若生照元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
若生 照元
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県仙台市
生年月日 (1937-07-10) 1937年7月10日(81歳)
身長
体重
174 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1960年
初出場 1960年
最終出場 1963年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

若生 照元(わこう てるもと、1937年7月10日 - )は、宮城県仙台市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴[編集]

東北高校時代は若生忠男若生智男と共に「東北の三若生」と呼ばれたが、甲子園には届かなかった。卒業後は中央大学へ進学。東都大学リーグでは1958年春季に東京農業大学戦でノーヒットノーランを達成し、5年ぶりの優勝にも貢献。同年の日本選手権では、決勝で立教大学に惜敗して準優勝。1年上には後に大洋でチームメイトとなる桑田武森田斌、同期には小栗秀夫、西山弘二(広島)・本田威志がいた。

1960年、本田と共に大洋ホエールズへ入団。同年4月17日広島戦(広島市民)で初登板を果たすが、4番の興津達雄に3ラン本塁打を献上。シーズン最終戦となった10月5日の広島戦では先発に起用されるが、横溝桂に本塁打を打たれるなどして2回で降板。1961年以降も結果を残せず、一時は打者転向にチャレンジするも失敗。1勝も挙げれずに1963年限りで引退。その後はフロント入りし、営業・本部長・スカウト部長・球団代表を歴任。1995年からは球団の商品部を独立させて創設した「ベイスターズサービス」の代表取締役社長に就任。スカウト時代には高校の後輩・佐々木主浩を獲得。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1960 大洋 2 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 21 4.0 7 2 4 0 0 3 0 0 4 4 9.00 2.75
1961 5 2 0 0 0 0 0 0 0 .000 33 8.0 10 0 1 0 0 3 1 0 3 3 3.38 1.38
1962 5 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 20 4.1 7 0 0 0 0 0 0 0 5 5 9.00 1.62
1963 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 3 1.0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.00
通算:4年 13 3 0 0 0 0 1 0 0 .000 77 17.1 24 2 5 0 0 6 1 0 12 12 6.23 1.67

背番号[編集]

  • 22(1960年 - 1963年)

関連項目[編集]