最優秀新人選手賞 (MLB)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

最優秀新人選手賞 (さいゆうしゅうしんじんせんしゅしょう、ルーキー・オブ・ザ・イヤー、Rookie of the Year Award) はメジャーリーグベースボール(以下、MLB)において、その年のシーズンで最も活躍した新人選手に贈られる賞。日本の報道では便宜上、日本プロ野球での呼称に合わせて「新人王」と呼ぶこともある。

概要[編集]

最優秀新人選手賞は各年のシーズン終了後、全米野球記者協会 (BBWAA) の投票により、アメリカンリーグナショナルリーグからそれぞれ1人が選ばれる。1947年に制定され、1948年まではMLB全体で1人のみ選出、1949年以降は各リーグごとに1人選出となった。最初の受賞者はジャッキー・ロビンソン。これを記念して1987年に「ジャッキー・ロビンソン賞」という別名がつけられた。

フレッド・リン1975年)とイチロー2001年)の2人が、最優秀選手賞 (MVP)との同時受賞を果たしている。また、フェルナンド・バレンズエラ1981年)はサイ・ヤング賞との同時受賞を果たした唯一の選手となっている。

日本人選手では、野茂英雄1995年)、佐々木主浩2000年)、イチロー、大谷翔平2018年)が受賞している。

ルーキー資格[編集]

前年までのMLB通算実績が、以下の両条件を満たす選手のみ受賞資格を持つ[1]。必ずしもMLBデビュー1年目のみに限定はされていない。

  1. 打者なら打席数130以内、投手なら投球回50イニング以内
  2. アクティブ・ロースター登録期間が45日以内

資格に関する論争[編集]

上記の通り、ルーキー資格の有無はMLBでの経歴だけで決定されるが、一部から「レベルの高い他国リーグ(特に日本プロ野球)で実績を残してMLBに移籍したスター選手については、受賞対象とすべきでない」との主張がある。

このような考え方が広まったのは、1995年に野茂英雄が受賞、2000年と2001年には佐々木主浩イチローが2年連続で受賞したことで活発に議論されるようになった。松井秀喜のMLBデビュー年(2003年)の投票では複数の記者が反対運動を行なって影響を及ぼし、論争を呼んだ[2][3]

2012年には「今季から施行の新労使協定上、日本韓国台湾キューバのプロリーグからMLBに移籍する23歳以上の選手(当時のダルビッシュ有らが該当)は契約上、新人選手としない」との報道がされ[3]、これにBBWAAが「受賞資格自体は失わない」と声明を発表する騒動が起こった[4][5]

2014年にも、田中将大およびキューバ国内リーグで実績を残しているホセ・アブレイユのルーキー資格を巡ってFOX SPORTSが検証記事を発表したほか[5]FOX専属解説者のゲーブ・キャプラー(元巨人)が「日本とキューバのリーグのレベルが高いのは明らか」として「受賞資格の調節が必要」と述べた。

しかし、こうした意見は日米ともにどちらかと言えば少数派であり、MLB機構では条件見直しの動きはない。また、この賞の別名となっているジャッキー・ロビンソンの他、ドン・ニューカムサム・ジェスロー英語版ニグロ・リーグでのプレー実績があるもののルーキー扱いとされた前例も、現状維持派の根拠となっている[5]

受賞者一覧[編集]

