1944年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1944年のできごとを記す。1944年4月18日に開幕し10月9日に全日程を終えた。ナショナルリーグセントルイス・カージナルスが、アメリカンリーグセントルイス・ブラウンズが優勝。ワールドシリーズはセントルイス・カージナルスが制した。

できごと[編集]

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 セントルイス・ブラウンズ 89 65 .578 --
2 デトロイト・タイガース 88 66 .565 1.0
3 ニューヨーク・ヤンキース 83 71 .536 6.0
4 ボストン・レッドソックス 77 77 .500 12.0
5 フィラデルフィア・アスレチックス 72 82 .468 17.0
6 クリーブランド・インディアンス 72 82 .468 17.0
7 シカゴ・ホワイトソックス 71 83 .461 18.0
8 ワシントン・セネタース 64 90 .416 25.0

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 セントルイス・カージナルス 105 49 .682 --
2 ピッツバーグ・パイレーツ 90 63 .588 14.5
3 シンシナティ・レッズ 89 65 .578 16.0
4 シカゴ・カブス 75 79 .487 30.0
5 ニューヨーク・ジャイアンツ 67 87 .435 38.0
6 ボストン・ブレーブス 65 89 .422 40.0
7 ブルックリン・ドジャース 63 91 .409 42.0
8 フィラデルフィア・フィリーズ 61 92 .399 43.5

オールスターゲーム[編集]

  • アメリカンリーグ 1 - 7 ナショナルリーグ

ワールドシリーズ[編集]

  • カージナルス 4 - 2 ブラウンズ
10/4 – ブラウンズ 2 - 1 カージナルス
10/5 – ブラウンズ 2 - 3 カージナルス
10/6 – カージナルス 2 - 6 ブラウンズ
10/7 – カージナルス 5 - 1 ブラウンズ
10/8 – カージナルス 2 - 0 ブラウンズ
10/9 – ブラウンズ 1 - 3 カージナルス

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ルー・ブードロー (CLE) .327
本塁打 ニック・エッテン (NYY) 22
打点 バーン・スティーブンス (SLA) 109
得点 スナッフィー・スタンワイス (NYY) 125
安打 スナッフィー・スターンワイス (NYY) 205
盗塁 スナッフィー・スタンワイス (NYY) 55

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ハル・ニューハウザー (DET) 29
敗戦 ビル・ダイエットリッチ (CWS) 17
アーリー・ウィン (WS1)
防御率 ディジー・トラウト (DET) 2.12
奪三振 ハル・ニューハウザー (DET) 187
投球回 ディジー・トラウト (DET) 352⅓
セーブ ジョー・ベリー (PHA) 12
ジョージ・キャスター (SLA)
ゴードン・マルツバーガー (CWS)

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ディクシー・ウォーカー (BRO) .357
本塁打 ビル・ニコルソン (CHC) 33
打点 ビル・ニコルソン (CHC) 122
得点 ビル・ニコルソン (CHC) 116
安打 フィル・キャバレッタ (CHC) 197
スタン・ミュージアル (STL)
盗塁 ジョニー・バレット (PIT) 28

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 バッキー・ウォルターズ (CIN) 23
敗戦 ケン・ラフェンスバーガー (PHI) 20
防御率 エド・ハウザー (CIN) 2.38
奪三振 ビル・ヴォイセル (NYG) 161
投球回 ビル・ボイセル (NYG) 312⅔
セーブ エース・アダムス (NYG) 13

表彰[編集]

シーズンMVP[編集]

アメリカ野球殿堂入り表彰者[編集]

ベテランズ委員会選出

関連項目[編集]

外部リンク[編集]