1966年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1966年のできごとを記す。

1966年4月11日に開幕し10月9日に全日程を終え、ナショナルリーグロサンゼルス・ドジャースが2年連続16度目のリーグ優勝で、アメリカンリーグボルチモア・オリオールズがセントルイス・ブラウンズ時代の1944年以来の2度目のリーグ優勝であった。ワールドシリーズはボルチモア・オリオールズが4勝0敗でロサンゼルス・ドジャースを破り初のシリーズ制覇となった。ミルウォーキー・ブレーブスは本拠地をアトランタに移転し、アトランタ・ブレーブスと改称した。

できごと[編集]

ナショナルリーグは前年優勝のロサンゼルス・ドジャースが8月末まで3位だったが9月に入ってから連勝を重ね、シーズン最終日に優勝を決めた。コーファックス(27勝)、クロード・オスティーン(17勝)、ドン・ドライスデール(13勝)、新鋭ドン・サットン(12勝)、の先発四本柱にリリーフのフィル・リーガン(14勝21セーブ)の投手陣が充実して、弱点である打線をカバーしてリーグ優勝した。サンディ・コーファックスは最多勝(27勝)、最多奪三振317、最優秀防御率1.73で2年連続の投手三冠となり、サイ・ヤング賞(3度目)も獲得した。しかしリーグMVPは無冠だったパイレーツのロベルト・クレメンテ(打率.317・打点119・本塁打29本)であった。首位打者は同じパイレーツのマティ・アルー (打率.342)、ブレーブスのハンク・アーロンが本塁打王(44本)と打点王(127)を獲得した。またカージナルスのルー・ブロックが初の盗塁王(盗塁74)となり、以降1974年まで途中1年を除いて9年間で8回盗塁王に輝き、シーズン最多118盗塁(1974年)と引退時には生涯通算938盗塁の大リーグ記録を作ることになる。

アメリカンリーグボルチモア・オリオールズが1954年にセントルイスからボルチモアに移って初めてペナントレースを制した。シーズン前にシンシナチ・レッズからフランク・ロビンソンをミルト・パッパス投手との交換トレードで獲得して、「すでに峠を過ぎた」とレッズに言われたロビンソンが発奮して打率.316・打点122・本塁打49本で三冠王となり、合わせてリーグMVPにも輝いた。これにパウエル(本塁打34本・打点109)、ブルックス・ロビンソン(打点100)で、リーグ最多得点755を上げた。投手陣は20勝投手は皆無でジム・パーマー(15勝)、デイブ・マクナリー(13勝)でリリーフ陣が51セーブか稼ぎ、2位に最終9ゲーム差を付けての圧勝であった。

ワールドシリーズは、経験の無い若いオリオールズが、ベテランの多いドジャースに打ち勝ち、4戦無敗でオリオールズが初のシリーズ制覇となった。得点力の弱いドジャースが4試合でたった2点で33イニングス連続無失点では層の厚い投手陣がいても連覇は出来なかった。

ブレーブスの移転[編集]

ミルウォーキー・ブレーブスの移転問題はこの年の初めに同じミルウォーキーに住む実業家に約900万ドルで売却され、そしてアトランタへ本拠地を移転することがほぼ決まった。移転に反対する地元ウイスコンシン州が方針を変えてブレーブスを呼び戻すことから一転してナショナルリーグが将来12球団へ拡張する際にミルウォーキーに新しいフランチャイズを置くことを求める方向へ転換した。このミルウォーキーへのフランチャイズ補償はナショナルリーグに拒否された。

そして4月13日にミルウォーキー裁判所はブレーブスの売却とアトランタ移転及びフランチャイズの補償拒否はウイスコンシン州の州法に違反するとして、ナショナルリーグが5月16日までにミルウォーキーにフランチャイズ権を与えない限り、ブレーブスは5月18日までにミルウォーキーに戻らなくてはならない、とした。この地裁の判決を不服としてナショナルリーグはウイスコンシン州最高裁に異議申し立てを行い、地裁判決の執行を一時停止して州最高裁は7月27日に4対3で地裁判決を覆した。ウイスコンシン州は連邦最高裁判所へ上告したが連邦最高裁も州最高裁の判決を支持してミルウォーキー・ブレーブスの移転問題は決着した。この最高裁での判断は、1922年と1953年の連邦最高裁の判例を踏襲して野球機構は反トラスト法に優先するというのが判事の多数意見であった。

この前年からのミルウォーキーの移転に伴う訴訟騒ぎは結局ミルウォーキーには高くついた。この翌年に両リーグは12球団への拡張(エクスパンション)が決まり、アスレチックスがカンザスシティからオークランドへの移転に伴い、カンザスシティに新球団(後のロイヤルズ)を置くことになったが、同じケースのミルウォーキーには新球団は認められなかった。しかし4年後にこの第2次エクスパンションで新しくフランチャイズが置かれたシアトル・パイロッツが1年限りでシアトルを離れてミルウォーキーに移転し、ミルウォーキー・ブルワーズが突然誕生することとなる。

