1982年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1982年のワールドシリーズ
チーム 勝数
セントルイス・カージナルスNL 4
ミルウォーキー・ブルワーズAL 3
シリーズ情報
試合日程 10月12日–20日
観客動員 7試合合計:38万4570人
1試合平均:05万4939人
MVP ダレル・ポーター(STL)
ALCS MIL 3–2 CAL
NLCS STL 3–0 ATL
殿堂表彰者 ホワイティ・ハーゾグ(STL監督)
レッド・ショーエンディーンスト(STLコーチ[注 1]
オジー・スミス(STL内野手)
ブルース・スーター(STL投手)
ポール・モリター(MIL内野手)
ドン・サットン(MIL投手)
ロビン・ヨーント(MIL内野手)
チーム情報
セントルイス・カージナルス(STL)
シリーズ出場 14年ぶり13回目
GM ジョー・マクドナルド
監督 ホワイティ・ハーゾグ
シーズン成績 92勝70敗・勝率.568
NL東地区優勝
分配金 選手1人あたり4万3279.69ドル[1]
ミルウォーキー・ブルワーズ(MIL)
シリーズ出場 球団創設14年目で初
GM ハリー・ダルトン
監督 ハービー・キーン
シーズン成績 95勝67敗・勝率.586
AL東地区優勝
分配金 選手1人あたり3万1934.99ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 NBC
実況 ジョー・ガラジオーラ・シニア(全試合の1〜3回と7〜9回)
ディック・エンバーグ(全試合の4〜6回)
解説 トニー・クーベック
平均視聴率 27.9%(前年比2.1ポイント下降)[2]
ワールドシリーズ
 < 1981 1983 > 

1982年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第79回ワールドシリーズ(79th World Series)は、10月12日から20日にかけて計7試合が開催された。その結果、セントルイス・カージナルスナショナルリーグ)がミルウォーキー・ブルワーズアメリカンリーグ)を4勝3敗で下し、15年ぶり9回目の優勝を果たした。

両球団の本拠地都市がいずれもビール醸造の盛んな土地柄であるため[注 2]、今シリーズはビールという意味の俗語を冠して "サッズ・シリーズ"(Suds Series)とも呼ばれた[3]。第1戦ではブルワーズのポール・モリターが1試合5安打のシリーズ新記録を樹立し、試合もブルワーズが先勝したものの[4]、シリーズは最終第7戦までもつれた末にカージナルスが制した。ブルワーズは1997年シーズン終了後にアメリカンリーグからナショナルリーグへ転籍したため、再転籍がない限り、アメリカンリーグの球団としてシリーズに出場するのは今回が最初で最後となる。シリーズMVPには、第2戦の6回裏に同点の2点二塁打を放つなど、7試合で打率.286・1本塁打・5打点OPS.775という成績を残したカージナルスのダレル・ポーターが選出された。

ワールドシリーズでは1976年から指名打者(DH)制度が導入され、1985年までの10年間は、偶数年は全試合で採用、奇数年は全試合で不採用とされていた[5]。したがって今シリーズでは、DH制が全試合で採用されている。

試合結果[編集]

1982年のワールドシリーズは10月12日に開幕し、途中に移動日を挟んで9日間で7試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月12日(火) 第1戦 ミルウォーキー・ブルワーズ 10-0 セントルイス・カージナルス ブッシュ・メモリアル・
スタジアム
10月13日(水) 第2戦 ミルウォーキー・ブルワーズ 4-5 セントルイス・カージナルス
10月14日(木) 移動日
10月15日(金) 第3戦 セントルイス・カージナルス 6-2 ミルウォーキー・ブルワーズ ミルウォーキー・
カウンティ・スタジアム
10月16日(土) 第4戦 セントルイス・カージナルス 5-7 ミルウォーキー・ブルワーズ
10月17日(日) 第5戦 セントルイス・カージナルス 4-6 ミルウォーキー・ブルワーズ
10月18日(月) 移動日
10月19日(火) 第6戦 ミルウォーキー・ブルワーズ 1-13 セントルイス・カージナルス ブッシュ・メモリアル・
スタジアム
10月20日(水) 第7戦 ミルウォーキー・ブルワーズ 3-6 セントルイス・カージナルス
優勝:セントルイス・カージナルス(4勝3敗 / 15年ぶり9度目)