凡例

  • 表中の守備の項は選手の守備位置を表し、以下の略記で示す。
P:投手 C:捕手 1B:一塁手 2B:二塁手 SS:遊撃手 3B:三塁手 OF:外野手 DH:指名打者
年度 ナショナルリーグ アメリカンリーグ
受賞選手 守備 所属チーム 受賞選手 守備 所属チーム
1947 ジャッキー・ロビンソン 1B ブルックリン・ドジャース -
1948 アルヴィン・ダーク SS ボストン・ブレーブス -
1949 ドン・ニューカム P ブルックリン・ドジャース ロイ・シーバース OF セントルイス・ブラウンス
1950 サム・ジェスロー OF ボストン・ブレーブス ウォルト・ドローポ 1B ボストン・レッドソックス
1951 ウィリー・メイズ OF ニューヨーク・ジャイアンツ ギル・マクドゥガルド 3B ニューヨーク・ヤンキース
1952 ジョー・ブラック P ブルックリン・ドジャース ハリー・バード P フィラデルフィア・アスレチックス
1953 ジム・ギリアム 2B ブルックリン・ドジャース ハービー・キーン SS デトロイト・タイガース
1954 ウォーリー・ムーン OF セントルイス・カージナルス ボブ・グリム P ニューヨーク・ヤンキース
1955 ビル・バードン OF セントルイス・カージナルス ハーブ・スコア P クリーブランド・インディアンス
1956 フランク・ロビンソン OF シンシナティ・レッズ ルイス・アパリシオ SS シカゴ・ホワイトソックス
1957 ジャック・サンフォード P フィラデルフィア・フィリーズ トニー・クーベック SS ニューヨーク・ヤンキース
1958 オーランド・セペダ 1B サンフランシスコ・ジャイアンツ アルビー・ピアソン OF ワシントン・セネターズ
1959 ウィリー・マッコビー 1B サンフランシスコ・ジャイアンツ ボブ・アリソン OF ワシントン・セネターズ
1960 フランク・ハワード OF ロサンゼルス・ドジャース ロン・ハンセン SS ボルチモア・オリオールズ
1961 ビリー・ウィリアムズ OF シカゴ・カブス ドン・シュウォール P ボストン・レッドソックス
1962 ケン・ハブス 2B シカゴ・カブス トム・トレッシュ SS ニューヨーク・ヤンキース
1963 ピート・ローズ 2B シンシナティ・レッズ ゲイリー・ピータース P シカゴ・ホワイトソックス
1964 ディック・アレン 3B フィラデルフィア・フィリーズ トニー・オリバ OF ミネソタ・ツインズ
1965 ジム・ラフィーバー 2B ロサンゼルス・ドジャース カート・ブレファリー OF ボルチモア・オリオールズ
1966 トミー・ヘルムズ 2B シンシナティ・レッズ トミー・エイジー OF シカゴ・ホワイトソックス
1967 トム・シーバー P ニューヨーク・メッツ ロッド・カルー 2B ミネソタ・ツインズ
1968 ジョニー・ベンチ C シンシナティ・レッズ スタン・バーンセン P ニューヨーク・ヤンキース
1969 テッド・サイズモア 2B ロサンゼルス・ドジャース ルー・ピネラ OF カンザスシティ・ロイヤルズ
1970 カール・モートン P モントリオール・エクスポズ サーマン・マンソン C ニューヨーク・ヤンキース
1971 アール・ウィリアムズ C アトランタ・ブレーブス クリス・チャンブリス P クリーブランド・インディアンス
1972 ジョン・マトラック P ニューヨーク・メッツ カールトン・フィスク C ボストン・レッドソックス
1973 ゲイリー・マシューズ OF サンフランシスコ・ジャイアンツ アル・バンブリー OF ボルチモア・オリオールズ
1974 ベイク・マクブライド OF セントルイス・カージナルス マイク・ハーグローヴ 1B テキサス・レンジャーズ
1975 ジョン・モンテフュスコ P サンフランシスコ・ジャイアンツ フレッド・リン OF ボストン・レッドソックス
1976 ブッチ・メッツガー
パット・ザクリー
P
P
サンディエゴ・パドレス
シンシナティ・レッズ
マーク・フィドリッチ P デトロイト・タイガース
1977 アンドレ・ドーソン OF モントリオール・エクスポズ エディ・マレー DH ボルチモア・オリオールズ
1978 ボブ・ホーナー 3B アトランタ・ブレーブス ルー・ウィテカー 2B デトロイト・タイガース
1979 リック・サトクリフ P ロサンゼルス・ドジャース ジョン・カスティーノ
アルフレッド・グリフィン
3B
SS
ミネソタ・ツインズ
トロント・ブルージェイズ
1980 スティーブ・ハウ P ロサンゼルス・ドジャース ジョー・シャボニュー OF クリーブランド・インディアンス
1981 フェルナンド・バレンズエラ P ロサンゼルス・ドジャース デーブ・リゲッティ P ニューヨーク・ヤンキース
1982 スティーブ・サックス 2B ロサンゼルス・ドジャース カル・リプケン SS ボルチモア・オリオールズ
1983 ダリル・ストロベリー OF ニューヨーク・メッツ ロン・キトル OF シカゴ・ホワイトソックス
1984 ドワイト・グッデン P ニューヨーク・メッツ アルビン・デービス 1B シアトル・マリナーズ
1985 ビンス・コールマン OF セントルイス・カージナルス オジー・ギーエン SS シカゴ・ホワイトソックス
1986 トッド・ウォーレル P セントルイス・カージナルス ホセ・カンセコ OF オークランド・アスレチックス
1987 ベニート・サンティアゴ C サンディエゴ・パドレス マーク・マグワイア 1B オークランド・アスレチックス
