1945年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1945年 | 1945年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

戦況悪化のため、休止。終戦後の11月・12月に、日本職業野球連盟復興記念東西対抗戦が開催された。

中等野球(日本)[編集]

戦況悪化のため、休止

大学野球(日本)[編集]

戦況悪化のため、休止。終戦後の11月にオール早慶戦が開催された。

社会人野球(日本)[編集]

戦況悪化のため、休止

メジャーリーグ[編集]

デトロイト・タイガース(4勝3敗)シカゴ・カブス
7月10日にボストンのフェンウェイ・パークにおいて開催予定であったが、戦争により中止[1]

できごと[編集]

1月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

  • 11月6日 - 日本野球連盟復活。
  • 11月14日 - 進駐軍、後楽園野球場を接収。
  • 11月18日 - 神宮球場において「オール早慶戦」が開催され、慶應が6対3で早稲田に勝利する[2]
  • 11月23日 - 神宮球場において、戦後初のプロ野球の試合となる「日本職業野球連盟復興記念東西対抗戦」が開催される。また職業野球連盟発足後、神宮球場で開催された最初のプロ野球試合であった。このあと11月24日に群馬・新川球場、12月1~2日に西宮球場で開催。

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ベースボールマガジン2012年9月号74ページ
  2. ^ a b c 球場史明治神宮野球場公式サイト