1968年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1968年のワールドシリーズ
チーム 勝数
デトロイト・タイガースAL 4
セントルイス・カージナルスNL 3
シリーズ情報
試合日程 10月2日–10日
観客動員 7試合合計:37万9670人
1試合平均:05万4239人
MVP ミッキー・ロリッチ(DET)
のちの殿堂表彰者 アル・ケーライン(DET外野手)
エディ・マシューズ(DET内野手)
レッド・ショーエンディーンスト(STL監督[注 1]
ルー・ブロック(STL外野手)
スティーブ・カールトン(STL投手)
オーランド・セペダ(STL内野手)
ボブ・ギブソン(STL投手)
ダグ・ハーヴェイ(審判員)
チーム情報
デトロイト・タイガース(DET)
シリーズ出場 23年ぶり08回目
GM ジム・キャンベル
監督 メイヨ・スミス
シーズン成績 103勝59敗・勝率.636
分配金 選手1人あたり1万0936.66ドル[1]
セントルイス・カージナルス(STL)
シリーズ出場 02年連続12回目
GM ビング・デバイン
監督 レッド・ショーエンディーンスト
シーズン成績 097勝65敗・勝率.599
分配金 選手1人あたり7078.71ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 NBC
ワールドシリーズ
 < 1967 1969 > 

1968年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第65回ワールドシリーズ(65th World Series)は、10月2日から10日にかけて計7試合が開催された。その結果、デトロイト・タイガースアメリカンリーグ)がセントルイス・カージナルスナショナルリーグ)を4勝3敗で下し、23年ぶり3回目の優勝を果たした。

両チームの対戦は、1934年以来34年ぶり2回目。第1戦ではカージナルスのボブ・ギブソンが17三振を奪い、サンディー・コーファックス1963年シリーズ第1戦で樹立していた1試合最多記録(15)を更新した[2]2019年現在もギブソンの記録は破られていない。しかしタイガースは、最終第7戦ではそのギブソンから4得点を挙げ、1勝3敗からの3連勝で逆転優勝を成し遂げた。シリーズMVPには、第2戦・第5戦・第7戦の3登板全てで完投勝利を挙げ防御率1.67という成績を残したタイガースのミッキー・ロリッチが選出された。

今シリーズではタイガース専属アナウンサーのアーニー・ハーウェルが、本拠地タイガー・スタジアム開催の3試合で試合前のアメリカ合衆国国歌星条旗』独唱を行う歌手の人選を球団に一任され、第3戦ではマーガレット・ホワイティングを、第4戦ではマーヴィン・ゲイを、第5戦ではホセ・フェリシアーノを招聘した[3]。このうち、フェリシアーノはアコースティック・ギター弾き語り形式で歌ったが、当時としては珍しい独特なアレンジを加えた独唱だったため、賛否両論を巻き起こした。独唱直後から球場や全米テレビ中継局のNBCに抗議の電話が殺到し、ハーウェルが職を失いかける一方で、RCAレコードはこの国歌をシングルとして発売し、Billboard Hot 100で最高50位に入っている[4]

試合結果[編集]

1968年のワールドシリーズは10月2日に開幕し、途中に移動日を挟んで9日間で7試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月02日(水) 第1戦 デトロイト・タイガース 0-4 セントルイス・カージナルス ブッシュ・メモリアル・
スタジアム
10月03日(木) 第2戦 デトロイト・タイガース 8-1 セントルイス・カージナルス
10月04日(金) 移動日
10月05日(土) 第3戦 セントルイス・カージナルス 7-3 デトロイト・タイガース タイガー・スタジアム
10月06日(日) 第4戦 セントルイス・カージナルス 10-1 デトロイト・タイガース
10月07日(月) 第5戦 セントルイス・カージナルス 3-5 デトロイト・タイガース
10月08日(火) 移動日
10月09日(水) 第6戦 デトロイト・タイガース 13-1 セントルイス・カージナルス ブッシュ・メモリアル・
スタジアム
10月10日(木) 第7戦 デトロイト・タイガース 4-1 セントルイス・カージナルス
優勝:デトロイト・タイガース(4勝3敗 / 23年ぶり3度目)