黄金の左腕の引退[編集]

ドジャースのサンディ・コーファックスは、2年連続3度目の投手三冠と3度目のサイ・ヤング賞獲得でまさに絶頂期であった。シーズン前には右のエースドン・ドライスデールとともに球団との年俸アップの共闘を組んで春のキャンプをボイコットするなどして契約更改に応じない姿勢を見せたりして結果、年俸13万ドルに昇給させ(ドライスデールは11万5,000ドル)、ペナントレースも終盤の追い込みでリーグ連覇の立役者であった。シーズン終了後ロサンゼルス・ドジャースは日米野球で日本に旅立ち、コーファックスは痛めていた左ひじの手術のため訪日を断念せざるを得ず、黄金の左腕を見れなかった日本のファンをがっかりさせていた。そのドジャースが来日して日本各地で試合をして最終戦を迎えていた時の11月15日にドジャースの選手も驚くニュースがロサンゼルスから届いた。コーファックスの引退宣言であった。左ひじの手術が思わしくなく、このままでは左腕が動かなくなると医師からの忠告を聞いて、彼が下した結論はマウンドを去ることであった。

1955年にいきなりメジャーデビューを果たしたが、凄い球を投げるがコントロールに難があり、四球から自滅するパターンで思うような投球が出来ず、成績も物足りない二流投手であった。入団して7年目の1961年春のキャンプで控え捕手のノーム・シェリーから勧められてそれまでのストレート一本槍でなく、力を抜いてカーブやチェンジアップを投げる投法に切り替えてから、1961年に18勝を上げてチームの主軸投手となり、やがて球界を代表する投手となり、そして球史に残る投手となった。1962年にやがて投手生命を奪うことになる左ひじの関節炎を発症し、左ひじ痛に悩まされながら超人的なパフォーマンスでチームを引っ張ったが、この年が限界であった。30歳での早い引退を誰もが惜しんだが、6年後の1972年にコーファックスは36歳の若さで野球殿堂入りを果たした。

ヤンキースの凋落[編集]

1964年まで絶対的な強さを誇ったニューヨーク・ヤンキースは、前年に40年ぶりに負け越して6位に転落し、そしてこの年はさらに1912年以来の最下位に転落した。シーズンが始まって20試合で4勝16敗の成績でせっかくカージナルスから引き抜いたジョニー・キーン監督を解任し、1961年から1963年までヤンキースを指揮したラルフ・ハルクを再び監督に戻したが、エースホワイティ・フォードと中心打者ミッキー・マントルの衰え、ジム・バウトン投手とロジャー・マリス外野手の故障、かつては代わりの選手を用意していたファーム・システムがあって、メジャーリーグ随一と言われた選手層の厚さを誇ったが、もはやそれも機能しなくなった。そして前年から始まった新人ドラフト制度で欲しいと思う選手を獲得することもなく、以前のように思うがままの戦力を確保することが不可能となっていた。この年のシーズン終了後にロジャー・マリスはカージナルスにトレードされた。MM砲の時代は短かった。

悲喜こもごものドラフト[編集]

前年から始まった新人選手のドラフト会議で、この年前年最下位のニューヨーク・メッツが全体で最初の1位指名権を得ていた。この1年前の史上初のドラフト会議で全体で最初の1位指名権を得ていたアスレチックスはアリゾナ州立大のリック・マンディ外野手を1位指名し、さらに6巡目に同じアリゾナ州立大のサル・バンドー内野手を指名した。1年後のドラフトではこれら選手と同じアリゾナ州立大でのチームメートだったレジー・ジャクソン外野手が注目株とされて、どこの球団が1位指名するかが焦点であった。当然メッツがレジー・ジャクソンを指名するものと思われたが、メッツはジャクソンではなく他大学のスティーブ・チルコット捕手を1位指名した。おかげで2年連続アメリカンリーグの最下位であったアスレチックスがレジー・ジャクソンを指名し獲得した。そして後にレジー・ジャクソンはアスレチックスで1972~1974年のシリーズ3連覇に貢献し、やがてFAでヤンキースに移り1977~1978年のシリーズ連覇に貢献し、特に1977年のシリーズ最終戦での3打席連続本塁打は『ミスター・オクトーバー』のニックネームとともにファンに強烈な印象を残した。

一方この年に全体での1位指名を受けてスティーブ・チルコットはメッツに入団したが、一度もメジャーリーグに上がることなく終わった。そして以後50年が過ぎた長いドラフトの歴史で全体で1位指名を受けて入団した選手の中で、投手を除いて一度もメジャーリーグに上がれずに終わった野手は2017年現在スティーブ・チルコットが唯一の例である。

