カール・ハッベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カール・ハッベル
Carl Hubbell
CarlHubbellGoudeycard.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミズーリ州カルサグ
生年月日 1903年6月22日
没年月日 (1988-11-21) 1988年11月21日(満85歳没)
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
初出場 1928年7月26日
最終出場 1943年8月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1947年
得票率 86.96%
選出方法 BBWAA[1]選出

カール・オーウェン・ハッベルCarl Owen Hubbell1903年6月22日 - 1988年11月21日)はアメリカメジャーリーグの元野球選手。ポジションは投手。左投げ右打ち。

来歴・人物[編集]

ミズーリ州カルサグ出身。初め、マイナーで芽が出なかったが、1928年ニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ・ジャイアンツ)で10勝をあげて主力投手となり、1929年には18勝、5月8日ノーヒットノーランを記録(ピッツバーグ・パイレーツ戦)。その後はメジャーを代表する投手に成長した。1933年、23勝(うち10完封)・308.2イニングを投げ、防御率は1.66と4部門で1位。46.1イニングス無失点の記録、ワールドシリーズでは20イニング自責点ゼロ、2勝をあげるなど大活躍。MVPを受賞した。翌1934年も防御率2年連続1位(2.30)。1936年、26勝、勝率.813、防御率2.31で3部門1位。2度目のMVP受賞。その年から翌シーズンにかけて24連勝(現在もMLB記録[1]。先発で21勝、リリーフで3勝)。翌年も22勝をあげた。また、15年連続の2桁勝利を挙げている。1943年現役引退。

上と横からの変幻自在な投球で、左腕投手独特の打者に近づきながら沈むスクリューボールを決め球とし、その偉大さから「キング・カール」と呼ばれた。

メジャーリーグのオールスターのおこりは、ナショナルリーグの名投手ハッベルとアメリカンリーグの好打者ベーブ・ルースの対決が観たいという一少年ファンがコミッショナーに投書したことに有ると言われる。ハッベル自身も1934年のオールスターで、そのベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグジミー・フォックスアル・シモンズジョー・クローニン野球殿堂入りしたア・リーグの好打者を5人連続三振に切ってとった。

引退後はジャイアンツのマイナーチームで後進の指導に当った。

1947年には野球殿堂入りし、彼がつけていた背番号11はサンフランシスコ・ジャイアンツの永久欠番となった。

1988年アリゾナ州スコッツデールで自動車事故により死去。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1928 NYG 20 14 8 1 -- 10 6 1 -- .625 511 124.0 117 7 21 -- 3 37 1 0 49 39 2.83 1.11
1929 39 35 19 1 -- 18 11 1 -- .621 1130 268.0 273 17 67 -- 6 106 5 0 128 110 3.69 1.27
1930 37 32 17 3 -- 17 12 2 -- .586 1037 241.2 263 11 58 -- 11 117 3 0 120 104 3.87 1.33
1931 36 30 21 4 -- 14 12 3 -- .538 1010 248.0 211 14 67 -- 4 155 3 0 88 73 2.65 1.12
1932 40 32 22 0 -- 18 11 2 -- .621 1151 284.0 260 20 40 -- 4 137 3 1 96 79 2.50 1.06
1933 45 33 22 10 -- 23 12 5 -- .657 1206 308.2 256 6 47 -- 3 156 3 0 69 57 1.66 0.98
1934 49 35 25 5 -- 21 12 8 -- .636 1255 313.0 286 17 37 -- 2 118 2 0 100 80 2.30 1.03
1935 42 35 24 1 -- 23 12 0 -- .657 1265 302.2 314 27 49 -- 3 150 7 0 125 110 3.27 1.20
1936 42 34 25 3 -- 26 6 3 -- .813 1202 304.0 265 7 57 -- 5 123 3 0 81 78 2.31 1.06
1937 39 32 18 4 -- 22 8 4 -- .733 1087 261.2 261 18 55 -- 3 159 7 0 108 93 3.20 1.21
1938 24 22 13 1 -- 13 10 1 -- .565 732 179.0 171 16 33 -- 2 104 1 0 70 61 3.07 1.14
1939 29 18 10 0 -- 11 9 2 -- .550 639 154.0 150 11 24 -- 2 62 2 0 60 47 2.75 1.13
1940 31 28 11 2 -- 11 12 0 -- .478 916 214.1 220 22 59 -- 2 86 3 0 102 87 3.65 1.30
1941 26 22 11 1 -- 11 9 1 -- .550 705 164.0 169 10 53 -- 2 75 4 0 73 65 3.57 1.35
1942 24 20 11 0 -- 11 8 0 -- .579 660 157.1 158 17 34 -- 1 61 2 0 75 69 3.95 1.22
1943 12 11 3 0 -- 4 4 0 -- .500 299 66.0 87 7 24 -- 0 31 4 0 36 36 4.91 1.68
通算:16年 535 433 260 36 -- 253 154 33 -- .622 14805 3590.1 3461 227 725 -- 53 1677 53 1 1380 1188 2.98 1.17
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル・表彰・記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2013年になって楽天田中将大がこの記録を抜き、現在も進行中
  2. ^ 今度は76年ぶり!マー君通算25連勝の"世界記録"更新スポーツニッポン、2013年9月13日記事。

外部リンク[編集]