ウォルター・オルストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウォルター・オルストン
Walter Alston
Walter Alston 1954.png
1954年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州ヴェニス
生年月日 1911年12月1日
没年月日 (1984-10-01) 1984年10月1日(72歳没)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手監督
初出場 1936年9月27日
最終出場 1936年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1983年
選出方法 ベテランズ委員会選出

ウォルター・オルストン(Walter Emmons Alston、 1911年12月1日 - 1984年10月1日)はアメリカオハイオ州ベニス出身の野球選手(一塁手、右投右打)、監督。ニックネームは「Smokey」。選手としては僅か一試合の出場にとどまったが、1954年から1976年の23シーズンにわたってドジャースの監督を務め、7回ワールドシリーズに出場し、うち4回優勝している。1983年アメリカ野球殿堂入り。

人物・来歴[編集]

一塁手としてセントルイス・カージナルスに入団したが、メジャー出場は1936年9月27日の1試合だけ。後に殿堂入りする強打者ジョニー・マイズに代わって出場し、1度だけ打席に立つも三振に終わる。二度の守備機会で1つのエラーを記録したのが、メジャーでプレイヤーとして残した成績のすべてであった。その後数年マイナーリーグで選手としてプレイした後、マイナーの監督に就任する。また、選手及びマイナー監督時代、オフシーズンには学校で教壇に立つなどして指導力を磨いた。

42歳で1954年ブルックリン・ドジャースの監督に就任。当時のドジャースはジャッキー・ロビンソンをはじめ、デューク・スナイダーロイ・キャンパネラピー・ウィー・リースギル・ホッジスドン・ニューカムらのスター選手が名を連ねていたが、就任初年度の1954年はいきなり92勝62敗[1]で2位。そして1955年にはリーグ優勝し、ワールドシリーズでは、それまで何度も苦杯を飲まされたニューヨーク・ヤンキースを破り球団史上初、ブルックリンで唯一のワールドチャンピオンに輝く。 翌1956年にもリーグ優勝するが、ワールドシリーズではヤンキースと対戦する。2勝2敗で迎えた第5戦でドン・ラーセンによるワールドシリーズ史上初(現時点で唯一)の完全試合を喫し、第6戦は延長戦をサヨナラ勝ちで制して3勝3敗のタイに持ち込んだものの、最終戦で敗れて連覇はならなかった。

1958年にはチームがカリフォルニア州ロサンゼルスに移転。ブルックリン時代の本拠地エベッツ・フィールドから広いドジャー・スタジアム[2]に本拠地が変わると、サンディー・コーファックスドン・ドライスデールらの投手を中心として、モーリー・ウィルスウィリー・デービスといった快速選手を中心とした機動力チームに改める。そして、1959年1963年1965年にワールドチャンピオン、1966年1974年にはリーグ優勝を果たした。最優秀監督賞も3度受賞し、オールスターでも最多の7勝をあげた。1976年シーズン終盤に、指揮をトミー・ラソーダに譲り、勇退。レギュラーシーズンで通算2,040勝、ポストシーズンで23勝をあげた。

勇退した翌1977年に、オルストンの功績を称えられ、ドジャース時代の背番号24」は永久欠番となった。 引退後、1983年にはアメリカ野球殿堂入りを果たすが、オルストンは殿堂入りの直前に心臓病に見舞われ、闘病生活を送っていたため、オルストンの孫が代理で殿堂入りセレモニーに出席している。心臓病の治療の甲斐なく、翌1984年10月1日に72歳で死去した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績 (MLB)[編集]

















































O
P
S
1936 STL 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 - 0 - 0 - 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:1年 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 - 0 - 0 - 0 1 0 .000 .000 .000 .000
  • 「-」は記録なし。

受賞歴・記録[編集]

年度別成績(監督)[編集]

年度 チーム リーグ・地区 年齢 試合 勝利 敗戦 勝率 順位/チーム数 備考
1954年 BKL NL 42 154 92 62 .597 2 / 8  
1955年 BKL NL 43 154 98 55 .641 1 / 8 WS
1956年 BKL NL 44 154 93 61 .604 1 / 8 NL
1957年 BKL NL 45 154 84 70 .545 3 / 8  
1958年 LAD NL 46 154 71 83 .461 7 / 8  
1959年 LAD NL 47 156 88 68 .564 1 / 8 WS
1960年 LAD NL 48 154 82 72 .532 4 / 8  
1961年 LAD NL 49 154 89 65 .578 2 / 8  
1962年 LAD NL 50 165 102 63 .618 2 / 10 (2球団拡張
1963年 LAD NL 51 162 99 63 .611 1 / 10 WS
1964年 LAD NL 52 164 80 82 .494 7 / 10  
1965年 LAD NL 53 162 97 65 .599 1 / 10 WS
1966年 LAD NL 54 162 95 67 .586 1 / 10 NL
1967年 LAD NL 55 162 73 89 .451 8 / 10  
1968年 LAD NL 56 162 76 86 .469 8 / 10  
1969年 LAD NL WEST 57 162 85 77 .525 4 / 6 (東西2地区制に移行)
1970年 LAD NL WEST 58 161 87 74 .540 2 / 6  
1971年 LAD NL WEST 59 162 89 73 .549 2 / 6  
1972年 LAD NL WEST 60 155 85 70 .548 3 / 6  
1973年 LAD NL WEST 61 162 95 66 .590 2 / 6  
1974年 LAD NL WEST 62 162 102 60 .630 1 / 6 NL
1975年 LAD NL WEST 63 162 88 74 .543 2 / 6  
1976年 LAD NL WEST 64 158 90 68 .570 2 / 6  
通算 24年 3,658 2,040 1,613 .558    

エピソード[編集]

  • 監督就任時、選手としての実績がなく無名で、記者に現役時代の成績を尋ねられて、「1936年に1回だけ打席に立って三振した」と答えた。

脚注[編集]

  1. ^ 1961年までは154試合制。
  2. ^ ドジャー・スタジアムの開場は1962年で、1958年~1961年ロサンゼルス・メモリアル・コロシアムを本拠地として使用。

出典・外部リンク[編集]