第1戦 10月2日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
ボブ・ギブソンの全17奪三振(2分11秒)
1回表、一塁走者ミッキー・スタンリーが盗塁を試みるもティム・マッカーバーが阻止(29秒)
7回裏、ルー・ブロックのソロ本塁打でカージナルスがリードを4点に広げる(46秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
デトロイト・タイガース 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 3
セントルイス・カージナルス 0 0 0 3 0 0 1 0 X 4 6 0
  1. : ボブ・ギブソン(1勝)  : デニー・マクレイン(1敗)  
  2. :  STL – ルー・ブロック1号ソロ
  3. 審判:球審…トム・ゴーマン(NL)、塁審…一塁: ジム・ホノチック(AL)、二塁: スタン・ランズ(NL)、三塁: ビル・キナモン(AL)、外審…左翼: ダグ・ハーヴェイ(NL)、右翼: ビル・ハラー(AL)
  4. 試合時間: 2時間29分 観客: 5万4692人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
デトロイト・タイガース セントルイス・カージナルス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・マコーリフ 1 L・ブロック
2 M・スタンリー 2 C・フラッド
3 A・ケーライン 3 R・マリス
4 N・キャッシュ 4 O・セペダ
5 W・ホートン 5 T・マッカーバー
6 J・ノースラップ 6 M・シャノン
7 B・フリーハン 7 J・ハビアー
8 D・ワート 8 D・マックスビル
9 D・マクレイン 9 B・ギブソン
先発投手 投球 先発投手 投球
D・マクレイン B・ギブソン

先発投手は、カージナルスが22勝9敗・防御率1.12のボブ・ギブソン、タイガースが31勝6敗・防御率1.96のデニー・マクレイン。両投手ともにシーズン終了後、それぞれのリーグでサイ・ヤング賞MVPを受賞することとなる。試合は4回裏にカージナルス打線がマクレインをとらえ、マイク・シャノンフリアン・ハビアーの連続適時打で3点を先制した。一方のギブソンは6回表に二死二・三塁とされるも、4番ノーム・キャッシュ三振に打ち取って危機を免れた。ギブソンは8回終了時点で毎回の14三振を奪い、さらに9回も続投する。この回は無死一塁からまず3番アル・ケーラインを三振に仕留め、1963年シリーズ第1戦サンディー・コーファックスが樹立した1試合奪三振数のシリーズ最多記録に並ぶと、続く4番キャッシュも三振させて記録を更新し、最後は5番ウィリー・ホートンの見逃し三振で記録を17まで伸ばすとともに、3者連続三振で試合を締めくくった。

第2戦 10月3日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
3回表、先発投手ミッキー・ロリッチがソロ本塁打を放ち自らへの援護点を追加(50秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
デトロイト・タイガース 0 1 1 0 0 3 1 0 2 8 13 1
セントルイス・カージナルス 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 6 1
  1. : ミッキー・ロリッチ(1勝)  : ネルソン・ブライルズ(1敗)  
  2. :  DET – ウィリー・ホートン1号ソロ、ミッキー・ロリッチ1号ソロ、ノーム・キャッシュ1号ソロ
  3. 審判:球審…ジム・ホノチック(AL)、塁審…一塁: スタン・ランズ(NL)、二塁: ビル・キナモン(AL)、三塁: ダグ・ハーヴェイ(NL)、外審…左翼: ビル・ハラー(AL)、右翼: トム・ゴーマン(NL)
  4. 試合時間: 2時間41分 観客: 5万4692人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
デトロイト・タイガース セントルイス・カージナルス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・マコーリフ 1 L・ブロック
2 M・スタンリー 2 J・ハビアー
3 A・ケーライン 3 C・フラッド
4 N・キャッシュ 4 O・セペダ
5 W・ホートン 5 M・シャノン
6 J・ノースラップ 6 T・マッカーバー
7 B・フリーハン 7 R・デービス
8 D・ワート 8 D・マックスビル
9 M・ロリッチ 9 N・ブライルズ
先発投手 投球 先発投手 投球
M・ロリッチ N・ブライルズ

タイガースは2回表にウィリー・ホートンのソロ本塁打で先制すると、3回表にはレギュラーシーズン本塁打ゼロの先発投手ミッキー・ロリッチにもソロ本塁打が出て、2-0とする。6回表には前日3三振の4番ノーム・キャッシュがソロ本塁打を放つなど、カージナルスの先発投手ネルソン・ブライルズをイニング途中での降板に追い込む。タイガースはこの回さらに、2番手スティーブ・カールトンから二死満塁という場面を作り、1番ディック・マコーリフの中前打で2点を追加した。カージナルスがその裏にオーランド・セペダの適時打で1点を返したものの、タイガースは直後の7回表に1点を加えたうえ、9回表にも二死満塁からの2者連続押し出し四球で7点差に突き放した。大量の援護に恵まれたロリッチが1失点完投勝利を挙げ、タイガースが1勝1敗とした。

