ブランチ・リッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブランチ・リッキー
Branch Rickey
Branch Rickey 1912.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州
生年月日 1881年12月20日
没年月日 1965年12月9日(満83歳没)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手外野手一塁手
プロ入り 1903年
初出場 1905年6月16日
最終出場 1914年8月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1967年
選出方法 ベテランズ委員会選出

ブランチ・リッキーWesley Branch Rickey , 1881年12月20日 - 1965年12月9日)は、アメリカ合衆国オハイオ州出身の元プロ野球選手捕手)・監督・プロ野球球団経営者。

マイナー組織の改革や初のアフリカ系アメリカ人選手ジャッキー・ロビンソンと契約を結んだ等、革新的なメジャーリーグ球団幹部であったことでよく知られている。ファーム制度や科学的なトレーニングの導入でも有名である。"The Mahatma"マハトマ・ガンディーになぞらえたもの)のニックネームで呼ばれた。大卒後、弁護士業を数年行っていた。

来歴・人物[編集]

1903年シカゴ・ホワイトソックスと契約するが、ホワイトソックスではメジャーでの出場はなく、1905年6月にセントルイス・ブラウンズ(現:ボルチモア・オリオールズ)にトレードされ、ブラウンズでメジャーデビューを果たす(デビュー戦では3打数ノーヒット)。選手としてはそれほど芳しい成績を残していない。1914年にブラウンズで2試合に出場したのがメジャーでの選手歴の最後で、その後はブラウンズの監督として活動することとなる。

引退後は監督としてブラウンズに残留したが(1914年選手兼任監督)、1915年オフに解雇された。1919年セントルイス・カージナルスの監督に就任すると1921年に若き二塁手、ロジャース・ホーンスビーらを擁してチームを4年ぶりの勝率5割以上に導き、1923年まで勝率5割を維持した。その後、1924年には再び勝率4割台に戻ってしまい、1925年にはホーンスビーがプレイングマネージャーとなり監督業からも離れることになる。翌1926年にカージナルスは初のワールドシリーズ出場を果たし、シリーズを制覇した。それから後、リッキーが監督として球界に戻ってくることはなかった。

マイナー組織の整備[編集]

現役引退後の彼はミシガン大学のコーチとして数年過ごした。このとき後の大打者ジョージ・シスラーと運命の出会いを果たす。1913年ブラウンズにフロントの一員として復帰した時にジョージ・シスラーの契約にかかわった(当時のシスラーは先発投手)。

その後、カージナルスに転身しゼネラル・マネージャー(GM)専任となるとマイナー組織の拡充に努めた。マイナーチームをファームとして選手の育成機関としてしまうことに当時のコミッショナー、ケネソー・マウンテン・ランディスはマイナーチームを破壊してしまうものとして嫌った。しかしカージナルスはイーノス・スロータースタン・ミュージアルマーティ・マリオンビリー・サウスワース等を輩出し強豪チームとなると他の球団も追従し現在のファームシステムの基となった。

人種差別の壁の撤廃[編集]

1942年ブルックリン・ドジャースの総支配人で友人のラリー・マクフェイルが徴兵されるとリッキーはドジャースに社長とGMを兼ねた後任として招かれる。1944年に人種差別の撤廃に消極的だったランディスコミッショナーが急逝すると、翌1945年にユナイテッド・ステート・リーグという黒人選手を受け入れるマイナーリーグ組織を創設。1945年8月28日にジャッキー・ロビンソンとマイナー契約を結んだのをはじめ、ドジャース支配下のマイナーリーグのチームに多くの黒人選手やニグロリーグ経験者を集めた。このことがメジャーリーグにおける新時代の幕開けになった。

リッキーが黒人選手を受け入れることに積極的であった理由としては、ブルックリンにおける黒人の人口の多さや将来的な黒人家庭の中産化を見越した上でのマーケティング戦略と、より効率的な選手の供給源の開拓のためであった。また、個人としても大学野球の監督時代に指導していた黒人選手が宿泊を断られ、自分の召使であると言ってようやく同じ部屋で泊まることができたという人種差別行為を体験しており、「この肌が白ければみんなと同じように泊めてもらえるのに」と涙を流して悲しむ選手姿が忘れられずにいたと語っている[1]

晩年[編集]

リッキーは最晩年、古巣カージナルスにアドバイザーとして招かれるが、頑固で偏狭な老人に変貌していた。加えて全権を握ることに固執し、オーナーのオーガスト・ブッシュに、監督のジョニー・キーンとGMのビング・ディヴァインを解任するように仕向けた。ブッシュはディヴァインGMとキーン監督双方を解任すると影響が大きいとディヴァイン一人を解職した。

1964年の解任当時のカージナルスはフィラデルフィア・フィリーズに大きく水をあけられていたが秋に盛り返し、その後にナショナルリーグを制し、ワールドシリーズではニューヨーク・ヤンキースとの戦いを制し、ワールドチャンピオンとなった。キーン監督はその年のオフに続投要請を断り、対戦相手のヤンキース監督に就任。またディヴァインGMが入手したプレーヤーの多くがその後の1967年1968年のリーグ優勝に貢献し、ディヴァイン自身はニューヨーク・メッツに転身して1969年の『ミラクル・メッツ』の礎を築いた。後にブッシュオーナーはリッキーの助言を聞くべきでなかったとコメントしている。

なお、リッキーは1965年11月にミズーリ州のスポーツ栄誉の殿堂に選出されたが、そのスピーチの途中で倒れ、翌月没した。

1967年、アメリカ野球殿堂入り。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1905 SLB 1 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 -- 0 -- -- .000 .000 .000 .000
1906 65 223 201 22 57 7 3 3 79 24 4 -- 3 -- 16 -- 3 -- -- .284 .345 .393 .738
1907 NYY 52 152 137 16 25 1 3 0 32 15 4 -- 2 -- 11 -- 2 -- -- .182 .253 .234 .487
1914 SLB 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 1 -- .000 .000 .000 .000
通算:4年 120 380 343 38 82 8 6 3 111 39 8 0 5 -- 27 -- 5 1 -- .239 .304 .324 .628

監督成績[編集]

年度 球団 リーグ 順位 試合 勝利 敗戦 勝率 備考
1913年 STB AL 8位 12 5 6 .455 9月17日~
1914年 5位 159 71 82 .464
1915年 6位 159 63 91 .409
1919年 STL NL 7位 138 54 83 .394
1920年 5位 155 75 79 .487
1921年 3位 154 87 66 .569
1922年 3位 154 85 69 .552
1923年 5位 154 79 74 .516
1924年 6位 154 65 89 .422
1925年 8位 38 13 25 .342 開幕~5月30日
通算:10年 1277 597 664 .473

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典・外部リンク[編集]