コール・ハメルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コール・ハメルズ
Cole Hamels
テキサス・レンジャーズ #35
Cole Hamels pre-game.JPG
フィリーズ時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンディエゴ
生年月日 (1983-12-27) 1983年12月27日(32歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 ドラフト1巡目(全体17位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名
初出場 2006年5月12日
年俸 $23,500,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

コルバート・マイケル・ハメルズColbert Michael Hamels, 1983年12月27日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBテキサス・レンジャーズに所属。

妻のハイジPLAYBOY2003年8月号のプレイメイトを務めた[2]

経歴[編集]

アマチュア時代[編集]

ランチョ・バーナード高校在学中の2001年は左肩の上腕骨の故障で野球をすることができなかったが、2002年に10勝0敗・防御率0.39を記録[3]同年6月のドラフトフィラデルフィア・フィリーズから1巡目(全体17位)で指名され、8月に契約金200万ドルで入団[4]

フィリーズ時代[編集]

2003年、A級レイクウッド・ブルークロウズ英語版でプロデビュー。7月の後半にはA+級のクリアウォーター・フィリーズ英語版に昇格。両チーム合計18試合の登板で6勝3敗・防御率1.34を記録。シーズン終了後、フィリーズ傘下の最優秀マイナー投手("Paul Owens Award")に選出され[5]ベースボール・アメリカ誌の有望株ランキングではフィリーズ傘下での最高評価を受けた[6]

しかし、2004年から2005年にかけては怪我により登板数は10にとどまり、2005年開幕前には左手の手術を受けている[7]。2005年シーズン終了後に発表されたベースボール・アメリカ誌の有望株ランキングでは2年ぶりにフィリーズ傘下での最高評価を受けた[6]

2006年はA級のクリアウォーターとAAA級のスクラントン・ウィルクスバリ・レッドバロンズで3勝1敗・防御率1.04を記録し、5月10日にGMパット・ギリックから2日後にメジャー初登板することが発表される[8]。発表通り5月12日にメジャー昇格を果たし、同日のシンシナティ・レッズ戦でメジャーデビュー。デビュー戦の注目は高く「1948年のロビン・ロバーツ以来、最も話題を呼んだ初登板」という声もあった[9]。5月19日から左肩を痛め15日間の故障者リスト入り[10]。故障からの復帰戦となった6月6日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でメジャー初勝利を記録。メジャー初勝利後、4連敗を喫したが、その後は8勝4敗で、メジャー1年目を9勝8敗、奪三振は145と投球回を上回る奪三振を記録しメジャー1年目を終えた。

2007年は開幕からメジャーに定着し、4月21日のレッズ戦では自己最多の15奪三振でメジャー初完投を記録[11]。前半戦で10勝を挙げ、オールスターに初出場を果たした。8月にひじを痛め[12]、30日以上登板機会がなったにもかかわらず、防御率3.39・15勝・177奪三振でチーム三冠を達成し、サイ・ヤング賞の投票では6位タイ[13]

2008年は5月25日と31日の2試合の登板で9.2回を投げ、13失点とスランプに陥ったが、6月5日のレッズ戦で完封勝利。「この勝ちは大きい」と試合後に自画自賛した好投でスランプを脱出[14]。勝ち星は前年を下回る14勝だったが、防御率・奪三振・WHIPなどは前年を上回る成績を記録。WHIP1.082はリーグ1位、投球回数227.1はリーグ2位、月間防御率は5月下旬にスランプに陥り5月は4点台だったが、それ以外の月はすべて2点台と安定した投球[15]ロン・ダーリングが「打者の目前で死んだように止まる」と評したチェンジアップがポストシーズンで威力を発揮[16]リーグチャンピオンシップシリーズ2008年のワールドシリーズでそれぞれ初戦と王手のかかった第5戦に登板。勝利に貢献し、両シリーズでMVPを受賞した。

2009年、メジャーで3シーズンを過ごしたことで年俸調停権を得たが調停は避け、1月18日に3年総額2,050万ドルの契約に合意[17]。レギュラーシーズンでは開幕から不振が続き、10勝11敗と初めて負け越した。

