1974年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1974年のワールドシリーズ
チーム 勝数
オークランド・アスレチックスAL 4
ロサンゼルス・ドジャースNL 1
シリーズ情報
試合日程 10月12日–17日
観客動員 5試合合計:26万0004人
1試合平均:05万2001人
MVP ローリー・フィンガーズ(OAK)
ALCS OAK 3–1 BAL
NLCS LAD 3–1 PIT
殿堂表彰者 ローリー・フィンガーズ(OAK投手)
キャットフィッシュ・ハンター(OAK投手)
レジー・ジャクソン(OAK外野手)
ウォルター・オルストン(LAD監督)
トミー・ラソーダ(LADコーチ)
ドン・サットン(LAD投手)
ダグ・ハーヴェイ(審判員)
チーム情報
オークランド・アスレチックス(OAK)
シリーズ出場 3年連続11回目
GM チャーリー・O・フィンリー
監督 アルヴィン・ダーク
シーズン成績 090勝72敗・勝率.556
AL西地区優勝
分配金 選手1人あたり2万2219.09ドル[1]
ロサンゼルス・ドジャース(LAD)
シリーズ出場 8年ぶり14回目
GM アル・キャンパニス
監督 ウォルター・オルストン
シーズン成績 102勝60敗・勝率.630
NL西地区優勝
分配金 選手1人あたり1万5703.96ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 NBC
実況 カート・ガウディ
解説 トニー・クーベック(全試合)
ビン・スカリー(第1・2戦)
モンテ・ムーア(第3・4・5戦)
平均視聴率 25.6%(前年比5.1ポイント下降)[2]
ワールドシリーズ
 < 1973 1975 > 

1974年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第71回ワールドシリーズ(71st World Series)は、10月12日から17日にかけて計5試合が開催された。その結果、オークランド・アスレチックスアメリカンリーグ)がロサンゼルス・ドジャースナショナルリーグ)を4勝1敗で下し、3年連続8回目の優勝を果たした。

両チームの対戦はシリーズ史上初めて。また、カリフォルニア州を本拠地とする球団どうしの対戦も初めてだった[3]。アスレチックスのシリーズ3連覇は、1936年1939年および1949年1953年ニューヨーク・ヤンキースに次ぐ、史上2球団目・3例目の記録である[4]シリーズMVPには、第5戦の最後を2イニング無失点で締めて優勝決定のセーブを挙げるなど、4試合9.1イニングで1勝2セーブ・防御率1.93という成績を残したアスレチックスのローリー・フィンガーズが選出された。

MLBにおいて指名打者(DH)制度は、1973年にアメリカンリーグでのみ導入された。しかしワールドシリーズでは、同年から1975年までの3年間、DH制は一切採用されていない[5]

試合結果[編集]

1974年のワールドシリーズは10月12日に開幕し、途中に移動日を挟んで6日間で5試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月12日(土) 第1戦 オークランド・アスレチックス 3-2 ロサンゼルス・ドジャース ドジャー・スタジアム
10月13日(日) 第2戦 オークランド・アスレチックス 2-3 ロサンゼルス・ドジャース
10月14日(月) 移動日
10月15日(火) 第3戦 ロサンゼルス・ドジャース 2-3 オークランド・アスレチックス オークランド・アラメダ・
カウンティ・コロシアム
10月16日(水) 第4戦 ロサンゼルス・ドジャース 2-5 オークランド・アスレチックス
10月17日(木) 第5戦 ロサンゼルス・ドジャース 2-3 オークランド・アスレチックス
優勝:オークランド・アスレチックス(4勝1敗 / 3年連続8度目)

