2013年のアメリカンリーグ第2ワイルドカード決定プレイオフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2013年のアメリカンリーグ第2ワイルドカード決定プレイオフは、2013年9月30日タンパベイ・レイズテキサス・レンジャーズの間で行われたアメリカンリーグワイルドカード決定戦である。

概要[編集]

この年は第1ワイルドカードをインディアンスが得たが、第2ワイルドカードはレイズとレンジャーズが91勝71敗で並び、2012年にワイルドカードが2チームに増やされてからは初のワイルドカード決定プレイオフが開催された。

試合はレイズが3回までに3点を挙げて5-2でレンジャーズを下し、ワイルドカードゲームへ進出した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レイズ 1 0 2 0 0 1 0 0 1 5 7 0
レンジャーズ 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2 7 1
  1. : デビッド・プライス (10–8)  : マーティン・ペレス (10–6)  
  2. :  TB – エバン・ロンゴリア (32)  TEX – なし