第1戦 10月12日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
5回表、テッド・シモンズのソロ本塁打でブルワーズが4点目を挙げる(50秒)
6回表、ロビン・ヨーントの2点二塁打でカージナルス先発ボブ・フォーシュが降板に追い込まれる(52秒)
9回表、ポール・モリターが内野安打を放ち1試合5安打のワールドシリーズ新記録を樹立(36秒)
9回裏、マイク・コールドウェルがジョージ・ヘンドリックを一邪飛に仕留め完封勝利を決める(52秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ミルウォーキー・ブルワーズ 2 0 0 1 1 2 0 0 4 10 17 0
セントルイス・カージナルス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
  1. : マイク・コールドウェル(1勝)  : ボブ・フォーシュ(1敗)  
  2. :  MIL – テッド・シモンズ1号ソロ
  3. 審判:球審…リー・ウェイヤー(NL)、塁審…一塁: ビル・ハラー(AL)、二塁: ジョン・キブラー(NL)、三塁: デーブ・フィリップス(AL)、外審…左翼: サッチ・デビッドソン(NL)、右翼: ジム・エバンス(AL)
  4. 試合時間: 2時間30分 観客: 5万3723人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ミルウォーキー・ブルワーズ セントルイス・カージナルス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 P・モリター 1 T・ハー
2 R・ヨーント 2 L・スミス
3 C・クーパー 3 K・ヘルナンデス
4 T・シモンズ 4 G・ヘンドリック
5 B・オグリビー 5 DH G・テナス
6 G・トーマス 6 D・ポーター
7 DH R・ハウエル 7 D・グリーン
8 C・ムーア 8 K・オバークフェル
9 J・ガントナー 9 O・スミス
先発投手 投球 先発投手 投球
M・コールドウェル B・フォーシュ

第2戦 10月13日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ミルウォーキー・ブルワーズ 0 1 2 0 1 0 0 0 4 4 10 1
セントルイス・カージナルス 0 0 2 0 0 2 0 1 X 5 8 0
  1. : ブルース・スーター(1勝)  : ボブ・マクルーア(1敗)  
  2. :  MIL – テッド・シモンズ2号ソロ
  3. 審判:球審…ビル・ハラー(AL)、塁審…一塁: ジョン・キブラー(NL)、二塁: デーブ・フィリップス(AL)、三塁: サッチ・デビッドソン(NL)、外審…左翼: ジム・エバンス(AL)、右翼: リー・ウェイヤー(NL)
  4. 試合時間: 2時間54分 観客: 5万3723人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ミルウォーキー・ブルワーズ セントルイス・カージナルス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 P・モリター 1 T・ハー
2 R・ヨーント 2 K・オバークフェル
3 C・クーパー 3 K・ヘルナンデス
4 T・シモンズ 4 G・ヘンドリック
5 B・オグリビー 5 D・ポーター
6 G・トーマス 6 L・スミス
7 DH R・ハウエル 7 DH D・オージ
8 C・ムーア 8 W・マギー
9 J・ガントナー 9 O・スミス
先発投手 投球 先発投手 投球
D・サットン J・ステューパー

第3戦 10月15日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
ウィリー・マギーが5回表に先制の3点本塁打、7回表にソロ本塁打を放つ(1分36秒)
7回表、三塁打に二塁手ジム・ガントナーの悪送球が加わり、打者走者ロニー・スミスが生還(46秒)
9回裏、ゴーマン・トーマスの本塁打性の打球を中堅手マギーがジャンピングキャッチ(52秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
セントルイス・カージナルス 0 0 0 0 3 0 2 0 1 6 6 1
ミルウォーキー・ブルワーズ 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 5 3
  1. : ウォーキーン・アンドゥハー(1勝)  : ピート・ブコビッチ(1敗)  S: ブルース・スーター(1勝1S)  
  2. :  STL – ウィリー・マギー1号3ラン・2号ソロ  MIL – セシル・クーパー1号2ラン
  3. 審判:球審…ジョン・キブラー(NL)、塁審…一塁: デーブ・フィリップス(AL)、二塁: サッチ・デビッドソン(NL)、三塁: ジム・エバンス(AL)、外審…左翼: リー・ウェイヤー(NL)、右翼: ビル・ハラー(AL)
  4. 試合時間: 2時間53分 観客: 5万6556人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
セントルイス・カージナルス ミルウォーキー・ブルワーズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 T・ハー 1 P・モリター
2 K・オバークフェル 2 R・ヨーント
3 K・ヘルナンデス 3 C・クーパー
4 G・ヘンドリック 4 T・シモンズ
5 D・ポーター 5 B・オグリビー
6 L・スミス 6 G・トーマス
7 DH D・オージ 7 DH R・ハウエル
8 W・マギー 8 C・ムーア
9 O・スミス 9 J・ガントナー
先発投手 投球 先発投手 投球
J・アンドゥハー P・ブコビッチ