2010年は復調し、208.1回を投げて初の大台突破となる211奪三振をマーク。特にチェンジアップの空振り率は47.7%と両リーグトップを記録した(MLB平均は29.9%)。

2012年7月24日、翌年からの6年1億4400万ドルで契約延長した。総額はCC・サバシアの7年1億6100万ドルに次いで投手では当時歴代2位の大型契約で、7年目は2400万ドルのオプションがつく[18]

2014年3月27日上腕二頭筋腱炎で、15日間の故障者リスト入りした。9月1日のブレーブス戦、6イニングを無安打無失点、5四球、1死球、7奪三振、108球で降板し、残るイニングをジェイク・ディークマンケン・ジャイルズジョナサン・パペルボンが全打者をアウトに打ち取り、継投によるノーヒッターを達成した。

2015年7月25日カブス戦、2四球、13奪三振、129球でノーヒットノーランを達成した。20試合に先発登板し、防御率3.64・WHIP1.18という投球を見せていたが、勝ち運に恵まれず、6勝7敗と負け越した。

レンジャーズ時代[編集]

2015年7月31日にマット・ハリソンニック・ウィリアムズホルヘ・アルファーロジェイク・トンプソンジェラッド・エイックホフアレク・アッシャーとのトレードで、ジェイク・ディークマンと共にテキサス・レンジャーズへ移籍[19][20]。10月4日、マジック1で迎えたロサンゼルス・エンゼルスとのレギュラーシーズン最終戦で、移籍後初となる完投勝利で貢献し、チームの地区優勝を決めた。なお、移籍後は12試合に先発登板し、防御率は移籍前よりわずかに上昇したが、7勝1敗と勝ち星を荒稼ぎした。また、通算300先発登板を達成している。この年の通算成績は、32試合に先発で投げて防御率3.65・13勝8敗・212.1イニングで62四球・215奪三振という内容であり、通年で見ると3年ぶりの2ケタ勝利だった。