1988 クリス・セイボ 3B シンシナティ・レッズ ウォルト・ワイス SS オークランド・アスレチックス
1989 ジェローム・ウォルトン OF シカゴ・カブス グレッグ・オルソン P ボルチモア・オリオールズ
1990 デビッド・ジャスティス OF アトランタ・ブレーブス サンディ・アロマー・ジュニア C クリーブランド・インディアンス
1991 ジェフ・バグウェル 1B ヒューストン・アストロズ チャック・ノブロック 2B ミネソタ・ツインズ
1992 エリック・ケアロス 1B ロサンゼルス・ドジャース パット・リスタッチ SS ミルウォーキー・ブルワーズ
1993 マイク・ピアッツァ C ロサンゼルス・ドジャース ティム・サーモン OF カルフォルニア・エンゼルス
1994 ラウル・モンデシー OF ロサンゼルス・ドジャース ボブ・ハムリン DH カンザスシティ・ロイヤルズ
1995 野茂英雄 P ロサンゼルス・ドジャース マーティ・コルドバ OF ミネソタ・ツインズ
1996 トッド・ホランズワース OF ロサンゼルス・ドジャース デレク・ジーター SS ニューヨーク・ヤンキース
1997 スコット・ローレン 3B フィラデルフィア・フィリーズ ノマー・ガルシアパーラ SS ボストン・レッドソックス
1998 ケリー・ウッド P シカゴ・カブス ベン・グリーブ OF オークランド・アスレチックス
1999 スコット・ウィリアムソン P シンシナティ・レッズ カルロス・ベルトラン OF カンザスシティ・ロイヤルズ
2000 ラファエル・ファーカル SS アトランタ・ブレーブス 佐々木主浩 P シアトル・マリナーズ
2001 アルバート・プホルス 1B セントルイス・カージナルス イチロー OF シアトル・マリナーズ
2002 ジェイソン・ジェニングス P コロラド・ロッキーズ エリック・ヒンスキー 3B トロント・ブルージェイズ
2003 ドントレル・ウィリス P フロリダ・マーリンズ アンヘル・ベローア SS カンザスシティ・ロイヤルズ
2004 ジェイソン・ベイ OF ピッツバーグ・パイレーツ ボビー・クロスビー SS オークランド・アスレチックス
2005 ライアン・ハワード 1B フィラデルフィア・フィリーズ ヒューストン・ストリート P オークランド・アスレチックス
2006 ハンリー・ラミレス SS フロリダ・マーリンズ ジャスティン・バーランダー P デトロイト・タイガース
2007 ライアン・ブラウン 3B ミルウォーキー・ブルワーズ ダスティン・ペドロイア 2B ボストン・レッドソックス
2008 ジオバニー・ソト C シカゴ・カブス エバン・ロンゴリア 3B タンパベイ・レイズ
2009 クリス・コグラン OF フロリダ・マーリンズ アンドリュー・ベイリー P オークランド・アスレチックス
2010 バスター・ポージー C サンフランシスコ・ジャイアンツ ネフタリ・フェリス P テキサス・レンジャーズ
2011 クレイグ・キンブレル P アトランタ・ブレーブス ジェレミー・ヘリクソン P タンパベイ・レイズ
2012 ブライス・ハーパー OF ワシントン・ナショナルズ マイク・トラウト OF ロサンゼルス・エンゼルス
2013 ホセ・フェルナンデス P マイアミ・マーリンズ ウィル・マイヤーズ OF タンパベイ・レイズ
2014 ジェイコブ・デグロム P ニューヨーク・メッツ ホセ・アブレイユ 1B シカゴ・ホワイトソックス
2015 クリス・ブライアント 3B シカゴ・カブス カルロス・コレア SS ヒューストン・アストロズ
2016 コーリー・シーガー SS ロサンゼルス・ドジャース マイケル・フルマー P デトロイト・タイガース
2017 コディ・ベリンジャー 1B ロサンゼルス・ドジャース アーロン・ジャッジ OF ニューヨーク・ヤンキース
2018 ロナルド・アクーニャ OF アトランタ・ブレーブス 大谷翔平 P,DH ロサンゼルス・エンゼルス
2019 ピート・アロンソ 1B ニューヨーク・メッツ ヨルダン・アルバレス 1B ヒューストン・アストロズ
2020 デビン・ウィリアムズ P ミルウォーキー・ブルワーズ カイル・ルイス OF シアトル・マリナーズ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Transaction Glossary” (英語). Cot's Baseball Contracts. 2020年11月12日閲覧。
  2. ^ “新人王逃した03年の松井秀喜氏 ヤ軍オーナー“異例”の記者批判は「正しかった」?”. Full-Count. (2020年5月12日). https://full-count.jp/2020/05/12/post771156/ 2020年11月13日閲覧。 
  3. ^ a b “ダルに新人王資格なし”. 日刊スポーツ. (2012年1月31日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20120131-897114.html 2020年11月17日閲覧。 
  4. ^ ダルビッシュはこの2012年の最優秀新人選手賞投票でア・リーグ3位だった。
  5. ^ a b c “論争ふたたび!? 田中に新人王の資格はあるのか”. BASEBALL KING. (2014年7月1日). https://baseballking.jp/ns/3345 2020年11月17日閲覧。 

関連項目[編集]