第3戦 10月5日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
セントルイス・カージナルス 0 0 0 0 4 0 3 0 0 7 13 0
デトロイト・タイガース 0 0 2 0 1 0 0 0 0 3 4 0
  1. : レイ・ウォッシュバーン(1勝)  : アール・ウィルソン(1敗)  S: ジョー・エルネ(1S)[注 2]  
  2. :  STL – ティム・マッカーバー1号3ラン、オーランド・セペダ1号3ラン  DET – アル・ケーライン1号2ラン、ディック・マコーリフ1号ソロ
  3. 審判:球審…スタン・ランズ(NL)、塁審…一塁: ビル・キナモン(AL)、二塁: ダグ・ハーヴェイ(NL)、三塁: ビル・ハラー(AL)、外審…左翼: トム・ゴーマン(NL)、右翼: ジム・ホノチック(AL)
  4. 試合時間: 3時間17分 観客: 5万3634人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
セントルイス・カージナルス デトロイト・タイガース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 L・ブロック 1 D・マコーリフ
2 C・フラッド 2 M・スタンリー
3 R・マリス 3 A・ケーライン
4 O・セペダ 4 N・キャッシュ
5 T・マッカーバー 5 W・ホートン
6 M・シャノン 6 J・ノースラップ
7 J・ハビアー 7 B・フリーハン
8 D・マックスビル 8 D・ワート
9 R・ウォッシュバーン 9 E・ウィルソン
先発投手 投球 先発投手 投球
R・ウォッシュバーン E・ウィルソン

タイガースの本拠地タイガー・スタジアムに舞台を移して行われた第3戦は、3回裏にタイガースがアル・ケーラインの2点本塁打で先制する。しかしカージナルスは5回表にカート・フラッドの適時打で1点を返すと、なおも一死一・二塁からティム・マッカーバーが右翼へ3点本塁打を放ち逆転した。タイガースはその裏、ディック・マコーリフのソロ本塁打で1点差に追い上げるが、カージナルスは7回表無死二・三塁からオーランド・セペダに3点本塁打が出て、点差を4点に広げた。6回途中から登板のジョー・エルネが、試合終了まで3.2イニングで1被安打とタイガース打線を抑え、カージナルスが2勝目を挙げた。

第4戦 10月6日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
マーヴィン・ゲイによる試合前のアメリカ合衆国国歌『星条旗』独唱(2分9秒)
4回表、先発投手ボブ・ギブソンのソロ本塁打でカージナルスが5点目を挙げる(41秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
セントルイス・カージナルス 2 0 2 2 0 0 0 4 0 10 13 0
デトロイト・タイガース 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 5 4
  1. : ボブ・ギブソン(2勝)  : デニー・マクレイン(2敗)  
  2. :  STL – ルー・ブロック2号ソロ、ボブ・ギブソン1号ソロ  DET – ジム・ノースラップ1号ソロ
  3. 審判:球審…ビル・キナモン(AL)、塁審…一塁: ダグ・ハーヴェイ(NL)、二塁: ビル・ハラー(AL)、三塁: トム・ゴーマン(NL)、外審…左翼: ジム・ホノチック(AL)、右翼: スタン・ランズ(NL)
  4. 試合時間: 2時間34分 観客: 5万3634人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
セントルイス・カージナルス デトロイト・タイガース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 L・ブロック 1 D・マコーリフ
2 C・フラッド 2 M・スタンリー
3 R・マリス 3 A・ケーライン
4 O・セペダ 4 N・キャッシュ
5 T・マッカーバー 5 W・ホートン
6 M・シャノン 6 J・ノースラップ
7 J・ハビアー 7 E・マシューズ
8 D・マックスビル 8 B・フリーハン
9 B・ギブソン 9 D・マクレイン
先発投手 投球 先発投手 投球
B・ギブソン D・マクレイン

第1戦に続きボブ・ギブソンデニー・マクレインの先発で始まったが、マクレインは初回先頭打者のルー・ブロックにいきなりソロ本塁打を浴び、さらにマイク・シャノンの適時打で2点目を失う。マクレインは3回表にもティム・マッカーバーとシャノンに連続適時打を打たれ、この回途中での降板を余儀なくされる。カージナルスは4回にギブソンのシリーズ2年連続となる本塁打などで2点を追加すると、8回には無死満塁から押し出しのあと、ブロックに走者一掃の二塁打が出て、得点を2桁に乗せた。ギブソンは4回裏にジム・ノースラップのソロ本塁打で1点を失ったものの、失点をそれだけにとどめて10奪三振で完投し、カージナルスが敵地で優勝に王手をかけた。

