1905年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1905年のワールドシリーズ
チーム 勝数
ニューヨーク・ジャイアンツNL 4
フィラデルフィア・アスレチックスAL 1
シリーズ情報
試合日程 10月9日 - 10月14日
のちの殿堂表彰者 ジョン・マグロー(NYG)(監督)
ロジャー・ブレズナハン(NYG)
ジョー・マクギニティ(NYG)
コニー・マック(PHA)(監督)
チーフ・ベンダー(PHA)
エディ・プランク(PHA)
ルーブ・ワッデル(PHA)
チーム情報
ニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)
監督 ジョン・マグロー
シーズン成績 105勝48敗
フィラデルフィア・アスレチックス(PHA)
監督 コニー・マック
シーズン成績 92勝56敗
ワールドシリーズ
 < 1904 1906 > 

1905年のワールドシリーズは、1905年10月9日から10月14日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要[編集]

1904年の中止を挟み2年ぶりに再開となった第2回目のワールドシリーズ。アメリカンリーグフィラデルフィア・アスレチックスナショナルリーグニューヨーク・ジャイアンツとの対戦となった。結果は4勝1敗でニューヨーク・ジャイアンツが初優勝。

主な出来事[編集]

  • ジャイアンツのクリスティ・マシューソンが活躍、3試合に登板し3完封勝利を挙げた。対するアスレチックスは、この年アメリカンリーグの投手三冠だったルーブ・ワッデルが、シーズン終盤に肩を怪我し出場できなかった。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月9日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ジャイアンツ 0 0 0 0 2 0 0 0 1 3 10 1
アスレチックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
  1. : クリスティ・マシューソン(1-0)  : エディ・プランク(0-1)  
  2. :  NYG – なし  PHA – なし
  3. 観客動員数 17,995人

第2戦 10月10日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 0 0 1 0 0 0 0 2 0 3 6 2
ジャイアンツ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 2
  1. : チーフ・ベンダー(1-0)  : ジョー・マクギニティ(0-1)  
  2. :  PHA – なし  NYG – なし
  3. 観客動員数 24,992人

第3戦 10月12日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ジャイアンツ 2 0 0 0 5 0 0 0 2 9 9 1
アスレチックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4
  1. : クリスティ・マシューソン(2-0)  : アンディ・コークリー(0-1)  
  2. :  NYG – なし  PHA – なし
  3. 観客動員数 10,991人

第4戦 10月13日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
ジャイアンツ 0 0 0 1 0 0 0 0 X 1 5 0
  1. : ジョー・マクギニティ(1-1)  : エディ・プランク(0-2)  
  2. :  PHA – なし  NYG – なし
  3. 観客動員数 13,598人

第5戦 10月14日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0
ジャイアンツ 0 0 0 0 1 0 0 1 X 2 5 2
  1. : クリスティ・マシューソン(3-0)  : チーフ・ベンダー(1-1)  
  2. :  PHA – なし  NYG – なし
  3. 観客動員数 24,187人

外部リンク[編集]