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ボルチモア・オリオールズ 97 63 .606 --
2 ミネソタ・ツインズ 89 73 .549 9.0
3 デトロイト・タイガース 88 74 .543 10.0
4 シカゴ・ホワイトソックス 83 79 .512 15.0
5 クリーブランド・インディアンス 81 81 .500 17.0
6 カリフォルニア・エンゼルス 80 82 .494 18.0
7 カンザスシティ・アスレチックス 74 86 .463 23.0
8 ワシントン・セネタース 71 88 .447 25.5
9 ボストン・レッドソックス 72 90 .444 26.0
10 ニューヨーク・ヤンキース 70 89 .440 26.5

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ロサンゼルス・ドジャース 95 67 .586 --
2 サンフランシスコ・ジャイアンツ 93 68 .578 1.5
3 ピッツバーグ・パイレーツ 92 70 .568 3.0
4 フィラデルフィア・フィリーズ 87 75 .537 8.0
5 アトランタ・ブレーブス 85 77 .525 10.0
6 セントルイス・カージナルス 83 79 .512 12.0
7 シンシナティ・レッズ 76 84 .475 18.0
8 ヒューストン・アストロズ 72 90 .444 23.0
9 ニューヨーク・メッツ 66 95 .410 28.5
10 シカゴ・カブス 59 103 .364 36.0

オールスターゲーム[編集]

  • アメリカンリーグ 1 - 2 ナショナルリーグ

ワールドシリーズ[編集]

  • ドジャース 0 - 4 オリオールズ
10/5 – オリオールズ 5 - 2 ドジャース
10/6 – オリオールズ 6 - 0 ドジャース
10/8 – ドジャース 0 - 1 オリオールズ
10/9 – ドジャース 0 - 1 オリオールズ
MVP:フランク・ロビンソン (BAL)

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 フランク・ロビンソン (BAL) .316
本塁打 フランク・ロビンソン (BAL) 49
打点 フランク・ロビンソン (BAL) 122
得点 フランク・ロビンソン (BAL) 122
安打 トニー・オリバ (MIN) 191
盗塁 バート・キャンパネリス (KCA) 52

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ジム・カート (MIN) 25
敗戦 メル・ストットルマイヤー (NYY) 20
防御率 ゲイリー・ピータース (CWS) 1.98
奪三振 サム・マクダウェル (CLE) 225
投球回 ジム・カート (MIN) 304⅔
セーブ ジャック・エイカー (KCA) 32

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 マティ・アルー (PIT) .342
本塁打 ハンク・アーロン (ATL) 44
打点 ハンク・アーロン (ATL) 127
得点 フェリペ・アルー (ATL) 122
安打 フェリペ・アルー (ATL) 218
盗塁 ルー・ブロック (STL) 74

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 サンディー・コーファックス (LAD) 27
敗戦 ディック・エルスワース (CHC) 22
防御率 サンディー・コーファックス (LAD) 1.73
奪三振 サンディー・コーファックス (LAD) 317
投球回 サンディー・コーファックス (LAD) 323
セーブ フィル・リーガン (LAD) 21

表彰[編集]

全米野球記者協会(BBWAA)表彰[編集]

表彰 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
MVP フランク・ロビンソン (BAL) ロベルト・クレメンテ (PIT)
サイヤング賞 -- サンディー・コーファックス (LAD)
最優秀新人賞 トミー・エイジー (CWS) トミー・ヘルムズ (CIN)

ゴールドグラブ賞[編集]

守備位置 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
投手 ジム・カート (MIN) ボブ・ギブソン (STL)
捕手 ビル・フリーハン (DET) ジョニー・ローズボロ (LAD)
一塁手 ジョー・ペピトーン (NYY) ビル・ホワイト (STL)
二塁手 ボビー・ヌープ (CAL) ビル・マゼロスキー (PIT)
三塁手 ブルックス・ロビンソン (BAL) ロン・サント (CHC)
遊撃手 ルイス・アパリシオ (CWS) ジーン・アレー (PIT)
外野手 トミー・エイジー (CWS) カート・フラッド (STL)
トニー・オリバ (MIN) ロベルト・クレメンテ (PIT)
アル・ケーライン (DET) ウィリー・メイズ (SF)

その他表彰[編集]

表彰 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
カムバック賞 ブーグ・パウエル (BAL) フィル・リーガン (LAD)
最優秀救援投手賞 ジャック・エイカー (KC) フィル・リーガン (LAD)
ハッチ賞 - サンディー・コーファックス (LAD)
ルー・ゲーリッグ賞 ブルックス・ロビンソン (BAL) -
ベーブ・ルース賞 フランク・ロビンソン (BAL) -

アメリカ野球殿堂入り表彰者[編集]

BBWAA投票

ベテランズ委員会選出

関連項目[編集]

外部リンク[編集]