ロジャー・ブレスナハン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロジャー・ブレスナハン
Roger Bresnahan
Roger Bresnahan, St. Louis, NL (baseball) (LOC).jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 Flag of the United States.svgオハイオ州トレド
生年月日 1879年6月11日
没年月日 1944年12月4日(満65歳没)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
初出場 1897年8月27日
最終出場 1915年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1945年
選出方法 ベテランズ委員会選出

ロジャー・ブレスナハン(Roger Philip Bresnahan, 1879年6月11日 - 1944年12月4日)は、1900年~1910年代のアメリカメジャーリーグ野球選手。主なポジションは捕手だが、全てのポジションをこなした。オハイオ州トレド生まれ。右投げ右打ち。愛称は"The Duke of Tralee"(トラリー公爵)。1904年1905年ニューヨーク・ジャイアンツのリーグ二連覇を支えた捕手である。

略歴[ソースを編集]

1897年ワシントン・セネタースから投手としてメジャーデビュー。デビュー戦で6安打完封勝ちを納め、この年6試合に登板して4勝を挙げるが、翌1898年5月にセネタースは彼を解雇。シカゴ・オーファンズを経て1901年ボルチモア・オリオールズと契約した際、当時監督だったジョン・マグローブランチ・リッキーは、ブレスナハンを捕手にコンバートする。ブレスナハンは当時エースだったジョー・マクギニティら投手陣のまとめ役としてのリーダーシップを発揮するようになった。

1902年に、監督のマグローとともにニューヨーク・ジャイアンツへ移籍。ともに移籍したマクギニティや、クリスティ・マシューソンの女房役として、1904年と1905年のジャイアンツのリーグ二連覇を支えた。1909年にはセントルイス・カージナルスに移籍し選手兼任監督を4年務める。1911年シーズンにカージナルスは優勝争いに加わったが、この年シーズン途中にカージナルスの一行が乗ったフィラデルフィア行きの列車が、12人死亡47人負傷という列車事故に巻き込まれた。チームは幸いにも、出発前に乗る車両を移動していたために重傷者を出さなかったが、ブレスナハンはチームのメンバーに命じて乗客の救助作業を先導する手助けをした。この事故のショックがあったかその後チームは成績が低迷、シーズンを5位で終わることになった。1913年にはシカゴ・カブスに所属し、1915年に現役を引退。

1944年、オハイオ州トレドの自宅で心臓発作のため65歳で死去。翌1945年に、ベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。捕手としてはバック・ユーイングに次ぐ史上二人目の選出だった。

特徴[ソースを編集]

ブレスナハンは、現在では当たり前になった捕手用のチェストプロテクターレガースなどを、いち早くメジャーリーグに導入することを試みた。捕手用プロテクターは当時一部大学野球チームなどで使われ始めていたものの、メジャーのプレーヤーたちは最初その姿を見てあざけり笑っていたという。

詳細情報[ソースを編集]

年度別打撃成績[ソースを編集]

















































