桑田武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桑田 武
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市鶴見区
生年月日 1937年1月5日
没年月日 (1991-01-21) 1991年1月21日(54歳没)
身長
体重
176 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
初出場 1959年4月11日
最終出場 1970年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

桑田 武(くわた たけし、 1937年1月5日 - 1991年1月21日)は、神奈川県横浜市鶴見区出身のプロ野球選手三塁手遊撃手)。右投げ右打ち。

経歴[編集]

横浜市立寺尾中学校では、後に大相撲で小結まで昇進する金乃花(本名・金井武夫)と同じチームでプレーした。荏原高校では、四番打者、一塁手として1954年夏の甲子園都予選決勝に進出するが、榎本喜八のいた早実に大敗し甲子園出場を逸する。卒業後は中央大学へ進学。東都大学リーグでは4年間で通算87試合に出場し、292打数84安打、打率.288、4本塁打、40打点という記録を残した。1958年春季リーグでは、小栗秀夫、若生照元両投手を擁し5年ぶりの優勝に貢献、最高殊勲選手とベストナイン(三塁手)に選ばれている。同年の全日本大学野球選手権大会では、決勝で立大に惜敗し準優勝。大学同期に森田斌外野手、1年下に小栗、若生の他、西山弘二捕手広島)、本田威志二塁手がいた。

1958年暮れ、大洋ホエールズへ入団。確実性を備えた長距離打者として四番打者、三塁手を任され、1959年には新人としては歴代最高の31本塁打で本塁打王新人王と共に獲得。1960年にはタイトルこそ獲れなかったものの打率.301を記録し、チームのリーグ初優勝に大きく貢献した。しかし日本シリーズでは、第2戦で適時打を放つものの、大毎投手陣に徹底マークされ、シリーズ通算15打数3安打1打点と存在感を発揮できなかった。1961年には打点王を獲得し、長嶋茂雄三冠王を阻止。また、この年には2試合連続サヨナラ本塁打を含む、当時の日本記録である1シーズン3本のサヨナラ本塁打を記録している。

守備においては、投手・捕手以外の全てのポジションでの出場がある。定位置は三塁手であるが、1963年のレギュラー遊撃手だったクレスの守備負担軽減のため、1964年1965年には主に遊撃手として起用された。これもあって2年連続でセ・リーグの最多エラー選手となっている。その後も中心打者として活躍するが、1968年には出場機会が前年から大幅に減ってしまう。桑田は自分を重要視してくれない別当薫監督の起用法に腹を立て、シーズン中のある日、監督と掴み合いの大喧嘩をした。これが尾を引き、1969年に大橋勲捕手との交換トレードで巨人へ放出された。

巨人では5番打者候補として期待されたが、足の古傷が再発した事もあって1本も安打を打つ事ができなかった。同年オフに戦力外通告を受け、翌年はヤクルトアトムズに在籍した。しかしここでも安打を打てず、さらにオートレース八百長(黒い霧事件)の疑いで逮捕され、3ヶ月の出場停止処分を受けた後に現役引退した。

引退後は会社勤めを経て喫茶店を経営した他、ゴルフ場の支配人も務めていたという。1991年1月21日、くも膜下出血により54歳で逝去。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1959 大洋 125 499 435 64 117 20 3 31 236 84 25 8 0 2 58 21 4 99 13 .269 .359 .543 .902
1960 114 443 392 50 118 15 7 16 195 67 16 3 0 4 44 12 3 72 10 .301 .376 .497 .873
1961 130 532 471 70 132 25 3 25 238 94 20 5 4 3 53 7 1 108 10 .280 .354 .505 .860
1962 112 466 431 50 112 18 0 22 196 48 2 1 0 1 34 2 0 83 11 .260 .314 .455 .769
1963 139 564 493 65 118 25 1 25 220 76 7 6 2 8 58 0 3 72 21 .239 .323 .446 .769
1964 140 596 539 75 161 30 1 27 274 96 5 6 0 5 49 2 3 81 13 .299 .360 .508 .869
1965 132 520 480 65 128 21 3 24 227 75 5 3 0 4 36 1 0 84 11 .267 .318 .473 .791
1966 119 465 441 48 105 12 0 25 192 64 3 2 2 3 18 1 1 70 13 .238 .270 .435 .705
1967 118 444 400 62 106 14 1 27 203 63 5 2 2 1 35 2 6 73 9 .265 .333 .508 .841
1968 49 131 114 5 15 2 0 1 20 7 1 1 2 1 13 1 1 34 5 .132 .227 .175 .402
1969 巨人 13 17 14 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 8 1 .000 .176 .000 .176
1970 ヤクルト 3 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
通算:12年 1194 4681 4214 554 1112 182 19 223 2001 674 89 37 12 32 401 49 22 787 117 .264 .331 .475 .806
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:1963年6月28日、対読売ジャイアンツ12回戦(後楽園球場)、7回表に城之内邦雄から左越同点ソロ ※史上30人目
  • 150本塁打:1965年5月6日、対広島カープ5回戦(広島市民球場)、5回表に森川卓郎から左越ソロ ※史上19人目
  • 1000試合出場:1966年9月21日、対サンケイアトムズ23回戦(川崎球場)、4番・三塁手で先発出場 ※史上119人目
  • 1000本安打:1967年4月25日、対読売ジャイアンツ1回戦(川崎球場)、1回裏に城之内邦雄から中前適時打 ※史上63人目
  • 200本塁打:1967年5月18日、対読売ジャイアンツ8回戦(後楽園球場)、2回表に渡辺秀武から左越先制ソロ ※史上13人目
その他の記録
  • 新人最多本塁打:31(1959年) ※最多タイ(後に1986年に清原和博が同数を記録)
  • 2試合連続サヨナラ本塁打 ※NPB史上初[1]
    • 1961年4月8日、対広島カープ1回戦(川崎球場)、10回裏に長谷川良平から左中間へサヨナラソロ
    • 1961年4月9日、対広島カープ2回戦(川崎球場)、9回裏に大石清から左中間へ逆転サヨナラ3ラン
  • オールスターゲーム選出:6回 (1959年 - 1962年、1964年、1965年)

背番号[編集]

  • 8 (1959年 - 1968年)
  • 7 (1969年 - 1970年)

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ベースボール2012年5月21日号96ページ

関連項目[編集]