍。ここでも主に中継ぎとして起用され、1977年には52試合に登板。1980年オフには中日を自由契約となり、1981年には横浜大洋ホエールズへ移籍。同年はチームの投手陣が崩壊した中、リーグ最多の57試合に登板し15試合に先発、6勝4敗1セーブを記録した。8月3日ヤクルト戦では梶間健一と投げ合い、自身唯一かつ同年チーム唯一の完封勝利を記録している。1984年オフに大洋を自由契約となり、1985年にはロッテに復帰し、2勝5セーブを挙げるが、1987年限りで現役を引退。

引退後はロッテでスカウト(1988年 - 1994年)を務め、退団後は別の仕事に就いて、現在は退職。竹田利秋総監督の國學院大を見るために神宮へ行き、東北高でチームメイトであった若生が率いる埼玉栄高の野球も見に行っていた[1]

肘から始動しクネクネとした独特のモーションが特徴の左サイドスロー投手で、「コンニャク投法」や「タコ踊り」などと呼ばれた。大きなカーブを武器とし主に対左打者用のワンポイントとして起用された。しかしローテーションの谷間での先発起用もあり、上述のとおり完封勝ちも記録している。大洋在籍時には登板数の多さからナイター中継でも独特の投球フォームが良く映っており、地元神奈川県の小学生の間では、彼のフォームを真似するのが流行ったそうである。

ロッテ在籍時の1971年5月3日の対東映戦では、10回表2死満塁から佐藤元彦作道烝大下剛史大橋穣に連続本塁打を浴び、その後を受けて登板。しかし、張本勲大杉勝男にも続けて本塁打を浴び、5者連続本塁打の日本記録を樹立させてしまった。

中日在籍時の1974年10月14日の対巨人戦では、長嶋茂雄の現役最後の打席で対戦し、併殺打に打ち取っている[2]。佐藤のストレートはナチュラルに変化するため、ドラゴンズのキャッチャー金山仙吉は打席の長嶋に「このピッチャー、まっすぐが変化するからカーブのほうがいいんじゃないですか」と話しかける(この試合は中日にとっては優勝を決めた後の消化試合で、「長嶋の最後の打席だから花を持たせてやろう」という余裕があった)。長嶋が「いや、まっすぐでいい」と答えたためストレートを要求、佐藤もストレートを投げたつもりだったが「緊張していたせいで、少し落ちちゃった」。その結果、ショートゴロになってしまったと山際淳司の著作「いつかまた、プレイボール」の中で語っている。

ニックネームの「マック」は米国留学時に本名の政夫に因んでチームメートから付けられた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1971 ロッテ 13 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 41 8.0 12 3 3 1 1 4 0 0 8 7 7.88 1.88
1973 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 1 0.0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ----
1973 中日 8 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 38 9.2 8 0 4 0 0 3 0 0 5 3 2.70 1.24
'73計 9 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 39 9.2 9 0 4 0 0 3 0 0 5 3 2.70 1.34
1974 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 14 2.2 6 0 1 0 0 2 0 0 4 4 12.00 2.63
1975 20 1 0 0 0 0 2 1 -- .000 115 26.2 31 4 5 3 1 16 0 0 14 11 3.67 1.35
1976 50 3 0 0 0 1 5 0 -- .167 339 80.0 79 9 26 1 1 37 4 1 36 33 3.71 1.31
1977 52 0 0 0 0 2 4 0 -- .333 270 62.2 65 13 14 1 5 45 0 0 37 31 4.43 1.26
1978 42 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 206 48.0 56 6 12 2 2 23 0 0 23 21 3.94 1.42
1979 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 2.0 12 0 2 0 0 1 0 0 11 11 49.50 7.00
1980 7 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 37 8.0 14 2 1 0 0 7 0 0 5 5 5.63 1.88
1981 大洋 57 15 3 1 1 6 4 1 -- .600 490 118.2 122 8 19 6 8 61 0 0 41 36 2.72 1.19
1982 28 4 0 0 0 1 3 0 -- .250 178 40.1 52 5 15 5 1 16 0 0 25 24 5.40 1.66
1983 20 6 0 0 0 2 2 0 -- .500 177 41.2 46 8 12 4 0 19 0 0 26 26 5.62 1.39
1984 13 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 54 11.2 18 0 5 1 0 8 1 0 7 5 3.86 1.97
1985 ロッテ 34 2 1 0 0 2 3 5 -- .400 200 47.1 41 1 20 2 3 35 1 0 13 10 1.90 1.29
1986 36 2 0 0 0 0 2 1 -- .000 134 31.2 36 4 9 0 0 25 0 0 12 12 3.41 1.42
1987 29 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 64 15.2 13 0 6 2 1 6 0 0 6 5 2.87 1.21
通算:16年 418 35 4 1 1 14 27 8 -- .341 2377 554.2 612 63 154 28 23 308 6 1 273 244 3.96 1.38
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 46 (1970年)
  • 40 (1971年 - 1973年途中)
  • 26 (1973年途中 - 1980年)
  • 13 (1981年 - 1984年)
  • 36 (1985年 - 1987年)
  • 81 (1990年)

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]