ヘイニー・マナシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘイニー・マナシュ
Heinie Manush
HeinieManushGoudeycard.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州
生年月日 1901年7月20日
没年月日 1971年5月12日(満69歳没)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1921年
初出場 1923年4月20日
最終出場 1939年5月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1964年
選出方法 ベテランズ委員会選出

ヘイニー・マナシュ(Henry Emmett "Heinie" Manush, 1901年7月20日 - 1971年5月12日) は、1920 - 1930年代にアメリカメジャーリーグで活躍した野球選手。主なポジションは左翼手アラバマ州生まれ。左投げ左打ち。シーズン打率.333以上を7度記録するなど、安打製造機として名をはせた。愛称の「ヘイニー」(Heinie) には『ドイツ人』という意味もある。

経歴[編集]

1921年デトロイト・タイガースと契約、当時フィラデルフィア・アスレチックス三塁手であった、兄フランク・マナシュの後を追うように1923年にタイガースからメジャーデビューする。1年目から左翼のレギュラーとなり、打つ方でも打率.334をマークする。1925年からは、当時現役生活も晩年を迎えていたタイ・カッブの後釜として、センターを守ることが多くなっていた。1926年に打率.378で首位打者を獲得。この年はベーブ・ルースに次ぐ出塁率長打率を記録する活躍を見せた。

1928年セントルイス・ブラウンズトレードされ、同年リーグ最多の241安打二塁打47本を記録する。打率も.378としたが、首位打者となったグース・ゴスリンにわずか1厘及ばなかった。また同じ年のMVP投票では、ミッキー・カクレーンについで次点となった。

1930年、シーズン中にブラウンズからワシントン・セネタースにトレードされる。セネタースには5年半在籍し、1933年に2度目のリーグ最多安打(221安打)をはじめ、33試合連続安打やリーグ最多三塁打(17本)を記録する活躍をし、セネタースをワールドシリーズ出場に導いた。

しかし自身最初で最後となった1933年のワールドシリーズで、マナシュは球史に残るような有名な退場劇を演じる。第4戦の6回裏、アウトの判定にマナシュは一塁塁審に抗議し、何を思ったか塁審の蝶ネクタイをつまんで引っ張り、ゴムが伸びきったところでパチンと手を離した。もちろん彼は退場になった。

1936年からはボストン・レッドソックスブルックリン・ドジャースピッツバーグ・パイレーツに在籍し、1939年に現役を引退した。17年間での通算安打数は2524本、生涯打率は.330に及ぶ。

1964年ベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。1971年フロリダ州サラソータで死去。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

































O
P
S
2008 7654 2524 491 160 110 1287 1183 114 345 506 70 186 .330 .377 .479 .856

獲得タイトル・記録[編集]

出典・外部リンク[編集]