デイビー・ロープス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デイビー・ロープス
Davey Lopes
Davey Lopes 2013.jpg
ドジャースでのコーチ時代(2013年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ロードアイランド州プロビデンス郡イーストプロビデンス
生年月日 (1945-05-03) 1945年5月3日(74歳)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1968年 MLBドラフト2巡目(全体26位)でロサンゼルス・ドジャースから指名
初出場 1972年9月22日
最終出場 1987年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

デイビー・アール・ロープスDavid Earl Lopes, 1945年5月3日 - )は、アメリカ合衆国ロードアイランド州プロビデンス郡イーストプロビデンス出身の元プロ野球選手二塁手)、野球指導者。右投右打。

経歴[編集]

1967年MLBドラフト8巡目(全体157位)でサンフランシスコ・ジャイアンツから指名を受けるもこれを拒否、契約には至らず。翌1968年MLBドラフト2巡目(全体26位)でロサンゼルス・ドジャースから指名を受け、プロ入り。

ロープスは比較的遅咲きの選手で[1]、メジャーデビューを果たしたのは5年目の1972年、27歳の時であった。マイナーリーグAAA級で104試合に出場の上、.317の高打率を残すとメジャーに昇格。9月22日の対ジャイアンツ戦において「1番・二塁手」で先発起用され、5打数安打の結果でデビュー戦を終えた。しかし、翌23日は3個の四球を選び、キャリア初盗塁を決めている。更に、24日にはジム・バー英語版投手から初安打となるライト前ヒットを放ち、初得点も挙げている[2]。ルーキー・イヤーは出場11試合、打率.214、4盗塁の成績でシーズンを終えた。

1973年は開幕戦からベンチ入りし、当初は代打代走守備固め等の途中出場が主な使われ方であったが、4月22日に「8番・二塁手」で先発出場すると、5月2日からは1番に抜擢[3]。以後「1番・二塁手」の座を堅守、142試合に出場して147安打を放ち、36個の盗塁を決めるなど、ルーキー・オブ・ザ・イヤー投票の6位にランクイン。レギュラー2年目の1974年には、8月20日シカゴ・カブス戦で球団レコードの15塁打を放ち(内訳は3本塁打・1二塁打・1単打、チーム全体の48塁打も球団レコード)[4]、24日のセントルイス・カージナルス戦では5盗塁を決めるなど(ナショナルリーグ・タイ記録[5])、多面的な攻撃能力を実証している[1]

メジャー4年目の1975年、30歳を迎えたロープスは自己最多の155試合に出場の上、キャリアハイの77盗塁を決めて盗塁王に輝いた。更に、8月9日には32個目の連続盗塁を成功させ、マックス・キャリー1922年に打ち立てたメジャー・レコードを53年ぶりに塗り替えた[4]。その後、24日にモントリオール・エクスポズゲイリー・カーター捕手に刺されて記録は途絶えたものの、ロープスは38回まで数字を伸ばした[4]。加えて108得点(リーグ3位)、91四球(同5位)、255出塁(同7位)をマークするなど、走塁能力と出塁能力両面において才気を煥発した。更に、翌1976年も63盗塁で2年連続盗塁王に輝いている。

1978年は出場151試合、打率.278、17本塁打、58打点、出塁率.355、45盗塁(3位)、93得点(6位)の好成績を挙げ、MVP投票の16位にランクされた他、ゴールドグラブ賞を受賞し、MLBオールスターゲームに初選出された。なお、ロープスはこの年から1981年まで4年連続でオールスター出場を果たしている。ニューヨーク・ヤンキースとのワールドシリーズでは、6試合に出場して3本塁打・7打点を叩き出したがチームは敗退。34歳になる翌1979年も153試合に出場して打率.265、28本塁打(8位)、73打点出塁率.372、OPS.836、44盗塁(3位)、97四球(3位)、255出塁(7位)、109得点(3位)、RC113(8位)の好成績を収めた。ナ・リーグの二塁手で28本塁打を放ったのはロープスとロジャース・ホーンスビーデーブ・ジョンソンジェフ・ケントライン・サンドバーグフアン・サミュエルチェイス・アトリーダン・アグラのみであり[6]、この1979年がロープスのキャリア・イヤー、ベスト・シーズンと考えられている[1][7]。更に、野球ライター兼野球史研究家・野球統計学専門家であるビル・ジェームズによれば、ゴールドグラブ賞受賞は前年ではなく本年の方がより相応しい、と述べている[7]