第5戦 10月7日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
ホセ・フェリシアーノによる試合前のアメリカ合衆国国歌『星条旗』独唱(1分59秒)
4回裏、先頭打者ミッキー・スタンリーが三塁打で出塁(33秒)
5回表一死二塁、フリアン・ハビアーの左前打で二塁走者ルー・ブロックが生還を試みるも、左翼手ウィリー・ホートンの返球に阻まれる(1分6秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
セントルイス・カージナルス 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 9 0
デトロイト・タイガース 0 0 0 2 0 0 3 0 X 5 9 1
  1. : ミッキー・ロリッチ(2勝)  : ジョー・エルネ(1敗1S)  
  2. :  STL – オーランド・セペダ2号2ラン
  3. 審判:球審…ダグ・ハーヴェイ(NL)、塁審…一塁: ビル・ハラー(AL)、二塁: トム・ゴーマン(NL)、三塁: ジム・ホノチック(AL)、外審…左翼: スタン・ランズ(NL)、右翼: ビル・キナモン(AL)
  4. 試合時間: 2時間43分 観客: 5万3634人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
セントルイス・カージナルス デトロイト・タイガース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 L・ブロック 1 D・マコーリフ
2 J・ハビアー 2 M・スタンリー
3 C・フラッド 3 A・ケーライン
4 O・セペダ 4 N・キャッシュ
5 M・シャノン 5 W・ホートン
6 T・マッカーバー 6 J・ノースラップ
7 R・デービス 7 B・フリーハン
8 D・マックスビル 8 D・ワート
9 N・ブライルズ 9 M・ロリッチ
先発投手 投球 先発投手 投球
N・ブライルズ M・ロリッチ

後がないタイガースはミッキー・ロリッチを先発させるが、初回からカート・フラッドの適時打とオーランド・セペダの2点本塁打で3点を追う展開に。タイガース打線は4回裏に相手先発ネルソン・ブライルズをとらえ、ノーム・キャッシュ犠牲フライジム・ノースラップの適時打で1点差に追い上げる。5回表、カージナルスは一死二塁からフリアン・ハビアーの左前打で二塁走者ルー・ブロックが本塁を突くが、タイガースは左翼手ウィリー・ホートンの返球と捕手ビル・フリーハンのブロックでアウトにした。7回裏、タイガースは2番手ジョー・エルネを攻め、一死満塁から3番アル・ケーラインの中前打で2走者を還して逆転、さらに続く4番キャッシュにも適時打が出て5-3とする。ロリッチは9回表に一死一・二塁の危機を迎えるが、代打ロジャー・マリスを三振に打ち取ると、最後はブロックを投ゴロに仕留めて完投、タイガースが踏みとどまった。

第6戦 10月9日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
3回表、タイガース打線がジム・ノースラップの満塁本塁打などで一挙10得点(3分26秒)
5回表、アル・ケーラインがソロ本塁打が放ちタイガースのリードは13点に(42秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
デトロイト・タイガース 0 2 10 0 1 0 0 0 0 13 12 1
セントルイス・カージナルス 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 9 1
  1. : デニー・マクレイン(1勝2敗)  : レイ・ウォッシュバーン(1勝1敗)  
  2. :  DET – ジム・ノースラップ2号満塁、アル・ケーライン2号ソロ
  3. 審判:球審…ビル・ハラー(AL)、塁審…一塁: トム・ゴーマン(NL)、二塁: ジム・ホノチック(AL)、三塁: スタン・ランズ(NL)、外審…左翼: ビル・キナモン(AL)、右翼: ダグ・ハーヴェイ(NL)
  4. 試合時間: 2時間26分 観客: 5万4692人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
デトロイト・タイガース セントルイス・カージナルス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・マコーリフ 1 L・ブロック
2 M・スタンリー 2 C・フラッド
3 A・ケーライン 3 R・マリス
4 N・キャッシュ 4 O・セペダ
5 W・ホートン 5 T・マッカーバー
6 J・ノースラップ 6 M・シャノン
7 B・フリーハン 7 J・ハビアー
8 D・ワート 8 D・マックスビル
9 D・マクレイン 9 R・ウォッシュバーン
先発投手 投球 先発投手 投球
D・マクレイン R・ウォッシュバーン

