ドジャーブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドジャーブルー
 
16進表記 #1E90FF
RGB (30, 144, 255)
CMYK (88, 44, 0, 0)
HSV (210°, 88%, 100%)
表示されている色は一例です
ロサンゼルス・ドジャースのユニフォームの色

ドジャーブルー (Dodger blue) は、紺碧色の配色の一つである。MLB球団ロサンゼルス・ドジャースユニフォームの色に用いられている[1]ウェブカラーにも使用されている[2]

歴史[編集]

ドジャーブルーの概念は1976年から1996年までロサンゼルス・ドジャース監督を務めた名将トミー・ラソーダにより、大衆化された[1]。「私の体にはドジャーブルーの血が流れているし、死んだら天国でもドジャースの一員として大きな存在になる」という発言が有名である[3]2012年6月に心臓発作に見舞われた時も「私の体にドジャーブルーの血が流れているのが医師によって確認された」とジョークを飛ばした[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b Dodgers and L.A.: Romance has soured, but the relationship is far from over” (英語). Los Angeles Times. 2014年3月9日閲覧。
  2. ^ HTML color codes and names” (英語). Computerhope.com. 2014年3月9日閲覧。
  3. ^ Tommy Lasorda Quotes” (英語). Baseball-Almanac.com. 2014年3月9日閲覧。
  4. ^ Tommy Lasorda Jokes That He Does ‘Bleed Dodger Blue’ After Suffering Mild Heart Attack” (英語). NESN.com. 2014年3月9日閲覧。