コメリカ・パーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コメリカ・パーク
Comerica Park
コメリカ・パーク
施設データ
所在地 2100 Woodward Ave.
Detroit, Michigan 48216
起工 1997年10月29日
開場 2000年4月11日
所有者 Detroit-Wayne County
Stadium Authority
グラウンド 天然芝
建設費 3億ドル
(タイガース:1億8500万ドル、
デトロイト市:1億1500万ドル)
設計者 HOK Sport 、 SHG, Inc.
建設者 Huber,Hunt & Nichols Inc.
Turner Construction Inc.
White Construction Co.
使用チーム • 開催試合
デトロイト・タイガースMLB)(2000年 - 現在)
収容能力
41,070人
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 345 ft(約105.2 m)
左中間 - 370 ft (約112.8 m)
中堅 - 420 ft (約128.0 m)
右中間 - 365 ft (約111.3 m)
右翼 - 330 ft (約100.6 m)
フェンス 右中間 - 11 ft (約3.4 m)
その他 - 8 ft (約2.4 m)

コメリカ・パークComerica Park)は、アメリカミシガン州デトロイトにある野球場MLBデトロイト・タイガースの本拠地である。

タイガー・スタジアムの老朽化や駐車場の狭さが問題となったため、デトロイトのダウンタウン再開発の一環として新本拠地として建設された。コメリカ銀行ネーミングライツを30年6600万ドルで買い取り、球場名は「コメリカ・パーク」となった。

NFLデトロイト・ライオンズの本拠地であるフォード・フィールドが隣接し、NHLデトロイト・レッドウィングスの本拠地ジョー・ルイス・アリーナも近くに位置している。

フィールドの特徴[編集]

大リーグの本拠地球場の中で、外野が最も広い球場の一つ。三塁打が多く本塁打が出にくい。球場オープンから3試合本塁打が出なかったが、これは1990年以降にオープンした大リーグの球場では初めてのことだった。余りに広かったため、2003年シーズン終了後に左中間を395フィート(約120.4メートル)から370フィート(約112.8メートル)へと変更した。

タイガー・スタジアムからの伝統として、フェアグラウンド内の中堅フェンス手前にフラッグ・ポールが立っていたが、前述の通り左中間フェンスを手前に出したため、今はフェンスの奥にある。また、ホームプレートはタイガー・スタジアムで使用されていたものを引き続き使っている。

ブルペンは右翼フェンス後方に2段式(上段がビジターチーム用、下段がタイガース用)で備えられていたが、2005年シーズン終了後に左翼フェンス後方、かつてのフェンスと2003年シーズン終了後に前に出した新たなフェンスとの間へ移動した。右翼のブルペン跡には950の座席が新たに設けられた。

設備、アトラクション、演出[編集]

「タイガース」の本拠地ということで、場内の至る所にの像がある。左翼スタンド後方のスコアボードの上にある2頭の虎の像は、タイガースの選手がホームランを打つと目が緑色に光る。また、一塁側スタンド裏には回転木馬ならぬ回転木“ビッグ・キャット・コート”がある。 「コメリカ・パーク」をホームグラウンドとする「タイガース」が3塁側を使用し、1塁側をビジター(遠征)チームが使用する。

主要な出来事[編集]

コメリカ・パーク


メイン・エントランス
ワールドシリーズ開催:2006年

外部リンク[編集]

前本拠地:
タイガー・スタジアム
1912 - 1999
デトロイト・タイガースの本拠地
2000 - 現在
次本拠地:
n/a
-
先代:
ミニッツ・メイド・パーク
MLBオールスターゲーム開催場
第76回(2005年
次代:
PNCパーク