ジェレミー・ヘリクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェレミー・ヘリクソン
Jeremy Hellickson
フィラデルフィア・フィリーズ #58
Jeremy Hellickson 2011.jpg
レイズ時代 (2011年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アイオワ州デモイン
生年月日 1987年4月8日(28歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 ドラフト4巡目(全体118位)でタンパベイ・デビルレイズから指名
初出場 2010年8月2日 ミネソタ・ツインズ
年俸 $489,500(2012年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェレミー・ロバート・ヘリクソンJeremy Robert Hellickson, 1987年4月8日 - )は、アメリカ合衆国アイオワ州デモイン出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBフィラデルフィア・フィリーズ所属。

ニックネームは苗字をもじった「Hellboyヘルボーイ)」[2]

経歴[編集]

レイズ時代[編集]

2005年MLBドラフトタンパベイ・デビルレイズから4巡目(全体118位)指名を受け、プロ入り。ルーキー級プリンストン・デビルレイズで4試合に登板し、防御率6.00だった。

2006年はA-級ハドソンバレー・レネゲイズで15試合に登板し、4勝3敗、防御率2.43だった。

2007年はA級コロンバス・キャットフィッシュで21試合に登板し、13勝2敗、防御率2.67だった。

2008年はA+級ベロビーチ・デビルレイズで開幕を迎え、14試合に登板。7勝1敗、防御率2.00と好投し、6月にAA級モンゴメリー・ビスケッツへ昇格。AA級では13試合に登板し、4勝4敗、防御率3.94だった。

2009年はAA級モンゴメリーで開幕を迎え、11試合に登板。3勝1敗、防御率2.38の成績で、7月にAAA級ダーラム・ブルズへ昇格。AAA級では9試合に登板し、6勝1敗、防御率2.51だった。オフの11月19日にレイズとメジャー契約を結び[3]、40人枠入りを果たした。

2010年3月3日にレイズと1年契約に合意し、3月16日にAAA級ダーラムへ異動した[4]。AAA級では21試合に登板し、12勝3敗、防御率2.68と好投。7月にはオールスター・フューチャーズゲームで米国選抜に選出された。8月2日にメジャーへ昇格し[5]、同日のミネソタ・ツインズ戦で先発起用されメジャーデビュー。7回を3安打2失点6奪三振に抑え、メジャー初勝利を挙げた[6]。昇格後3連勝をするなど好投を続けたが、8月20日のオークランド・アスレチックス戦で勝ち負けこそ付かなかったものの、3失点を喫した。ジェフ・ニーマンウェイド・デービスが故障者リストから復帰したこともあり、8月21日にA+級シャーロット・ストーンクラブズへ降格[7]。ロースターが拡大した9月1日にメジャーへ再昇格。その後はリリーフとして6試合で起用されたが、ブロウンセーブを記録するなど、結果を残せないままシーズンを終了した。この年は10試合に登板し、4勝0敗、防御率3.47だった。また、マイナーリーグでの活躍が評価され、ベースボール・アメリカ・マイナーリーグ年間最優秀選手賞USAトゥデイ・マイナーリーグ年間最優秀選手賞を受賞した。

2011年は開幕からローテーションを守り、29試合に登板。13勝10敗、防御率2.95の成績を記録した。チームはテキサス・レンジャーズとの地区シリーズに勝ち進み、ヘリクソンはロースター入りを果たした。1勝3敗で迎えた10月4日の第4戦に先発起用されたが、4回を投げ4安打3失点3本塁打の乱調で敗戦投手となり[8]、チームは敗退した。オフの10月21日に新人王を獲得した[9]

2012年は開幕から好投を続けていたが、6月19日に右肩の故障で15日間の故障者リスト入りした[10]。6月30日に復帰[11]。最終戦となった10月3日のボルチモア・オリオールズ戦で10勝目を挙げ、2年連続の二桁勝利を記録した。この年は31試合に登板し、10勝11敗、防御率3.10だった。オフの10月30日にゴールドグラブ賞を受賞した[12]

