1946年のナショナルリーグ優勝決定プレイオフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピー・ウィー・リース(写真は1950年代前半)

1946年のナショナルリーグ優勝決定プレイオフは、1946年10月1日10月3日セントルイス・カージナルスブルックリン・ドジャースの間で行われたナショナルリーグ優勝決定戦である。

概要[編集]

この年は当時の最終試合である154試合目を終えた時点で、カージナルスとドジャースが96勝58敗で並び、2リーグ制確立後初のプレイオフが実施されることとなった。

結果は、2勝0敗でセントルイス・カージナルスが2年ぶり9回目のリーグ優勝。ワールドシリーズへ進出した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月1日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ドジャース 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2 8 0
カージナルス 1 0 2 0 0 0 1 0 X 4 12 1
  1. : ハウィー・ポレット (21-10)  : ラルフ・ブランカ (3-1)  
  2. :  BRO – ハウィー・シュルツ (3)  STL – なし

第2戦 10月3日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カージナルス 0 2 0 0 3 0 1 2 0 8 13 0
ドジャース 1 0 0 0 0 0 0 0 3 4 6 0
  1. : マーリー・ディックソン (15–6)  : ジョー・ハッテン (14–11)  S: ハリー・ブレッチェーン (3)  

出典・外部リンク[編集]