宇野光雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇野 光雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市
生年月日 (1917-04-10) 1917年4月10日
没年月日 (1994-04-17) 1994年4月17日(77歳没)
身長
体重
173 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1947年
初出場 1947年
最終出場 1956年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

宇野 光雄(うの みつお、1917年4月10日 - 1994年4月17日)は、愛知県名古屋市出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ監督解説者

経歴[編集]

旧制和歌山中学では春の選抜に4年連続出場し、1933年はベスト4、1934年はベスト8まで進出。1936年は優秀選手賞になるなど[1]、走攻守揃った三塁手として名を馳せた[2]1937年慶應義塾大学へ入学すると、戦前の黄金期に中心選手として活躍。飯島滋弥宮崎要・大館盈六とともに「100万ドルの内野陣」と謳われ[2]東京六大学リーグでは通算90試合に出場し331打数79安打、0本塁打、打率.239。

1946年には1年だけ母校・慶大の監督に就任。戦後初のリーグでは5戦全勝で優勝を飾り、大島信雄別当薫加藤進を卒業生として送り出した。退任後は藤倉電線を経て、1947年三原脩監督の熱心な勧誘を受けて読売ジャイアンツへ入団するが、を故障してしまう[3]。療養中の1948年には同じく肩を壊して調整していた藤本英雄とのキャッチボールの際に、藤本の投げたボールがスライド回転することに気付き、これが藤本のスライダー習得のきっかけとなった。結局、宇野の肩は治らず1948年シーズン途中で巨人を退団した[3]。巨人退団後は新東宝に入社して、一時は山田五十鈴付き人も務めたという。

1950年に豊富なキャリアを評価されて巨人の二軍監督に就任[3]。少ない選手数の中で練習の手伝いをしているうちに肩の故障が回復し、シーズン終盤に選手として復帰。39試合に出場して打率3割を記録[3]すると、翌1951年からは手塚明治に替わってレギュラー三塁手となる。青田昇川上哲治とともにクリーンアップを打ち[3]打率.303を記録してセ・リーグ打撃成績10位に入る。1952年は5番の南村不可止に次いで6番打者を務めて[3]打率.290(リーグ11位)をマークする。しかし、1953年になるとハワイから来日していきなり.340の高打率を挙げた柏枝文治に押されて出場試合数が減り、同年限りで国鉄スワローズへ移籍する。

移籍については、1954年春の明石キャンプで水原茂監督から通告されたが、宇野は悔しさのあまり非常に荒れたという[4]。一方宇野の指導者としての能力を期待していた巨人は国鉄に対して、巨人では監督を生え抜きのOBに限定する内規を定めているため、移籍させると巨人の監督候補から外れることを考慮して、将来国鉄で監督に就任させるように条件を付けたという[5]。国鉄ではコーチ兼任の傍ら[3]、4番打者として打率.291(リーグ12位)を記録し、ベストナイン三塁手のタイトルを獲得する。また、宇野は対巨人戦で打率.338を記録したが[6]、チームも同年4月4日から6月20日まで巨人相手に8連勝し、宇野の闘志が国鉄に乗り移ったといわれた[4]1955年まで4番・三塁手を務め[7]1956年に国鉄の選手兼任監督に就任。同年引退。

国鉄の監督になると、宇野は巨人に対して非常に闘志を燃やして集中攻撃し、巨人対国鉄戦は毎試合のように大熱戦が展開される看板カードとなった[4]。特に、1956年の国鉄は対巨人戦11勝13敗と健闘し、チーム設立以来初めて4位に浮上する。しかし、1950年代後半の国鉄はエース金田正一の最盛期であったが、4年連続4位と巨人・阪神中日の三強の壁をどうしても崩すことができなかった。1959年勝率.492を最高に一度もAクラス・勝率5割を達成できないまま、最下位に転落した1960年限りで監督を退任。監督が交代を告げる前に降板したことはおろか、監督が交代を告げる前にマウンドにのぼったこともあった金田とは[8]、感情的対立があったという[9]

1961年からは西本幸雄の辞任を受けて大毎オリオンズの監督を務め、成績は就任前のリーグ優勝から2年連続4位に留まり、翌1962年限りで辞任。1963年から1968年までラジオ関東解説者、1969年から1970年までは、慶大・巨人の先輩である水原の下で中日のヘッドコーチを務めた。

中日コーチ退任後は千葉テレビ1971年 - 1973年)・東京12チャンネル(1971年 - 1976年)・日本短波放送たんぱストレートナイター」で解説者を務めた。

1994年4月17日多発性骨髄腫のため死去。満77歳没。

選手としての特徴[編集]

野球帽をあみだ被りにして、ひょうひょうとした仕草で、おとぼけのウーやんニックネームで呼ばれた。一方で、実際のプレーは頭脳的で、相手の気持ちを読んだ駆け引きに秀でていた[3]

故障によりが万全でなかったため、三塁守備では浅い守備位置を取っていた[3]

ボールを決して恐れず、千葉茂によると水原と宇野がゴロ打球から逃げたのを決して見たことがなかったという。また打席でも、内角の投球に対して、避けるふりをしながらダブダブに着用したユニホームの袖に擦らせて、死球を稼ぐことを得意とした[10]

