1936年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1936年のできごとを記す。1936年4月16日に開幕し10月7日に全日程を終えた。ナショナルリーグニューヨーク・ジャイアンツが、アメリカンリーグニューヨーク・ヤンキースが優勝。ワールドシリーズはニューヨーク・ヤンキースが制した。

できごと[編集]

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ニューヨーク・ヤンキース 102 51 .667 --
2 デトロイト・タイガース 83 71 .539 19.5
3 シカゴ・ホワイトソックス 81 70 .536 20.0
4 ワシントン・セネタース 82 71 .536 20.0
5 クリーブランド・インディアンス 80 74 .519 22.5
6 ボストン・レッドソックス 74 80 .481 28.5
7 セントルイス・ブラウンズ 57 95 .375 44.5
8 フィラデルフィア・アスレチックス 53 100 .346 49.0

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ニューヨーク・ジャイアンツ 92 62 .597 --
2 シカゴ・カブス 87 67 .565 5.0
3 セントルイス・カージナルス 87 67 .565 5.0
4 ピッツバーグ・パイレーツ 84 70 .545 8.0
5 シンシナティ・レッズ 74 80 .481 18.0
6 ボストン・ビーズ 71 83 .461 21.0
7 ブルックリン・ドジャース 67 87 .435 25.0
8 フィラデルフィア・フィリーズ 54 100 .351 38.0

オールスターゲーム[編集]

  • アメリカンリーグ 1 - 4 ナショナルリーグ

ワールドシリーズ[編集]

  • ジャイアンツ 2 - 4 ヤンキース
9/30 – ヤンキース 1 - 6 ジャイアンツ
10/2 – ヤンキース 18 - 4 ジャイアンツ
10/3 – ジャイアンツ 1 - 2 ヤンキース
10/4 – ジャイアンツ 2 - 5 ヤンキース
10/5 – ジャイアンツ 5 - 4 ヤンキース
10/6 – ヤンキース 13 - 5 ジャイアンツ

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ルーク・アップリング (CWS) .388
本塁打 ルー・ゲーリッグ (NYY) 49
打点 ハル・トラスキー (CLE) 162
得点 ルー・ゲーリッグ (NYY) 167
安打 アール・アベリル (CLE) 232
盗塁 リン・ラリー (SLA) 37

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 トミー・ブリッジス (DET) 23
敗戦 ゴードン・ローズ (PHA) 20
防御率 レフティ・グローブ (BOS) 2.81
奪三振 トミー・ブリッジス (DET) 175
投球回 ウェス・フェレル (BOS) 301
セーブ パット・マローン (NYY) 9

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ポール・ウェイナー (PIT) .373
本塁打 メル・オット (NYG) 33
打点 ジョー・メドウィック (STL) 138
得点 アーキー・ヴォーン (PIT) 122
安打 ジョー・メドウィック (STL) 223
盗塁 ペッパー・マーティン (STL) 23

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 カール・ハッベル (NYG) 26
敗戦 バッキー・ウォルターズ (PHI) 21
防御率 カール・ハッベル (NYG) 2.31
奪三振 ヴァン・マンゴー (BRO) 238
投球回 ディジー・ディーン (STL) 315
セーブ ディジー・ディーン (STL) 11

表彰[編集]

シーズンMVP[編集]

アメリカ野球殿堂入り表彰者[編集]

BBWAA投票

関連項目[編集]

外部リンク[編集]