1936年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

できごと[編集]

総合競技大会[編集]

第4回ガルミッシュ・パルテンキルヒェンオリンピック
順位 国・地域名
1  ノルウェー 7 5 3 15
2 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 3 3 0 6
3  スウェーデン 2 2 3 7
4  フィンランド 1 2 3 6
5 スイスの旗 スイス 1 2 0 3
6  オーストリア 1 1 2 4
7 ブルガリアの旗 ブルガリア王国 1 1 1 3
8 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1 0 3 4
9 カナダの旗 カナダ 0 1 0 1
10 フランスの旗 フランス 0 0 1 1
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国 0 0 1 1
17 17 17 51
第11回ベルリンオリンピック
順位 国・地域名
1 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 33 26 30 89
2 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 24 20 12 56
3 ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国 10 1 5 16
4 イタリア王国の旗 イタリア王国 8 9 5 22
5  フィンランド 7 6 6 19
フランスの旗 フランス 7 6 6 19
7  スウェーデン 6 5 9 20
8 日本の旗 日本 6 4 8 18
9 オランダの旗 オランダ 6 4 7 17
10 イギリスの旗 イギリス 4 7 3 14
詳細はベルリンオリンピックを参照

アイスホッケー[編集]

アメリカンフットボール[編集]

大相撲[編集]

幕内最高優勝

十両優勝

できごと

  • 春場所全勝優勝した横綱玉錦は、夏場所も8日目まで全勝を続け、連勝を27まで伸ばしたが、9日目に全勝同士の対戦で新鋭双葉山に敗れた。
  • 一方、双葉山は、春場所7日目から連勝を続け、夏場所終了段階で16連勝とした。(これが69連勝までつながる)
  • 春場所後、男女ノ川登三が横綱昇進、夏場所後には双葉山・鏡岩善四郎が大関昇進を決め、上位陣も充実してきた。

ゴルフ[編集]

世界4大大会(男子)[編集]

自転車競技[編集]

ロードレース[編集]

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

ウィンブルドン選手権の男子シングルスでは、フレッド・ペリーのこの優勝を最後に地元イギリス人選手の優勝はない。

野球[編集]

日本[編集]

プロ野球[編集]

中学野球[編集]

アメリカ大リーグ[編集]

誕生[編集]

死去[編集]