エピソード[編集]

新東宝山田五十鈴付け人をしていた頃、最初は山田が歩く3歩後ろを、宇野が化粧鞄を持って歩いていたが、だんだん距離が縮まり、終いには並んで歩くようになった。また、巨人在籍時には往年の強肩が見る影もなく衰えてしまっていたことについて、恋多き女、山田五十鈴にかわいがられたら、肩も腰も吸い取られてしまうだろう、とのがあったという[11]

巨人から放出されたのち、国鉄で選手・監督として巨人に対して闘志を燃やして好勝負を展開したが、後年宇野はこのトレード水原茂監督の温情だったのだろう、としみじみ語っていた[4]

大毎監督時代の1961年7月25日の東映フライヤーズ戦で、代打に須藤豊を送ろうとした際、「なーんだ、スーしかおらんのか。仕方ねぇなあー、そんならお前行けや」と配慮のない言葉を吐いてしまい、激怒した須藤から「監督なら、誰が残っているかくらいしっかり覚えときや!」とベンチ内で怒鳴りつけられた[12]。同年オフに須藤は土居章助との交換トレードで巨人に移籍した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]


















































O
P
S
1947 巨人 8 17 16 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 -- 0 -- 1 0 -- .125 .176 .125 .301
1948 22 41 38 3 6 0 0 0 6 2 1 0 2 -- 1 -- 0 7 -- .158 .179 .158 .337
1950 39 135 120 21 36 3 1 5 56 25 6 0 1 -- 14 -- 0 8 9 .300 .373 .467 .840
1951 111 439 390 66 118 17 4 3 152 59 23 8 8 -- 38 -- 3 15 14 .303 .369 .390 .759
1952 115 443 404 42 117 16 3 5 154 54 11 7 6 -- 27 -- 6 27 14 .290 .343 .381 .724
1953 97 347 318 32 86 18 2 4 120 53 5 1 4 -- 24 -- 1 29 11 .270 .324 .377 .701
1954 国鉄 125 515 474 51 138 18 1 7 179 56 19 3 2 4 29 -- 6 36 14 .291 .337 .378 .715
1955 102 422 382 36 99 14 2 6 135 43 8 7 1 3 32 3 4 24 14 .259 .321 .353 .674
1956 9 13 13 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 .154 .154 .154 .308
通算:9年 633 2372 2155 251 604 86 13 30 806 292 73 26 24 7 165 3 21 146 78 .280 .336 .374 .710

通算監督成績[編集]

年度 チーム 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1956年 昭和31年 国鉄 4位 130 61 65 4 .485 21.0 58 .218 2.64 39歳
1957年 昭和32年 4位 130 58 68 4 .462 15.5 83 .226 2.74 40歳
1958年 昭和33年 4位 130 58 68 4 .462 17.5 59 .223 3.10 41歳
1959年 昭和34年 4位 130 63 65 2 .492 15.5 62 .230 3.19 42歳
1960年 昭和35年 6位 130 54 72 4 .431 16.0 73 .232 3.09 43歳
1961年 昭和36年 大毎 4位 140 72 66 2 .521 15.0 103 .258 3.23 44歳
1962年 昭和37年 4位 132 60 70 2 .462 18.0 92 .268 3.71 45歳
通算:7年 922 426 474 22 .473 Bクラス7回

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 29 (1947年 - 1948年)
  • 40 (1950年)
  • 10 (1950年 - 1953年、1962年)
  • 1 (1954年 - 1955年)
  • 30 (1956年 - 1961年)
  • 61 (1969年)
  • 67 (1970年)

脚注[編集]

  1. ^ 『巨人軍の男たち』114頁
  2. ^ a b 『ジャイアンツ栄光の70年』45頁
  3. ^ a b c d e f g h i 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』205頁
  4. ^ a b c d 『日本プロ野球トレード大鑑』81頁
  5. ^ 徳永喜男『ヤクルトスワローズ球団史・1992年度版』ベースボール・マガジン社1992年12月[要ページ番号]
  6. ^ 『プロ野球データ事典』172頁
  7. ^ 『プロ野球データ事典』176頁
  8. ^ 【金田正一監督】「長嶋巨人と日本一を争うのがワシの夢や」 - 2014.6.29
  9. ^ 徳永喜男著『ヤクルトスワローズ球団史』ベースボールマガジン社、P108
  10. ^ 『巨人軍の男たち』116頁
  11. ^ 『巨人軍の男たち』115頁
  12. ^ 「土佐のいごっそう、監督を怒鳴る」Sponichi Annex職業野球人 第2回 須藤豊

参考文献[編集]

  • 『ジャイアンツ栄光の70年』ベースボールマガジン社、2004年
  • 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』恒文社、1976年
  • 『日本プロ野球トレード大鑑』ベースボールマガジン社、2001年
  • 坂本邦夫『プロ野球データ事典』PHP研究所、2001年
  • 千葉茂『巨人軍の男たち』東京スポーツ新聞社、1984年

関連項目[編集]

出演番組[編集]