第1戦 10月12日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
8回表、レジー・ジャクソンの右飛で三塁走者サル・バンドーがタッチアップするも、右翼手ジョー・ファーガソンが好返球で得点を阻止し併殺に(1分10秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オークランド・アスレチックス 0 1 0 0 1 0 0 1 0 3 6 2
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2 11 1
  1. : ローリー・フィンガーズ(1勝)  : アンディ・メサースミス(1敗)  S: キャットフィッシュ・ハンター(1S)  
  2. :  OAK – レジー・ジャクソン1号ソロ  LAD – ジミー・ウィン1号ソロ
  3. 審判:球審…トム・ゴーマン(NL)、塁審…一塁: ビル・カンケル(AL)、二塁: ダグ・ハーヴェイ(NL)、三塁: ドン・デンキンガー(AL)、外審…左翼: アンディ・オルセン(NL)、右翼: ロン・ルチアーノ(AL)
  4. 試合時間: 2時間43分 観客: 5万5974人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
オークランド・アスレチックス ロサンゼルス・ドジャース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 B・キャンパネリス 1 D・ロープス
2 B・ノース 2 B・バックナー
3 S・バンドー 3 J・ウィン
4 R・ジャクソン 4 S・ガービー
5 J・ルディ 5 J・ファーガソン
6 G・テナス 6 R・セイ
7 R・フォッシー 7 B・ラッセル
8 D・グリーン 8 S・イェーガー
9 K・ホルツマン 9 A・メサースミス
先発投手 投球 先発投手 投球
K・ホルツマン A・メサースミス

第2戦 10月13日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
9回表、同点の一塁走者ハーブ・ワシントンをマイク・マーシャルが牽制でアウトに仕留める(1分52秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オークランド・アスレチックス 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 6 0
ロサンゼルス・ドジャース 0 1 0 0 0 2 0 0 X 3 6 1
  1. : ドン・サットン(1勝)  : ヴァイダ・ブルー(1敗)  S: マイク・マーシャル(1S)  
  2. :  LAD – ジョー・ファーガソン1号2ラン
  3. 審判:球審…ビル・カンケル(AL)、塁審…一塁: ダグ・ハーヴェイ(NL)、二塁: ドン・デンキンガー(AL)、三塁: アンディ・オルセン(NL)、外審…左翼: ロン・ルチアーノ(AL)、右翼: トム・ゴーマン(NL)
  4. 試合時間: 2時間40分 観客: 5万5989人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
オークランド・アスレチックス ロサンゼルス・ドジャース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 B・キャンパネリス 1 D・ロープス
2 B・ノース 2 B・バックナー
3 S・バンドー 3 J・ウィン
4 R・ジャクソン 4 S・ガービー
5 J・ルディ 5 J・ファーガソン
6 G・テナス 6 R・セイ
7 R・フォッシー 7 B・ラッセル
8 D・グリーン 8 S・イェーガー
9 V・ブルー 9 D・サットン
先発投手 投球 先発投手 投球
V・ブルー D・サットン

第3戦 10月15日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2 7 2
オークランド・アスレチックス 0 0 2 1 0 0 0 0 X 3 5 2
  1. : キャットフィッシュ・ハンター(1勝1S)  : アル・ダウニング(1敗)  
  2. :  LAD – ビル・バックナー1号ソロ、ウィリー・クロフォード1号ソロ
  3. 審判:球審…ダグ・ハーヴェイ(NL)、塁審…一塁: ドン・デンキンガー(AL)、二塁: アンディ・オルセン(NL)、三塁: ロン・ルチアーノ(AL)、外審…左翼: トム・ゴーマン(NL)、右翼: ビル・カンケル(AL)
  4. 試合時間: 2時間35分 観客: 4万9347人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース オークランド・アスレチックス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・ロープス 1 B・ノース
2 B・バックナー 2 B・キャンパネリス
3 J・ウィン 3 S・バンドー
4 S・ガービー 4 R・ジャクソン
5 W・クロフォード 5 J・ルディ
6 J・ファーガソン 6 G・テナス
7 R・セイ 7 R・フォッシー
8 B・ラッセル 8 D・グリーン
9 A・ダウニング 9 C・ハンター
先発投手 投球 先発投手 投球
A・ダウニング C・ハンター

