香川正人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
香川 正人
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県坂出市
生年月日 (1954-03-27) 1954年3月27日
没年月日 (2016-11-03) 2016年11月3日(62歳没)
身長
体重
181 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1977年 ドラフト5位
初出場 1979年4月10日
最終出場 1980年5月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

香川 正人(かがわ まさと、1954年3月27日 - 2016年11月3日[1])は、香川県坂出市出身のプロ野球選手投手)。

元プロ野球選手の香川正は実父。

来歴・人物[編集]

坂出工業高校では2年生からエースとなる。1971年夏の甲子園香川県予選では、1回戦で三本松高を相手にノーヒットノーランを記録。しかし準決勝で坂出商に敗退した。高校卒業後は早稲田大学に進学するが、同期には阿部政文、谷井潤一(日産自動車)と好投手がおり、東京六大学野球リーグではあまり出番はなかった。

大学卒業後は三菱重工神戸に入社、1977年ドラフトで近鉄バファローズに5位指名される。これを保留したまま1978年都市対抗にエースとして出場。1回戦で東芝黒紙義弘と投げ合うが完封負け[2]。同年の社会人野球日本選手権は準々決勝に進むが、松下電器福間納に抑えられ延長10回サヨナラ負けを喫する[3]。その後に1年遅れて入団。

教育リーグでチェンジアップを習得、変則フォームからスライダー、シュート、スローカーブ、フォークと多彩な変化球を武器にした。1979年には中継ぎ、抑えとして起用され5勝2Sをあげる。しかし肘を故障し、翌年以後は偵察メンバーで1試合に出場したのみで、1982年オフに自由契約となり横浜大洋ホエールズに移籍。ここでは公式戦に登板できず、1983年限りで現役を引退した。

引退後はクラブチーム・西多摩倶楽部にて、選手兼任コーチを経て2009年より選手兼任監督を務めていた。2016年11月3日、肺がんにより死去[1]。62歳没。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1979 近鉄 19 0 0 0 0 5 0 2 -- 1.000 188 42.1 47 9 16 0 2 26 2 1 24 22 4.68 1.49
通算:1年 19 0 0 0 0 5 0 2 -- 1.000 188 42.1 47 9 16 0 2 26 2 1 24 22 4.68 1.49
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 11 (1979年 - 1982年)
  • 62 (1983年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “元近鉄投手・香川正人氏が死去、62歳”. サンケイスポーツ. (2016年11月6日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20161106/npb16110605000002-n1.html 2016年11月6日閲覧。 
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ 「社会人野球日本選手権大会20年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1994年

外部リンク[編集]