プロ14年目、メジャー10年目の1981年は58試合の出場に留まり、バッティングに関しても.206の低打率に終わった。ポストシーズンでは10盗塁をマークするも、当時21歳の新鋭スティーブ・サックスが順調に成長を続けていたことから、既に36歳になっていたロープスはオークランド・アスレチックスへと放出されることになった[1]。なお、ロープスの後継者[4]に指名されたサックスは、翌1982年に「1番・二塁手」のレギュラーに収まり、150試合に出場の上、打率.282、49盗塁の数字を残し、オールスター選出とルーキー・オブ・ザ・イヤー受賞を遂げている。

ドジャース時代のロープスは一番打者であったが、アスレチックス移籍1年目の82年は、主に六・七番の下位打線を務めることが多くなった[8]。この年、メジャー4年目で当時23歳のリッキー・ヘンダーソンがシーズン130盗塁のメジャー・レコードを樹立、ロープスも28盗塁をマークして、二人だけで158個の塁を盗んだ[1]。ヘンダーソンは以後も盗塁数を積み上げ、通算1406盗塁の金字塔を打ち建てたが、「バッテリーの配球と球種を先読みして走るスキルはデービーに習ったんだ」と後に回顧している[9]。以後、ロープスはシカゴ・カブスヒューストン・アストロズを渡り歩き、1987年オフに戦力外通告を受け引退。なお、40歳になる1985年は47盗塁、翌1986年には25盗塁と、晩年まで出群のスピードとクイックネスを維持していた[10]

1988年以降はテキサス・レンジャーズボルチモア・オリオールズサンディエゴ・パドレスの一塁コーチ、ベンチコーチを歴任。1999年11月4日ミルウォーキー・ブルワーズ監督に就任、翌2000年から2002年までの成績は144勝195敗(勝率.425)。同年4月18日、15ゲームを消化した時点で解雇され、ジェリー・ロイスター・コーチが監督代行になった[4]2003年から2005年まではパドレス、2006年ワシントン・ナショナルズの一塁コーチを勤め上げ、同年10月16日フィラデルフィア・フィリーズの一塁コーチ兼外野守備/走塁インストラクターに着任し、2010年まで在籍。2011年より5年間ドジャースの一塁コーチを務め、2016年より2年間ナショナルズの一塁コーチを務めた。

選手としての特徴[編集]