第4戦 10月16日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
3回裏、先発投手ケン・ホルツマンが先制ソロ本塁打を放ち自らを援護(1分7秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 7 1
オークランド・アスレチックス 0 0 1 0 0 4 0 0 X 5 7 0
  1. : ケン・ホルツマン(1勝)  : アンディ・メサースミス(2敗)  S: ローリー・フィンガーズ(1勝1S)  
  2. :  OAK – ケン・ホルツマン1号ソロ
  3. 審判:球審…ドン・デンキンガー(AL)、塁審…一塁: アンディ・オルセン(NL)、二塁: ロン・ルチアーノ(AL)、三塁: トム・ゴーマン(NL)、外審…左翼: ビル・カンケル(AL)、右翼: ダグ・ハーヴェイ(NL)
  4. 試合時間: 2時間17分 観客: 4万9347人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース オークランド・アスレチックス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・ロープス 1 B・キャンパネリス
2 B・バックナー 2 B・ノース
3 J・ウィン 3 S・バンドー
4 S・ガービー 4 R・ジャクソン
5 J・ファーガソン 5 J・ルディ
6 R・セイ 6 C・ワシントン
7 B・ラッセル 7 R・フォッシー
8 S・イェーガー 8 D・グリーン
9 A・メサースミス 9 K・ホルツマン
先発投手 投球 先発投手 投球
A・メサースミス K・ホルツマン

第5戦 10月17日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
7回裏、ジョー・ルディのソロ本塁打でアスレチックスが1点を勝ち越し(58秒)
8回表、先頭打者ビル・バックナーの中前打を中堅手ビル・ノースが後逸し、バックナーは三塁進塁を狙うも中継プレイに刺される(1分5秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 5 1
オークランド・アスレチックス 1 1 0 0 0 0 1 0 X 3 6 1
  1. : ブルームーン・オドム(1勝)  : マイク・マーシャル(1敗1S)  S: ローリー・フィンガーズ(1勝2S)  
  2. :  OAK – レイ・フォッシー1号ソロ、ジョー・ルディ1号ソロ
  3. 審判:球審…アンディ・オルセン(NL)、塁審…一塁: ロン・ルチアーノ(AL)、二塁: トム・ゴーマン(NL)、三塁: ビル・カンケル(AL)、外審…左翼: ダグ・ハーヴェイ(NL)、右翼: ドン・デンキンガー(AL)
  4. 試合時間: 2時間23分 観客: 4万9347人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース オークランド・アスレチックス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・ロープス 1 B・キャンパネリス
2 B・バックナー 2 B・ノース
3 J・ウィン 3 S・バンドー
4 S・ガービー 4 R・ジャクソン
5 J・ファーガソン 5 J・ルディ
6 R・セイ 6 C・ワシントン
7 B・ラッセル 7 R・フォッシー
8 S・イェーガー 8 D・グリーン
9 D・サットン 9 V・ブルー
先発投手 投球 先発投手 投球
D・サットン V・ブルー

脚注[編集]

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2019年9月17日閲覧。
  2. ^ "World Series Television Ratings," Baseball Almanac. 2019年9月17日閲覧。
  3. ^ Joseph Durso, Special To the New York Times, "THE WORLD SERIES; Gibson Crashes Athletics' Victory Party," The New York Times, October 16, 1988. 2019年9月17日閲覧。
  4. ^ Sam McPherson, "Great Moments In Baseball History: The 1974 A’s Beat Dodgers To Win Third Straight World Series Title," CBS Sacramento, May 21, 2015. 2019年9月17日閲覧。
  5. ^ John Cronin, "The Historical Evolution of the Designated Hitter Rule," Society for American Baseball Research, 2016. 2019年9月17日閲覧。

外部リンク[編集]