第4戦 10月16日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
2回表一死二・三塁、トム・ハーの中飛で三塁走者ウィリー・マギーだけでなく二塁走者オジー・スミスも生還しカージナルスが2点を追加(1分3秒)
5回表一死一・三塁、ジム・ガントナーの打球を遊撃手オジー・スミスが好守で併殺に(54秒)
7回裏二死満塁、ロビン・ヨーントのハーフスウィングにボールが当たり、2点適時打となってブルワーズが1点差に詰め寄る(32秒)
次打者セシル・クーパーの打球は三塁手ケン・オバークフェルが捕球できず、三塁走者が生還し同点に(32秒)
9回表、ボブ・マクルーアが代打ジーン・テナスを空振り三振に仕留めて試合終了、ブルワーズが2勝2敗のタイに(38秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
セントルイス・カージナルス 1 3 0 0 0 1 0 0 0 5 8 1
ミルウォーキー・ブルワーズ 0 0 0 0 1 0 6 0 X 7 10 2
  1. : ジム・スレイトン(1勝)  : ダグ・ベアー(1敗)  S: ボブ・マクルーア(1敗1S)  
  2. 審判:球審…デーブ・フィリップス(AL)、塁審…一塁: サッチ・デビッドソン(NL)、二塁: ジム・エバンス(AL)、三塁: リー・ウェイヤー(NL)、外審…左翼: ビル・ハラー(AL)、右翼: ジョン・キブラー(NL)
  3. 試合時間: 3時間4分 観客: 5万6560人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
セントルイス・カージナルス ミルウォーキー・ブルワーズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 T・ハー 1 P・モリター
2 K・オバークフェル 2 R・ヨーント
3 K・ヘルナンデス 3 C・クーパー
4 G・ヘンドリック 4 T・シモンズ
5 D・ポーター 5 G・トーマス
6 L・スミス 6 B・オグリビー
7 DH D・オージ 7 DH D・マネー
8 W・マギー 8 C・ムーア
9 O・スミス 9 J・ガントナー
先発投手 投球 先発投手 投球
D・ラポイント M・ハース

第5戦 10月17日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
セントルイス・カージナルス 0 0 1 0 0 0 1 0 2 4 15 2
ミルウォーキー・ブルワーズ 1 0 1 0 1 0 1 2 X 6 11 2
  1. : マイク・コールドウェル(2勝)  : ボブ・フォーシュ(2敗)  S: ボブ・マクルーア(1敗2S)  
  2. :  MIL – ロビン・ヨーント1号ソロ
  3. 審判:球審…サッチ・デビッドソン(NL)、塁審…一塁: ジム・エバンス(AL)、二塁: リー・ウェイヤー(NL)、三塁: ビル・ハラー(AL)、外審…左翼: ジョン・キブラー(NL)、右翼: デーブ・フィリップス(AL)
  4. 試合時間: 3時間2分 観客: 5万6562人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
セントルイス・カージナルス ミルウォーキー・ブルワーズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 DH L・スミス 1 P・モリター
2 D・グリーン 2 R・ヨーント
3 K・ヘルナンデス 3 C・クーパー
4 G・ヘンドリック 4 T・シモンズ
5 D・ポーター 5 B・オグリビー
6 W・マギー 6 G・トーマス
7 K・オバークフェル 7 DH D・マネー
8 T・ハー 8 C・ムーア
9 O・スミス 9 J・ガントナー
先発投手 投球 先発投手 投球
B・フォーシュ M・コールドウェル

