オジー・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オジー・スミス
Ozzie Smith
Ozzie Smith 1983.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州モービル
生年月日 (1954-12-26) 1954年12月26日(66歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
150 lb =約68 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1977年
初出場 1978年4月7日
最終出場 1996年10月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2002年
得票率 91.74%
選出方法 BBWAA選出

オスボーン・アール・スミス(Osborne Earl Smith、1954年12月26日 - )は、元メジャーリーガー内野手)。

現役時代、サンディエゴ・パドレスセントルイス・カージナルスで活躍し、遊撃手としての広い守備範囲と華麗な守備で知られ、"The Wizard of Oz"オズの魔法使い[1])の異名を持つ。1980年から13年連続でゴールドグラブ賞を受賞。補殺数8375はメジャーリーグ記録、併殺数1590も2007年オマー・ビスケルに更新されるまで最多記録であった。

来歴・人物[編集]

ロック高校時代はエディ・マレーとチームメイトだった。また、2人と同時期に、NFLニューヨーク・ジェッツのディフェンス・コーディネーター、ドニー・ヘンダーソンも同高校へ通っていた。

1978年にサンディエゴ・パドレスでメジャーリーガーとしてデビューを果たし、その守備でレギュラーを獲得したが、打撃はいまひとつで、1978年は.258、1979年は.211というありさまであった。

しかし、非力さを補うように守備では力を見せ、1980年遊撃手として621補殺というMLB記録を樹立し、自身初のゴールドグラブ賞を受賞する。この年は57盗塁も記録し、守備と走塁で大きくアピールもしたが、打率は相変わらず.230の非力さであった。

転機となったのは1982年、セントルイス・カージナルスに移籍したことであった。当時カージナルスを率いていたホワイティ・ハーゾグ監督が、スミスの守備力に目をつけ、当時本拠地にしていたブッシュ・メモリアル・スタジアムではプラスになるとの判断あってのものだった。ハーゾグ監督との出会いにより、移籍1年目にして内野守備の中心となり、同年、ワールドシリーズ第2戦(対ミルウォーキー・ブルワーズ)では、二塁走者として、トム・ハーの犠牲フライで三塁走者に続いて二塁からホームイン。ハーはワールドシリーズ史上唯一(2008年終了時点)の「二点犠飛」を記録した。カージナルスを15年ぶり9回目のワールドチャンピオンに導く原動力となった。

守備に磨きをかける一方、打撃にも力を入れるようになり、打率も2割台から徐々に上がっていった。1985年のロサンゼルス・ドジャースとのリーグチャンピオンシップシリーズ第5戦では、スイッチヒッターのスミスが左打席では唯一となるホームランを放ち、チームをサヨナラ勝利に導いた。そして1987年には自身最高の打率となる.303を記録し、「守備だけの選手」という評価を完全に覆した。同年、肩の故障で守備力が低下すると懸念されたが、猛練習の末にクイックスローを会得して、それをカバーした。

ショート守備についてはもはや「神業」と謳われる境地に達しており、ショート最深部(というより、ほぼレフト前)のゴロをノーバウンドのままジャンピングスローでアウトにしたり、ダイビングしながらイレギュラーバウンドを素手で処理したり、という常識では考えられないものだった。「(一試合の中で)スミスがそのバットで1点をたたき出すことは稀だ。しかし、彼はそのグラブで確実に2点は防いでくれる」と讃えられている。

1991年には151試合の出場で失策はわずか8個と、守備機会の多い遊撃手としては異例の安定感を見せた。また、1992年まで13年連続でのゴールドグラブ賞受賞は遊撃手として史上最多記録。2007年にはオールタイム・ゴールドグラブチーム(守備において歴代最高の選手)に選出されている。

スミスのカージナルス在籍時の背番号「1」。
セントルイス・カージナルスの永久欠番に1996年指定。

1996年を最後に現役を引退。通算安打は2460安打、通算580盗塁を記録し、三振も非常に少ない優れたリードオフマンであったと言える。カージナルスでの背番号1は、引退と共に永久欠番に指定されている。