タイガースはこの日、相手先発レイ・ウォッシュバーンを序盤から打ち崩す。2回表にウィリー・ホートンビル・フリーハンの適時打で2点を先制、3回表にも無死一・二塁からアル・ケーラインの適時打で1点を加え、ウォッシュバーンを降板させる。2番手ラリー・ジャスターからも1点を奪い、なおも無死満塁とすると、レギュラーシーズン満塁本塁打4本のジム・ノースラップがここでも満塁本塁打を放った。この回、タイガースは打者15人で10点を挙げた。タイガース先発のデニー・マクレインは第4戦から中2日での登板ながら、9回裏にフリアン・ハビアーの適時打で1点を失ったのみの完投を果たし、タイガースが連勝で3勝3敗のタイに持ち込んだ。

第7戦 10月10日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
7回表、ジム・ノースラップの2点三塁打でタイガースが先制(38秒)
続くビル・フリーハンの二塁打で三塁走者ノースラップも生還(37秒)
9回裏、ミッキー・ロリッチがティム・マッカーバーを捕邪飛に打ち取り完投、タイガースの優勝が決定(1分8秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
デトロイト・タイガース 0 0 0 0 0 0 3 0 1 4 8 1
セントルイス・カージナルス 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 5 0
  1. : ミッキー・ロリッチ(3勝)  : ボブ・ギブソン(2勝1敗)  
  2. :  STL – マイク・シャノン1号ソロ
  3. 審判:球審…トム・ゴーマン(NL)、塁審…一塁: ジム・ホノチック(AL)、二塁: スタン・ランズ(NL)、三塁: ビル・キナモン(AL)、外審…左翼: ダグ・ハーヴェイ(NL)、右翼: ビル・ハラー(AL)
  4. 試合時間: 2時間7分 観客: 5万4692人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
デトロイト・タイガース セントルイス・カージナルス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・マコーリフ 1 L・ブロック
2 M・スタンリー 2 J・ハビアー
3 A・ケーライン 3 C・フラッド
4 N・キャッシュ 4 O・セペダ
5 W・ホートン 5 M・シャノン
6 J・ノースラップ 6 T・マッカーバー
7 B・フリーハン 7 R・マリス
8 D・ワート 8 D・マックスビル
9 M・ロリッチ 9 B・ギブソン
先発投手 投球 先発投手 投球
M・ロリッチ B・ギブソン

先発投手は今シリーズともに2勝のボブ・ギブソンミッキー・ロリッチ。ギブソンは6回終了時点で被出塁が内野安打1本だけと好投を続ける。一方、第5戦から中2日で登板のロリッチは、初回に二死一・二塁の危機を切り抜けると、2回・5回・6回にも先頭打者の出塁を許した。だが2回裏は7番ロジャー・マリスを遊ゴロ併殺に仕留め、6回裏にはルー・ブロックカート・フラッドをいずれも牽制で刺すなど、こちらも無失点のままイニングを重ねた。7回表、タイガースは二死からノーム・キャッシュウィリー・ホートンの連打で一・二塁とし、6番ジム・ノースラップが中堅方向へ飛球を放つ。この打球を中堅手フラッドが一瞬見失ったため頭上を越され、三塁打となって2者が生還、タイガースが先制点を挙げた。さらに続くビル・フリーハン二塁打でノースラップも還り1点を追加、9回にもドン・ワートの適時打で4-0とする。その裏、カージナルスは二死からマイク・シャノンのソロ本塁打で1点を返したが、ロリッチが6番ティム・マッカーバーを捕邪飛に打ち取って完投で試合終了。タイガースが1勝3敗からの逆転で、23年ぶりにワールドシリーズを制した。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 殿堂入りは監督としてではなく、二塁手としての功績が評価されてのもの。
  2. ^ MLBにおいてセーブが公式記録となったのは1969年のことである。そのため、今シリーズでのセーブは参考記録である。

出典[編集]

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2019年1月3日閲覧。
  2. ^ David Adler, "Pitchers with most K's in postseason game / Best playoff performances include aces Gibson, Koufax, Clemens, Lincecum," MLB.com, October 23, 2018. 2019年1月3日閲覧。
  3. ^ Bill Haney, "Ernie Harwell's role in a notorious anthem," Detroit Free Press, September 25, 2014. 2019年1月3日閲覧。
  4. ^ Alice George, "For 50 Years, José Feliciano’s Version of the National Anthem Has Given Voice to Immigrant Pride," Smithsonian, June 15, 2018. 2019年1月3日閲覧。

外部リンク[編集]