第6戦 10月19日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ミルウォーキー・ブルワーズ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 4 4
セントルイス・カージナルス 0 2 0 3 2 6 0 0 X 13 12 1
  1. : ジョン・ステューパー(1勝)  : ドン・サットン(1敗)  
  2. :  STL – ダレル・ポーター1号2ラン、キース・ヘルナンデス1号2ラン
  3. 審判:球審…ジム・エバンス(AL)、塁審…一塁: リー・ウェイヤー(NL)、二塁: ビル・ハラー(AL)、三塁: ジョン・キブラー(NL)、外審…左翼: デーブ・フィリップス(AL)、右翼: サッチ・デビッドソン(NL)
  4. 試合時間: 2時間21分 観客: 5万3723人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ミルウォーキー・ブルワーズ セントルイス・カージナルス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 P・モリター 1 L・スミス
2 R・ヨーント 2 K・オバークフェル
3 C・クーパー 3 K・ヘルナンデス
4 T・シモンズ 4 G・ヘンドリック
5 B・オグリビー 5 D・ポーター
6 G・トーマス 6 DH D・オージ
7 DH D・マネー 7 W・マギー
8 C・ムーア 8 T・ハー
9 J・ガントナー 9 O・スミス
先発投手 投球 先発投手 投球
D・サットン J・ステューパー

第7戦 10月20日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
4回表一死一塁、セシル・クーパーが右前打を放つも右翼手ジョージ・ヘンドリックの送球で一塁走者が三塁憤死(53秒)
5回表、ベン・オグリビーのソロ本塁打でブルワーズが1-1の同点に(44秒)
6回表無死二塁、ポール・モリターのバントが先発投手ウォーキーン・アンドゥハーの悪送球を誘いブルワーズが勝ち越し(49秒)
6回裏、キース・ヘルナンデスとジョージ・ヘンドリックの連続適時打でカージナルスが3点を奪い逆転(1分8秒)
9回表、ブルース・スーターがゴーマン・トーマスを空振り三振に仕留めて試合終了、カージナルスの優勝が決定(56秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ミルウォーキー・ブルワーズ 0 0 0 0 1 2 0 0 0 3 7 0
セントルイス・カージナルス 0 0 0 1 0 3 0 2 X 6 15 1
  1. : ウォーキーン・アンドゥハー(2勝)  : ボブ・マクルーア(2敗2S)  S: ブルース・スーター(1勝2S)  
  2. :  MIL – ベン・オグリビー1号ソロ
  3. 審判:球審…リー・ウェイヤー(NL)、塁審…一塁: ビル・ハラー(AL)、二塁: ジョン・キブラー(NL)、三塁: デーブ・フィリップス(AL)、外審…左翼: サッチ・デビッドソン(NL)、右翼: ジム・エバンス(AL)
  4. 試合時間: 2時間50分 観客: 5万3723人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ミルウォーキー・ブルワーズ セントルイス・カージナルス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 P・モリター 1 L・スミス
2 R・ヨーント 2 K・オバークフェル
3 C・クーパー 3 K・ヘルナンデス
4 T・シモンズ 4 G・ヘンドリック
5 B・オグリビー 5 D・ポーター
6 G・トーマス 6 DH D・オージ
7 DH R・ハウエル 7 W・マギー
8 C・ムーア 8 T・ハー
9 J・ガントナー 9 O・スミス
先発投手 投球 先発投手 投球
P・ブコビッチ J・アンドゥハー

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 殿堂入りは指導者としてではなく、二塁手としての功績が評価されてのもの。
  2. ^ カージナルスの本拠地都市ミズーリ州セントルイスには "バドワイザー" などで知られるアンハイザー・ブッシュの本社があり、当時はカージナルスのオーナーも同社が務めていた。ブルワーズはそもそも球団名がビール醸造者という意味であり、本拠地都市ウィスコンシン州ミルウォーキーにはミラーの本社がある。

出典[編集]

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2019年10月15日閲覧。
  2. ^ "World Series Television Ratings," Baseball Almanac. 2019年10月15日閲覧。
  3. ^ Craig Gustafson, "Friendship with Brewers begins anew," Duluth News Tribune, October 9, 2011. 2019年10月15日閲覧。
  4. ^ The Associated Press, "This Date In Baseball," Associated Press News, October 7, 2018. 2019年10月15日閲覧。
  5. ^ John Cronin, "The Historical Evolution of the Designated Hitter Rule," Society for American Baseball Research, 2016. 2019年10月15日閲覧。

外部リンク[編集]