1906年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1906年の野球から転送)
Jump to navigation Jump to search

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1906年のできごとを記す。

1906年4月12日に開幕し10月14日に全日程を終え、ナショナルリーグシカゴ・カブスが20年ぶり7度目のリーグ優勝をし、アメリカンリーグシカゴ・ホワイトソックスが1901年以来2度目のリーグ優勝となった。

ワールドシリーズはシカゴのチーム同士の対戦となったが、シカゴ・ホワイトソックスが4勝2敗でシカゴ・カブスを破り、シリーズを初制覇した。

できごと[編集]

ナショナルリーグシカゴ・カブスは遊撃手ジョー・ティンカー、二塁手ジョニー・エバース、一塁手フランク・チャンスが「併殺トリオ」と呼ばれ、投手には少年時代に事故で右手の指2本を失いながらも3本指でカーブに威力がありエースとなったモーデカイ・ブラウン(通称スリーフィンガー・ブラウン)が26勝を上げて、監督兼任のフランク・チャンス一塁手の指揮の下に公式戦116勝を上げて、勝率.763はいまだに破れない史上最高勝率である。

一方アメリカンリーグシカゴ・ホワイトソックスはチーム打率.230で3割打者は皆無で、投手陣のフランク・オーエン(22勝)、ニック・アルトロック(20勝)、そしてドク・ホワイト(18勝)とエド・ウオルシュ(17勝)が中心となって貧打チームを支えた。

ワールドシリーズの事前の予想は圧倒的に古参チームのシカゴ・カブスが有利で新興チームのシカゴ・ホワイトソックスが不利との見方が多かったが、この史上唯一のシカゴ対決は新興チームで貧打のホワイトソックスが制覇した。そしてシリーズ終了後に貧打のチームが公式戦116勝した強豪チームに勝ったことで「ヒットレス・ワンダー」と呼んだ。

ワールドシリーズで負けはしたが、シカゴ・カブスはこの年からリーグ3連覇を果たす。

シカゴ球団の共通点[編集]

両リーグともシカゴのチームが優勝したが、この両チームとも前回の優勝時のチーム名は「シカゴ・ホワイトストッキングス」である。ナショナルリーグのカブスは1871年に「シカゴ・ホワイトストッキングス」として設立されてナショナル・アソシェーションに加わり、その後にシカゴ大火による中断もあったが、1876年のナショナルリーグ創設時に加盟した。その年に初のリーグ優勝をして以後1886年まで「シカゴ・ホワイトスットキングス」として11年間で6度優勝した。その後は1894年にコルツ、1898年にオーファンズと名称を変えて1903年にカブスとなった。そしてアメリカンリーグのホワイトソックスは1900年にそれまでのマイナーリーグのウェスタンリーグがアメリカンリーグに名称を代えて、ナショナルリーグの許可を得て、それまでの加盟チームのセントポール・セインツを大都市シカゴに移し、「シカゴ・ホワイトストッキングス」と名乗り、そしてこのチームはメジャーリーグ宣言の後の1901年の最初のシーズンを優勝した。ナショナルリーグもアメリカンリーグもその最初のシーズンはどちらも「シカゴ・ホワイトストッキングス」が初優勝していた。

規則の改正[編集]

  • 審判がグラウンドキーパーに対して指示が出せるようになった。

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 シカゴ・ホワイトソックス 93 58 .616 --
2 ニューヨーク・ハイランダース 90 61 .596 3.0
3 クリーブランド・ナップス 89 64 .589 5.0
4 フィラデルフィア・アスレチックス 78 67 .582 16.0
5 セントルイス・ブラウンズ 76 73 .510 17.0
6 デトロイト・タイガース 71 78 .477 21.0
7 ワシントン・セネタース 55 95 .367 37.5
8 ボストン・アメリカンズ 49 105 .318 46.5

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 シカゴ・カブス 116 36 .763 --
2 ニューヨーク・ジャイアンツ 96 56 .631 20.0
3 ピッツバーグ・パイレーツ 93 60 .588 23.5
4 フィラデルフィア・フィリーズ 71 82 .464 45.5
5 ブルックリン・スーパーバス 66 86 .434 50.0
6 シンシナティ・レッズ 64 87 .424 51.5
7 セントルイス・カージナルス 52 98 .347 63.0
8 ボストン・ビーンイーターズ 49 102 .324 66.5

ワールドシリーズ[編集]

  • ホワイトソックス 4 - 2 カブス
10/ 9 – ホワイトソックス 2 - 1 カブス
10/10 – カブス 7 - 1 ホワイトソックス
10/11 – ホワイトソックス 3 - 0 カブス
10/12 – カブス 1 - 6 ホワイトソックス
10/13 – ホワイトソックス 3 - 6 カブス
10/14 – カブス 3 - 8 ホワイトソックス

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ジョージ・ストーン (SLA) .358
本塁打 ハリー・デービス (PHA) 12
打点 ハリー・デービス (PHA) 96
得点 エルマー・フリック (CLE) 98
安打 ナップ・ラジョイ (CLE) 214
盗塁 ジョン・アンダーソン (WS1) 39
エルマー・フリック (CLE)

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 アル・オース (NYY) 27
敗戦 ジョー・ハリス (BOS) 21
サイ・ヤング (BOS)
防御率 ドク・ホワイト (CWS) 1.52
奪三振 ルーブ・ワッデル (PHA) 196
投球回 アル・オース (NYY) 338⅔
セーブ チーフ・ベンダー (PHA) 3
オットー・ヘス (CLE)

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ホーナス・ワグナー (PIT) .339
本塁打 ティム・ジョーダン (BRO) 12
打点 ジム・ニーロン (PIT) 83
ハリー・ステインフェルト (CHC)
得点 フランク・チャンス (CHC) 103
ホーナス・ワグナー (PIT)
安打 ハリー・ステインフェルト (CHC) 176
盗塁 フランク・チャンス (CHC) 57

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ジョー・マクギニティ (NYG) 27
敗戦 ガス・ドーナー (CIN / BSN) 26
防御率 モーデカイ・ブラウン (CHC) 1.04
奪三振 フレッド・ビーブ (CHC / STL) 171
投球回 アーヴ・ヤング (BSN) 358⅓
セーブ ジョージ・ファーガソン (NYG) 7

出典[編集]

  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪1906年≫ 48P参照 週刊ベースボール 1978年6月25日増刊号 ベースボールマガジン社
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪モーデカイ・ブラウン≫ 49P参照 
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪フランク・チャンス≫ 50P参照 
  • 『メジャーリーグ ワールドシリーズ伝説』 1905-2000  86P参照 上田龍 著  2001年10月発行 ベースボールマガジン社

外部リンク[編集]