2016年6月12日のマリナーズ戦で通算2000奪三振を達成した[21]。シーズンでは32試合に先発し、15勝5敗、防御率3.32、奪三振200を記録。エースとして2年連続地区優勝を果たしたチームを引っ張った。しかし、トロント・ブルージェイズとのディヴィジョンシリーズでは、第1戦に先発したものの3回1/3を7失点で敗戦投手となり、チームも0勝3敗で敗退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 PHI 23 23 0 0 0 9 8 0 0 .529 558 132.1 117 19 48 4 3 145 5 0 66 60 4.08 1.25
2007 28 28 2 0 1 15 5 0 0 .750 743 183.1 163 25 43 4 3 177 5 0 72 69 3.39 1.12
2008 33 33 2 2 0 14 10 0 0 .583 914 227.1 193 28 53 7 1 196 0 0 89 78 3.09 1.08
2009 32 32 2 2 1 10 11 0 0 .476 814 193.2 206 24 43 4 5 168 1 0 95 93 4.32 1.29
2010 33 33 1 0 0 12 11 0 0 .522 856 208.2 185 26 61 5 8 211 3 0 74 71 3.06 1.18
2011 32 31 3 0 1 14 9 0 0 .609 850 216.0 169 19 44 2 5 194 3 3 68 67 2.79 0.99
2012 31 31 2 2 1 17 6 0 0 .739 867 215.1 190 24 52 3 3 216 3 2 80 73 3.05 1.12
2013 33 33 1 0 0 8 14 0 0 .364 905 220.0 205 21 50 5 9 202 4 0 94 88 3.60 1.16
2014 30 30 0 0 0 9 9 0 0 .500 829 204.2 176 14 59 3 8 198 6 1 60 56 2.46 1.15
2015 20 20 1 1 1 6 7 0 0 .462 537 128.2 113 12 39 3 6 137 7 2 53 52 3.64 1.18
TEX 12 12 1 0 0 7 1 0 0 .875 343 83.2 77 10 23 0 4 78 2 2 35 34 3.66 1.20
'15計 32 32 2 1 1 13 8 0 0 .619 880 212.1 190 22 62 3 10 215 9 4 88 86 3.65 1.19
2016 32 32 0 0 0 15 5 0 0 .750 848 200.2 185 24 77 1 8 200 4 1 83 74 3.32 1.31
通算:11年 339 338 15 7 5 136 96 0 0 .586 9064 2214.1 1979 246 592 41 63 2122 43 11 869 815 3.31 1.16
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 35 (2006年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Cole Hamels Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年6月27日閲覧。
  2. ^ Playboy August 2003” (英語). PlayboyStore.com. 2009年10月16日閲覧。
  3. ^ Phillies choose Hamels in first round” (英語). MLB.com (2002年6月4日). 2009年10月16日閲覧。
  4. ^ Phils sign No. 1 pick Cole Hamels” (英語). MLB.com (2002年8月23日). 2009年10月16日閲覧。
  5. ^ Phillies announce 2003 Paul Owens Award winners” (英語). MLB.com (2003年9月2日). 2009年10月16日閲覧。
  6. ^ a b Kimmey, Will (2005年11月14日). “2006 Top Ten Prospects: Philadelphia Phillies” (英語). Baseball America. 2009年10月16日閲覧。
  7. ^ Gennaria, Mike (2005年2月1日). “Hamels to have surgery on left hand” (英語). MLB.com. 2009年10月16日閲覧。
  8. ^ Phillies to call up Hamels” (英語). MLB.com (2006年5月10日). 2009年10月16日閲覧。
  9. ^ 杉浦大介 「MLB30球団最新レポート&全選手個人成績 フィラデルフィア・フィリーズ/PHI ベールを脱いだスーパールーキー」『スラッガー』2006年7月号、日本スポーツ企画出版社、2006年、雑誌 15509-7、80頁
  10. ^ Mandel, Ken (2006年5月24日). “Hamels on DL with left shoulder strain Condrey takes lefty's spot on roster; Madson back in rotation” (英語). MLB.com. 2008年12月17日閲覧。
  11. ^ Mandel, Ken (2007年4月21日). “Hamels K's 15 as Phils down Reds Left-hander posts first complete game as Philly evens series” (英語). MLB.com. 2008年12月17日閲覧。
  12. ^ Mandel, Ken (2007年8月22日). “Hamels lands on DL with elbow strain MRI exam of Phillies lefty shows no structural damage” (英語). MLB.com. 2008年12月17日閲覧。
  13. ^ Baseball Awards Voting for 2007” (英語). Baseball-Reference.com. 2008年12月17日閲覧。
  14. ^ 杉浦大介 「MLB30球団最新レポート&全選手個人成績 フィラデルフィア・フィリーズ/PHI エースがミニ・スランプから得たもの」『スラッガー』2008年8月号、日本スポーツ企画出版社、2008年、雑誌 15509-8、82項
  15. ^ Cole Hamels 2008 Pitching Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2008年12月17日閲覧。
  16. ^ 出野哲也 「ナ・リーグサイ・ヤング賞その他の候補]」『スラッガー』2008年12月号、日本スポーツ企画出版社、2008年、雑誌 15509-12、25項。
  17. ^ ESPN.com news services (2009年1月18日). “Phils lock in Hamels at 3 years, $20.5M” (英語). ESPN.com. 2009年10月16日閲覧。
  18. ^ Hamels staying in Philly after signing $144 million deal over six years CBSSports.com
  19. ^ 6対2の大型トレード成立へ! レンジャーズ、先発左腕C.ハメルズらを獲得”. ISM (2015年7月30日). 2015年8月2日閲覧。
  20. ^ Rangers get Cole Hamels, reliever for lefty Matt Harrison, 5 prospects”. ESPN (2015年7月29日). 2015年8月1日閲覧。
  21. ^ レンジャーズのC.ハメルズが2000奪三振達成! 現役では7人目”. コラミィ (2016年6月13日). 2016年10月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]