スピードとパワーを兼備する多面的攻撃型プレーヤーであり、主に一番打者として活躍した[11][1]。そして、16シーズンに及ぶ現役生活において通算557盗塁、成功率83パーセントの数字を刻み、「MLB史上有数のベスト・ベース・スティーラー」と評される[1]。なお、ロープスはバッティンググローブをほとんど着用せず、もっぱら出塁した時に限り手袋をはめていた[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1972 LAD 11 49 42 6 9 4 0 0 13 1 4 0 0 0 7 0 0 6 1 .214 .327 .310 .636
1973 142 615 535 77 147 13 5 6 188 37 36 16 7 6 62 6 5 77 14 .275 .352 .351 .703
1974 145 613 530 95 141 26 3 10 203 35 59 18 10 3 66 3 4 71 10 .266 .350 .383 .733
1975 155 726 618 108 162 24 6 8 222 41 77 12 13 2 91 3 2 93 4 .262 .358 .359 .717
1976 117 491 427 72 103 17 7 4 146 20 63 10 2 2 56 1 4 49 8 .241 .333 .342 .675
1977 134 589 502 85 142 19 5 11 204 53 47 12 6 6 73 3 2 69 3 .283 .372 .406 .779
1978 151 665 587 93 163 25 4 17 247 58 45 4 6 1 71 3 0 70 9 .278 .355 .421 .776
1979 153 692 582 109 154 20 6 28 270 73 44 4 6 3 97 4 4 88 8 .265 .372 .464 .836
1980 141 625 553 79 139 15 3 10 190 49 23 7 9 4 58 2 1 71 8 .251 .321 .344 .665
1981 58 243 214 35 44 2 0 5 61 17 20 2 4 0 22 1 3 35 7 .206 .289 .285 .574
1982 OAK 128 496 450 58 109 19 3 11 167 42 28 12 2 3 40 1 1 51 14 .242 .304 .371 .675
1983 147 561 494 64 137 13 4 17 209 67 22 4 4 10 51 7 2 61 9 .277 .341 .423 .764
1984 72 267 230 32 59 11 1 9 99 36 12 0 2 3 31 1 1 36 8 .257 .343 .430 .774
CHC 16 23 17 5 4 1 0 0 5 0 3 0 0 0 6 0 0 5 0 .235 .435 .294 .729
'84計 88 290 247 37 63 12 1 9 104 36 15 0 2 3 37 1 1 41 8 .255 .351 .421 .772
1985 99 325 275 52 78 11 0 11 122 44 47 4 1 3 46 1 0 37 14 .284 .383 .444 .826
1986 59 191 157 38 47 8 2 6 77 22 17 6 0 1 31 0 2 16 6 .299 .419 .490 .909
HOU 37 113 98 11 23 2 1 1 30 13 8 2 2 1 12 0 0 9 3 .235 .315 .306 .621
'86計 96 304 255 49 70 10 3 7 107 35 25 8 2 2 43 0 2 25 9 .275 .381 .420 .800
1987 47 56 43 4 10 2 0 1 15 6 2 1 0 0 13 2 0 8 0 .233 .411 .349 .760
MLB:16年 1812 7340 6354 1023 1671 232 50 155 2468 614 557 114 74 48 833 38 31 852 126 .263 .349 .388 .737
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 15(1972年 - 1984年途中、1985年 - 1986年途中、1986年途中 - 1987年、1989年 - 1994年、2007年 - 2010年、2011年途中 - 2017年)
  • 12(1984年途中 - 同年終了、2011年 - 同年途中)
  • 11(1986年途中 - 同年終了)
  • 14(1988年、1995年)
  • 42(1996年 - 1997年)
  • 24(1998年、2003年 - 同年途中)
  • 30(1999年 - 2002年)
  • 27(2003年途中 - 2004年途中)
  • 25(2004年途中 - 2005年)
  • 5(2006年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Davey Lopes” (英語). The Baseball Page.com. 2009年7月13日閲覧。
  2. ^ Davey Lopes 1972 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. Sports Reference LLC.. 2009年7月14日閲覧。
  3. ^ Davey Lopes 1973 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. Sports Reference LLC.. 2009年7月14日閲覧。
  4. ^ a b c d e Davey Lopes from the Chronology” (英語). BaseballLibrary.com. 2009年7月14日閲覧。
  5. ^ "Davey Lopes Autograph” (英語). historyforsale.com. 2009年7月16日閲覧。
  6. ^ a b Manager and Coaches” (英語). padres.com. 2009年7月14日閲覧。
  7. ^ a b Davey Lopes” (英語). geocities.com. 2009年7月15日閲覧。
  8. ^ 1982 Oakland Athletics Batting Orders” (英語). Baseball-Reference.com. Sports Reference LLC.. 2009年7月15日閲覧。
  9. ^ モーリー・ウィルス、吉藤宗弘翻訳「Steal This Base - 歴代盗塁王が語る盗塁の極意」『月刊スラッガー No.42 , 2001年10月号』、日本スポーツ企画出版社、 6-15頁。
  10. ^ Sandy Keenan (1985年9月9日). “The Ballad Of Davey Rocket” (英語). SI Vault. 2009年7月15日閲覧。
  11. ^ Nashville G-man. “MLB Stolen Base Leaders By Year—1970s” (英語). hubpages.com. 2009年7月15日閲覧。
  12. ^ Manager and Coaches | phillies.com: Team
  13. ^ The Ballplayers - Vince Coleman” (英語). BaseballLibrary.com. 2009年7月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]