1954年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 1954年 | 1954年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 中日ドラゴンズ 86 40 4 .683 -
2位 読売ジャイアンツ 82 47 1 .636 5.5
3位 大阪タイガース 71 57 2 .555 16.0
4位 広島カープ 56 69 5 .448 29.5
5位 国鉄スワローズ 55 73 2 .430 32.0
6位 大洋松竹ロビンス 32 96 2 .250 55.0
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 西鉄ライオンズ 90 47 3 .657 -
2位 南海ホークス 91 49 0 .650 0.5
3位 毎日オリオンズ 79 57 4 .581 10.5
4位 近鉄パールス 74 63 3 .540 16.0
5位 阪急ブレーブス 66 70 4 .485 23.5
6位 高橋ユニオンズ 53 84 3 .387 37.0
7位 東映フライヤーズ 52 86 2 .377 38.5
8位 大映スターズ 43 92 5 .319 46.0

日本シリーズ[編集]

1954年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月30日(土) 第1戦 西鉄ライオンズ 1-5 中日ドラゴンズ 中日球場
10月31日(日) 第2戦 西鉄ライオンズ 0-5 中日ドラゴンズ
11月1日(月) 移動日
11月2日(火) 第3戦 中日ドラゴンズ 0-5 西鉄ライオンズ 平和台球場
11月3日(水) 第4戦 中日ドラゴンズ 0-3 西鉄ライオンズ
11月4日(木) 第5戦 中日ドラゴンズ 3-2 西鉄ライオンズ
11月5日(金) 移動日
11月6日(土) 第6戦 西鉄ライオンズ 4-1 中日ドラゴンズ 中日球場
11月7日(日) 第7戦 西鉄ライオンズ 0-1 中日ドラゴンズ
優勝:中日ドラゴンズ(初優勝)

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 杉下茂 中日 大下弘 西鉄
最優秀新人 広岡達朗 巨人 宅和本司 南海
首位打者 与那嶺要 巨人 .361 L.レインズ 阪急 .337
本塁打王 青田昇 洋松 31本 中西太 西鉄 31本
打点王 杉山悟
渡辺博之
中日
大阪
91点 山内和弘 毎日 97点
最多安打 与那嶺要 巨人 172本 L.レインズ 阪急 184本
盗塁王 吉田義男 大阪 51個 鈴木武 近鉄 71個
最優秀防御率 杉下茂 中日 1.39 宅和本司 南海 1.58
最多勝利 杉下茂 中日 32勝 宅和本司
田中文雄
南海
近鉄
26勝
最多奪三振 杉下茂 中日 273個 宅和本司 南海 275個
最高勝率 杉下茂 中日 .727 西村貞朗 西鉄 .815

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 杉下茂 中日 西村貞朗 西鉄
捕手 広田順 巨人 C.ルイス 毎日
一塁手 西沢道夫 中日 川合幸三 阪急
二塁手 箱田弘志 国鉄 森下正夫 南海
三塁手 宇野光雄 国鉄 中西太 西鉄
遊撃手 広岡達朗 巨人 L.レインズ 阪急
外野手 与那嶺要 巨人 大下弘 西鉄
渡辺博之 大阪 関口清治 西鉄
杉山悟 中日 山内和弘 毎日

オールスターゲーム[編集]

高校野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

  • 1月14日 - 名古屋ドラゴンズは社名を「中部日本野球協会」、球団名を「中日ドラゴンズ」とそれぞれ改称[3] 。これはそれまで共同出資・資本参加し、西暦奇数年に主導経営していた名古屋鉄道が1953年のシーズンを最後に資本解消したことに伴う。
  • 1月30日 - 中日は株主総会で会長の干田憲三が辞任、後任に小山龍三が就任[3]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

  • 9月21日 - 南海が対西鉄戦(大阪)に4対3で勝利し日本プロ野球記録の18連勝達成。
  • 9月22日 - 8月22日の対東映戦より18連勝中だった南海が対西鉄戦(大阪)で2対7で敗れ、1カ月ぶりの敗戦で連勝が止まる[23]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ セントラル・リーグ年度別観客動員数(1950-2012) (PDF)”. 日本野球機構公式サイト. 2015年11月15日閲覧。
  2. ^ 宇佐美徹也 『日本プロ野球記録大鑑』 講談社1993年、1077 - 1088頁。ISBN 4062061082
  3. ^ a b 『中日ドラゴンズ70年史』 中日ドラゴンズ 編、中日新聞社2006年、54頁。ISBN 4806205141
  4. ^ a b 『南海ホークス四十年史』 南海ホークス 編、南海ホークス、1978年、62頁。
  5. ^ 『巨人軍歴史新聞 1934-2000栄光の球団史を発掘スクープ 2000年優勝記念号』 巨人軍歴史新聞編纂委員会 編、日本文芸社2000年、28頁。ISBN 453725016X
  6. ^ 【3月23日】1988年(昭63) オープン戦ですが…史上2人目、34年ぶりの無安打無得点試合達成”. スポーツニッポン (2009年3月12日). 2015年11月15日閲覧。
  7. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 128.
  8. ^ 宇佐美徹也 1993, pp. 718 - 719, 725.
  9. ^ 宇佐美徹也 1993, pp. 586 - 587, 469.
  10. ^ ホークス四十年史 1978, p. 362.
  11. ^ ベースボールマガジン』、ベースボール・マガジン社2013年11月、 56頁。
  12. ^ a b 宇佐美徹也 1993, p. 190.
  13. ^ a b c 球団のあゆみ 1950年代”. 東京ヤクルトスワローズ公式サイト. 2015年11月15日閲覧。
  14. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 637.
  15. ^ 『さらば大阪近鉄バファローズ 熱い心の野球ありがとう』 ベースボール・マガジン社〈週刊ベースボール別冊 冬季号〉、2004年、45頁。
  16. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 688.
  17. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 520.
  18. ^ 週刊ベースボール』、ベースボール・マガジン社、2013年7月22日、 95頁。
  19. ^ 【8月15日】1954年(昭29) 黄金ルーキー広岡、Wヘッダーで先頭打者本塁打スポーツニッポン 2007年8月15日
  20. ^ ホークス四十年史 1978, p. 289.
  21. ^ 【8月16日】1954年(昭29) イダ天・木塚忠助 今でも記録の1カ月ランニング本塁打2本”. スポーツニッポン (2009年9月8日). 2015年11月15日閲覧。
  22. ^ ホークス四十年史 1978, p. 149.
  23. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 387.
  24. ^ ドラゴンズ70年史 2006, p. 284.
  25. ^ a b ドラゴンズ70年史 2006, p. 285.
  26. ^ タイガースヒストリー 1950-1954”. 阪神タイガース公式サイト. 2015年11月15日閲覧。
  27. ^ 菅谷齊 (2010年8月18日). “【取材秘話】中学校の床下で発見された大優勝旗”. J-CASTテレビウォッチ. 2015年11月15日閲覧。
  28. ^ 『週刊ベースボール』2011年12月19日、 47頁。