1928年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1928年の野球から転送)
移動先: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1928年のできごとを記す。1928年4月10日に開幕し10月9日に全日程を終え、ナショナルリーグセントルイス・カージナルスが2年ぶりに2度目の優勝、アメリカンリーグニューヨーク・ヤンキースが3年連続で6度目の優勝を果たした。ワールドシリーズはニューヨーク・ヤンキースが前年と同じく4勝0敗でセントルイス・カージナルスを破り3度目のシリーズ制覇となった。

できごと[編集]

アメリカンリーグニューヨーク・ヤンキースが101勝でリーグ優勝をした。しかしチームは故障者が続出し2位アスレチックスとの差は2.5ゲーム差で前年と違い圧倒的な優勝ではなかった。アスレチックスの投手レフティ・グローブは24勝を上げて奪三振183を記録し、翌年からのアスレチックスの快進撃につなげた。

ナショナルリーグセントルイス・カージナルスが1927年にロジャース・ホーンスビーとニューヨーク・ジャイアンツフランキー・フリッシュらと交換トレードをして、そのフリッシュは1927年に打率.337・208安打・48盗塁を記録し、ホーンスビーの穴を埋める活躍をみせた。そして翌1928年にはジャイアンツとカブスとの熾烈な首位争いを繰り広げ、2度目のリーグ優勝を果たした。この年にはジム・ボトムリーが打率.325・31本塁打・136打点でナショナルリーグMVPを受賞。また42二塁打・20三塁打を記録し、MLB史上2人目の「20-20-20」(シーズン20二塁打・20三塁打・20本塁打)を達成する活躍をみせた。

ワールドシリーズは、大方の予想通り圧倒的に強いヤンキースがカージナルスに雪辱を晴らし、カージナルスは1勝も出来ず敗退した。しかしヤンキースの黄金期はここでひとまず終わった。

  • ロジャース・ホーンスビーはジャイアンツに移籍後、わずか1年でボストン・ブレーブスに移籍して、この年に打率 .387で7度目の首位打者を獲得した。

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ニューヨーク・ヤンキース 101 53 .656 --
2 フィラデルフィア・アスレチックス 98 55 .641 2.5
3 セントルイス・ブラウンズ 82 72 .532 19.0
4 ワシントン・セネタース 75 79 .487 26.0
5 シカゴ・ホワイトソックス 72 82 .468 29.0
6 デトロイト・タイガース 68 86 .442 33.0
7 クリーブランド・インディアンス 62 92 .403 39.0
8 ボストン・レッドソックス 57 96 .373 43.5

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 セントルイス・カージナルス 95 59 .617 --
2 ニューヨーク・ジャイアンツ 93 61 .604 2.0
3 シカゴ・カブス 91 63 .591 4.0
4 ピッツバーグ・パイレーツ 85 67 .559 9.0
5 シンシナティ・レッズ 78 74 .513 16.0
6 ブルックリン・ロビンス 77 76 .503 17.5
7 ボストン・ブレーブス 50 103 .327 44.5
8 フィラデルフィア・フィリーズ 43 109 .283 51.0

ワールドシリーズ[編集]

  • ヤンキース 4 - 0 カージナルス
10/4 – カージナルス 1 - 4 ヤンキース
10/5 – カージナルス 3 - 9 ヤンキース
10/7 – ヤンキース 7 - 3 カージナルス
10/9 – ヤンキース 7 - 3 カージナルス

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 グース・ゴスリン (WS1) .379
本塁打 ベーブ・ルース (NYY) 54
打点 ルー・ゲーリッグ (NYY) 142
ベーブ・ルース (NYY)
得点 ベーブ・ルース (NYY) 163
安打 ヘイニー・マナシュ (SLA) 241
盗塁 バディ・マイヤー (BOS) 30

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 レフティ・グローブ (PHA) 24
ジョージ・ピップグラス (NYY)
敗戦 レッド・ラフィング (BOS) 25
防御率 ガーランド・ブラクストン (WS1) 2.51
奪三振 レフティ・グローブ (PHA) 183
投球回 ジョージ・ピップグラス (NYY) 300⅔
セーブ ウェイト・ホイト (NYY) 8

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ロジャース・ホーンスビー (BSN) .387
本塁打 ジム・ボトムリー (STL) 31
ハック・ウィルソン (CHC)
打点 ジム・ボトムリー (STL) 136
得点 ポール・ウェイナー (PIT) 142
安打 フレディ・リンドストロム (NYG) 231
盗塁 カイカイ・カイラー (CHC) 37

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ラリー・ベントン (NYG) 25
バーリー・グライムス (PIT)
敗戦 エド・ブラント (BSN) 21
防御率 ダジー・ヴァンス (BRO) 2.09
奪三振 ダジー・ヴァンス (BRO) 200
投球回 バーリー・グライムス (PIT) 330⅔
セーブ ハル・ハイド (STL) 5
ビル・シャーデル (STL)

表彰[編集]

シーズンMVP


外部リンク[編集]