2013年は開幕から5月末までの11試合で2勝2敗と、なかなか勝ち星を挙げられなかったが、6月からは順調に勝ち星を積み重ね、最終的に32試合の登板で、12勝(10敗)を挙げ、3年連続の二桁勝利を挙げた。防御率は自己最低の5.17だった。チームはワイルドカードゲームに進出したが、先発のヘリクソンはロースター外となった。レイズはボストン・レッドソックスとの地区シリーズへ駒を進めたため、10月4日にロースター入りした[13]。1勝3敗で迎えた10月8日の第4戦で先発起用され、1回を三者凡退に抑えたが、2回表に2つの四球とダニエル・ナバに安打を打たれ、満塁のピンチを招き降板した[14]。後続のジェイミー・ライトが無失点に抑えたものの、チームは試合に負け、シーズンは終了した。

2014年1月17日にレイズと362万5000ドル+出来高の1年契約に合意した[15][16]2月3日に右肘の関節鏡下手術を行ったため、開幕後6週間から8週間リハビリに費やすこととなった[17]。3月30日に15日間の故障者リスト入りし[18]、7月7日に故障者リストから外れた[19]。7月8日のコロラド・ロッキーズ戦で復帰し、4.1回を6安打1失点に抑えたが、勝ち負けは付かなかった。7月13日にA+級シャーロットへ降格[20]。A級で1試合に登板後、AAA級ダーラムへ昇格。5試合に登板し、1勝4敗、防御率7.23と打ち込まれたが、右の先発が不足しているチーム事情から、7月26日にメジャーへ再昇格した[21]。シーズン終了までローテーションを守ったが、この年は13試合の登板で、1勝5敗、防御率4.52だった。

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2014年11月14日アンドリュー・ベラスケスジャスティン・ウィリアムズとのトレードで、アリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍した[22]

2015年1月16日にダイヤモンドバックスと427万5000ドルの1年契約に合意[23]。開幕から先発ローテーションを守っていたが、8月20日に左ハムストリングの故障で15日間の故障者リスト入りした[24]。9月11日に故障者リストから外れ[25]、復帰後は4試合に登板したが、4連敗を喫している。この年は27試合に登板し、9勝12敗、防御率4.62だった。

フィリーズ時代[編集]

2015年11月14日にサム・マクウィリアムスとのトレードでフィラデルフィア・フィリーズへ移籍した[26]

投球スタイル[編集]