2002年、資格1年目に野球殿堂入り。

2005年、息子のニコ・スミス(Nikko Smith)がオーディション番組『アメリカン・アイドル』シーズン4でファイナルまで進出し話題となった(結果は9位)。カージナルスが出場した2006年のワールドシリーズで第4戦の試合前に国歌斉唱を行っている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1978 SD 159 668 590 69 152 17 6 1 184 46 40 12 28 3 47 0 0 43 11 .258 .311 .312 .623
1979 156 649 587 77 124 18 6 0 154 27 28 7 22 1 37 5 2 37 11 .211 .260 .262 .522
1980 158 712 609 67 140 18 5 0 168 35 57 15 23 4 71 1 5 49 9 .230 .313 .276 .589
1981 110 507 450 53 100 11 2 0 115 21 22 12 10 1 41 1 5 37 8 .222 .294 .256 .550
1982 STL 140 567 488 58 121 24 1 2 153 43 25 5 4 5 68 12 2 32 10 .248 .339 .314 .653
1983 159 626 552 69 134 30 6 3 185 50 34 7 7 2 64 9 1 36 10 .243 .321 .335 .656
1984 124 484 412 53 106 20 5 1 139 44 35 7 11 3 56 5 2 17 8 .257 .347 .337 .684
1985 158 615 537 70 148 22 3 6 194 54 31 8 9 2 65 11 2 27 13 .276 .355 .361 .716
1986 153 609 514 67 144 19 4 0 171 54 31 7 11 3 79 13 2 27 9 .280 .376 .333 .709
1987 158 706 600 104 182 40 4 0 230 75 43 9 12 4 89 3 1 36 9 .303 .392 .383 .775
1988 153 669 575 80 155 27 1 3 193 51 57 9 12 7 74 2 1 43 7 .270 .350 .336 .686
1989 155 664 593 82 162 30 8 2 214 50 29 7 11 3 55 3 2 37 10 .273 .335 .361 .696
1990 143 592 512 61 130 21 1 1 156 50 32 6 7 10 61 4 2 33 8 .254 .330 .305 .635
1991 150 641 550 96 157 30 3 3 202 50 35 9 6 1 83 2 1 36 8 .285 .380 .367 .747
1992 132 590 518 73 153 20 2 0 177 31 43 9 12 1 59 4 0 34 11 .295 .367 .342 .709
1993 141 603 545 75 157 22 6 1 194 53 21 8 7 7 43 1 1 18 11 .288 .337 .356 .693
1994 98 433 381 51 100 18 3 3 133 30 6 3 10 4 38 3 0 26 3 .262 .326 .349 .675
1995 44 182 156 16 31 5 1 0 38 11 4 3 5 2 17 0 2 12 6 .199 .282 .244 .526
1996 82 261 227 36 64 10 2 2 84 18 7 5 7 0 25 0 2 9 5 .282 .358 .370 .728
通算:19年 2573 10778 9396 1257 2460 402 69 28 3084 793 580 148 214 63 1072 79 33 589 167 .262 .337 .328 .665
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



遊撃(SS)












1978 SD 159 264 548 25 98 .970
1979 155 256 555 20 86 .976
1980 158 288 621 24 113 .974
1981 110 220 422 16 72 .976
1982 STL 139 279 535 13 101 .984
1983 158 304 519 21 100 .975
1984 124 233 437 12 94 .982
1985 158 264 549 14 111 .983
1986 144 229 453 15 96 .978
1987 158 245 516 10 111 .987
1988 150 234 519 22 79 .972
1989 153 209 483 17 73 .976
1990 140 212 378 12 66 .980
1991 150 244 387 8 79 .987
1992 132 232 420 10 82 .985
1993 134 251 451 19 98 .974
1994 96 135 291 8 67 .982
1995 41 60 129 7 28 .964
1996 52 90 162 8 36 .969
MLB 2511 4249 8375 281 1590 .978
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 赤文字はMLBにおける歴代最高
  • 各年度の太字年ゴールドグラブ賞受賞

表彰[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 松井稼批判に異議を唱える「オズの魔法使い」 (1/2) 「KAZUO INSIDE」 VOL.9”. スポーツナビ. 2007年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月15日閲覧。

外部リンク[編集]