O
P
S
1897 WAS 6 17 16 1 6 0 0 0 6 3 0 -- 0 -- 1 -- 0 2 -- .375 .412 .375 .787
1900 CHC 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 -- 0 0 -- .000 .000 .000 .000
1901 BLA 86 323 295 40 79 9 9 1 109 32 10 -- 4 -- 23 -- 1 33 -- .268 .323 .369 .692
1902 65 262 235 30 64 8 6 4 96 34 12 -- 4 -- 21 -- 2 16 -- .272 .337 .409 .746
NYG 51 202 178 16 51 9 3 1 69 22 6 -- 6 -- 16 -- 2 26 -- .287 .352 .388 .740
'02計 116 464 413 46 115 17 9 5 165 56 18 -- 10 -- 37 -- 4 42 -- .278 .344 .400 .743
1903 113 486 406 87 142 30 8 4 200 55 34 -- 12 -- 61 -- 7 45 -- .350 .443 .493 .936
1904 109 468 402 81 114 22 7 5 165 33 13 -- 3 -- 58 -- 5 40 -- .284 .381 .410 .791
1905 104 399 331 58 100 18 3 0 124 46 11 -- 7 -- 50 -- 11 21 -- .302 .411 .375 .785
1906 124 506 405 69 114 22 4 0 144 43 25 -- 5 -- 81 -- 15 43 -- .281 .419 .356 .775
1907 110 401 328 57 83 9 7 4 118 38 15 -- 6 -- 61 -- 6 26 -- .253 .380 .360 .740
1908 140 562 449 70 127 25 3 1 161 54 14 -- 24 -- 83 -- 6 33 -- .283 .401 .359 .760
1909 STL 72 288 234 27 57 4 1 0 63 23 11 -- 7 -- 46 -- 1 19 -- .244 .370 .269 .639
1910 88 299 234 35 65 15 3 0 86 27 13 -- 8 -- 55 -- 2 17 -- .278 .419 .368 .787
1911 81 281 227 22 63 17 8 3 105 41 4 -- 6 -- 45 -- 3 19 -- .278 .404 .463 .866
1912 48 124 108 8 36 7 2 1 50 15 4 -- 0 -- 14 -- 2 9 -- .333 .419 .463 .882
1913 CHC 69 191 162 20 37 5 2 1 49 21 7 1 4 -- 21 -- 2 11 -- .228 .324 .302 .627
1914 101 310 248 42 69 10 4 0 87 24 14 -- 12 -- 49 -- 2 20 -- .278 .401 .351 .752
1915 77 254 221 19 45 8 1 1 58 19 19 3 4 -- 29 -- 0 23 -- .204 .296 .262 .558
通算:17年 1446 5375 4481 682 1252 218 71 26 1690 530 212 4 112 -- 714 -- 67 403 -- .279 .386 .377 .764
  • 各年度の太字はリーグ最高

投手成績[ソースを編集]

  • 通算:試合数9、先発6、投球回50.1、4勝1敗、完封1、被安打68、被本塁打1、与死球15、防御率3.93

獲得タイトル・記録[ソースを編集]

  • 最高出塁率:1906年 (.419)
  • 捕手最高守備率:1905年
  • リーグ優勝:2回(1904年、1905年)
  • ワールドシリーズ出場:1905年
  • 1試合2本のランニングホームランを、アメリカンリーグ(1902年5月30日)、ナショナルリーグ(1904年6月6日)の両方で記録した。

監督としての戦績[ソースを編集]

  • 所属:
セントルイス・カージナルス(1909年 - 1912年)
シカゴ・カブス(1915年)
  • 戦績:328勝432敗、勝率.432、リーグ最高順位:4位

エピソード[ソースを編集]

  • 相当後の話だが、親戚にあたるデーブ・ブレスナハン捕手は、メジャーに昇格するような実力はなかったが、あることで話題になった。インディアンス傘下の2Aウイリアムスポート・ビルズに所属していた1987年8月31日、この日チームは「ポテト・デー」と銘打ち、ジャガイモを持ってきた観客には入場料を割り引くサービスを行い、多数の観客を集めたが、その試合中、ブレスナハンは三塁に悪送球。走者がホームに帰ろうとしたところ、突如タッチ。レフト線に転がっていった物は実は「ジャガイモ」。もちろんこれは反則で走者はセーフとなったが、スタンドには大受け。後日監督がブレスナハンに罰金50ドルを命じたところ、50個のジャガイモを持参し、球団はブレスナハンを解雇した。これには抗議が殺到し球団は後日「ブレスナハン・デイ」を開催して、ブレスナハンの背番号59を永久欠番とした。そのセレモニーで、「かつてルー・ゲーリッグは、2000試合以上に連続出場して、3割4分以上の打率を残して永久欠番となり、『自分は世界で一番幸せな男だ』と言いましたが、自分はマイナーで2割ちょっとしか打てず、ポテトを投げただけで永久欠番になったのだから、世界で一番幸せな男よりも幸せだ」と語ったという[1]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

外部リンク[ソースを編集]