投球全体の約40%が平均球速145km/hのフォーシームで、変化球では平均球速130km/hのチェンジアップが最も多く、約20%以上を占める。その他には、平均球速122km/hのカーブ、平均球速143km/hのツーシームを投げる。また、持ち球には平均球速143km/hのカットボールもあるが、2014年を最後に投げなくなり、代わりに2015年から平均球速129km/hという遅いシンカーを投げるようになった[27]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 TB 10 4 0 0 0 4 0 0 0 1.000 149 36.1 32 5 8 2 2 33 2 0 14 14 3.47 1.10
2011 29 29 2 1 1 13 10 0 0 .565 774 189.0 146 21 72 8 4 117 8 1 64 62 2.95 1.15
2012 31 31 0 0 0 10 11 0 0 .476 741 177.0 163 25 59 3 4 124 5 0 68 61 3.10 1.25
2013 32 31 0 0 0 12 10 0 0 .545 737 174.0 185 24 50 0 4 135 7 2 103 100 5.17 1.35
2014 13 13 0 0 0 1 5 0 0 .167 281 63.2 71 8 21 1 2 54 8 0 35 32 4.52 1.44
2015 ARI 27 27 0 0 0 9 12 0 0 .429 636 146.0 151 22 43 3 6 121 5 0 79 75 4.62 1.33
通算:6年 142 135 2 1 1 49 48 0 0 .505 3318 786 748 105 253 17 22 584 35 3 363 344 3.94 1.27
  • 2015年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 58 (2010年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Jeremy Hellickson Stats, News, Pictures, Bio, Videos ESPN
  2. ^ Hellboy, Rays Down Boston 6-2”. WDAE (2013年6月19日). 2015年7月20日閲覧。
  3. ^ “Rays add three to 40-man roster”. Rays Press Release. MLB.com. (2009年11月19日). http://tampabay.rays.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20091119&content_id=7689434&vkey=pr_tb&fext=.jsp&c_id=tb 2015年10月23日閲覧。 
  4. ^ Anthony DiComo (2010年3月16日). “Hellickson, Jennings sent down by Rays”. MLB.com. 2015年10月23日閲覧。
  5. ^ Rotation gets a collective breather”. MLB.com (2010年8月2日). 2015年10月23日閲覧。
  6. ^ Scores for Aug 2, 2010”. ESPN MLB (2010年8月2日). 2015年10月23日閲覧。
  7. ^ Bill Chastain (2010年8月21日). “Hellickson optioned to Class A after loss”. MLB.com. 2015年10月23日閲覧。
  8. ^ Scores for Oct 4, 2011”. ESPN MLB (2011年10月4日). 2015年10月23日閲覧。
  9. ^ “Hellickson named 2011 Rookie of the Year by Baseball America”. Rays Press Release. MLB.com. (2011年10月21日). http://tampabay.rays.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20111021&content_id=25742454&vkey=pr_tb&fext=.jsp&c_id=tb 2015年10月23日閲覧。 
  10. ^ Bill Chastain (2012年6月19日). “Hellickson to DL; Archer to debut Wednesday”. MLB.com. 2015年10月23日閲覧。
  11. ^ Hellickson, Farnsworth, Peralta return for Rays”. MLB.com (2012年6月30日). 2015年10月23日閲覧。
  12. ^ “Hellickson wins Rawlings A.L. Gold Glove Award”. Rays Press Release. MLB.com. (2012年10月30日). http://m.rays.mlb.com/news/article/40129910 2015年10月23日閲覧。 
  13. ^ Adam Berry (2013年10月4日). “Rays carrying all five starters on ALDS roster”. MLB.com. 2015年10月23日閲覧。
  14. ^ Scores for Oct 8, 2013”. ESPN MLB (2013年10月8日). 2015年10月23日閲覧。
  15. ^ “Rays agree to terms with Hellickson, Joyce, Lobaton, McGee, Ramos, Rodriguez for 2014”. Rays Press Release. MLB.com. (2014年1月17日). http://m.rays.mlb.com/news/article/66788582 2014年1月18日閲覧。 
  16. ^ Adam Berry (2014年1月17日). “Rays sign six players, avoid arbitration process”. MLB.com. 2014年1月18日閲覧。
  17. ^ Adam Berry (2014年2月3日). “Rays' Hellickson undergoes elbow surgery”. MLB.com. 2014年2月4日閲覧。
  18. ^ “2014 Rays Opening Day roster”. Rays Press Release. MLB.com. (2014年3月30日). http://m.rays.mlb.com/news/article/70457604 2015年10月23日閲覧。 
  19. ^ Bill Chastain (2014年7月7日). “Hellickson set to start Tuesday in return to Rays”. MLB.com. 2015年10月23日閲覧。
  20. ^ Bill Chastain (2014年7月13日). “Hellickson optioned to Double-A as McGee returns”. MLB.com. 2015年10月23日閲覧。
  21. ^ David Adler (2014年7月26日). “Rays designate Oviedo to make room for Hellickson”. MLB.com. 2015年10月23日閲覧。
  22. ^ “D-backs acquire Hellickson from Rays in exchange for Velazquez and Williams”. D-backs Press Release. MLB.com. (2014年11月14日). http://m.dbacks.mlb.com/news/article/101503952 2015年10月23日閲覧。 
  23. ^ Joey Nowak (2015年1月16日). “D-backs avoid arbitration with Hellickson”. MLB.com. 2015年10月23日閲覧。
  24. ^ “D-backs place Jeremy Hellickson on 15-Day DL, Recall Chase Anderson from AAA Reno”. D-backs Press Release. MLB.com. (2015年8月20日). http://m.dbacks.mlb.com/news/article/144308986 2015年10月23日閲覧。 
  25. ^ Steve Gilbert (2015年9月11日). “Hellickson activated from DL, will start Monday”. MLB.com. http://m.dbacks.mlb.com/news/article/148789032 2015年10月23日閲覧。 
  26. ^ Todd Zolecki (2015年11月14日). “Phils add veteran Hellickson to rotation”. MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/157308286/phillies-trade-for-pitcher-jeremy-hellickson 2015年11月15日閲覧。 
  27. ^ Brooks Baseball · Home of the PitchFX Tool - Player Card: Jeremy Hellickson

外部リンク[編集]