ディック・アレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディック・アレン
Dick Allen
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 ペンシルヴェニア州ワムポム
生年月日 1942年3月8日(72歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手三塁手
プロ入り 1960年
初出場 1963年9月3日
最終出場 1977年6月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

リチャード・アンソニー・アレンRichard Anthony Allen, 1942年3月8日 - )は、メジャーリーグベースボールの元選手。ポジションは一塁手三塁手アメリカ合衆国ペンシルヴェニア州ワムポム出身。ニックネームは「Wampum Walloper」。

経歴[編集]

フィラデルフィア・フィリーズ[編集]

1960年フィラデルフィア・フィリーズと契約。1963年にAAA級で33本塁打・97打点を記録し、9月3日ミルウォーキー・ブレーブス戦でメジャーデビュー。1964年は開幕から三塁のレギュラーに定着。全試合に出場し、打率.318・29本塁打・91打点、いずれもリーグトップの125得点・13三塁打・352塁打・138三振を記録。チームは残り12試合で2位に6.5ゲーム差を付けリーグ優勝をほぼ手中にしていたが、そこから10連敗を喫し2位に終わった。ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票では2位以下に大きく差を付けて受賞。1965年は自身初のオールスターゲームに選出され、以後3年連続で選出。1966年は5月に故障者リスト入りするが、前半戦で21本塁打を記録。最終的に打率.317、ハンク・アーロンに次ぐリーグ2位の40本塁打、共にリーグ3位の110打点・112得点、共にリーグトップの長打率.632・OPS1.027の成績で、MVPの投票で4位に入った。1967年8月23日を最後に故障で離脱するが、共にリーグトップの出塁率.404・OPS.970を記録。1968年ウィリー・マッコヴィーに次ぐリーグ2位の33本塁打。1969年は故障で6月から約1ヶ月欠場するが、チームトップの32本塁打・89打点を記録。10月7日カート・フラッドティム・マッカーヴァーら4選手との交換トレードで、クッキー・ロハス他1選手とともにセントルイス・カーディナルスに移籍[1]

セントルイス・カーディナルス[編集]

1970年は前半戦で25本塁打を放ち、3年ぶりにオールスターゲームに選出される。後半戦でまたも故障し122試合の出場に留まるが、34本塁打・101打点を記録した。10月5日に2選手との交換トレードでロサンゼルス・ドジャースに移籍。

ロサンゼルス・ドジャース[編集]

1971年は怪我なくシーズンを過ごし、リーグ4位の93四球を記録したが、23本塁打・90打点とやや期待外れの成績に終わり、12月2日トミー・ジョン他1選手との交換トレードでシカゴ・ホワイトソックスに移籍。

シカゴ・ホワイトソックス[編集]

1972年は2年ぶりにオールスターゲームに選出される。最終的に打率.308、いずれもリーグトップの37本塁打・113打点・99四球・出塁率.420・長打率.603・OPS1.023の大活躍でMVPを受賞した。1973年は6月まで打率.310・16本塁打と好調だったが、故障で離脱。7月末に復帰するがすぐに離脱し、レギュラー定着以後最少の72試合の出場に終わる。1974年は前半戦で26本塁打を記録し、3年連続でオールスターゲームに選出される。しかし同年シカゴ・カブスから移籍してきたロン・サントと衝突し、「奴はカブスにいた時のようにチームのリーダーを気取っている」などと発言した。9月8日を最後に欠場するが、リーグトップの32本塁打・長打率.563・OPS.938をマーク。12月3日に後日発表選手プラス金銭との交換トレードでブレーブスに移籍。

以後[編集]

1975年3月7日に2選手プラス金銭との交換トレードで古巣フィリーズに復帰。しかし同年は12本塁打・62打点、1976年も15本塁打・49打点と振るわず。オフにフリーエージェントとなり、1977年3月16日オークランド・アスレティックスと契約。4月は打率.313と好調なスタートを切るが、徐々に失速。6月19日を最後に離脱し、打率.240・5本塁打に終わる。1978年3月28日に解雇され、現役引退。

人物[編集]

アクの強い性格で、現役時代のみならず引退後も有名。1966年にはヒューストン・アストロズの本拠地アストロドームに敷かれた人工芝について、「馬が食わない代物の上でプレイ出来るか」と批判した。

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1963 PHI 10 25 24 6 7 2 1 0 11 2 0 0 0 1 0 0 0 5 2 .292 .280 .458 .738
1964 162 708 632 125 201 38 13 29 352 91 3 4 6 3 67 13 0 138 8 .318 .382 .557 .939
1965 161 707 619 93 187 31 14 20 306 85 15 2 6 6 74 6 2 150 13 .302 .375 .494 .870
1966 141 599 524 112 166 25 10 40 331 110 10 6 0 4 68 13 3 136 9 .317 .396 .632 1.027
1967 122 540 463 89 142 31 10 23 262 77 20 5 1 0 75 18 1 117 9 .307 .404 .566 .970
1968 152 605 521 87 137 17 9 33 271 90 7 7 2 7 74 15 1 161 7 .263 .352 .520 .872
1969 118 506 438 79 126 23 3 32 251 89 9 3 0 4 64 10 0 144 10 .288 .375 .573 .949
1970 STL 122 533 459 88 128 17 5 34 257 101 5 4 0 1 71 16 2 118 9 .279 .377 .560 .937
1971 LAD 155 649 549 82 162 24 1 23 257 90 8 1 1 5 93 13 1 113 23 .295 .395 .468 .863
1972 CWS 148 609 506 90 156 28 5 37 305 113 19 8 0 3 99 16 1 126 13 .308 .420 .603 1.023
1973 72 288 250 39 79 20 3 16 153 41 7 2 1 3 33 3 1 51 9 .316 .394 .612 1.006
1974 128 525 462 84 139 23 1 32 260 88 7 1 0 5 57 9 1 89 16 .301 .375 .563 .938
1975 PHI 119 481 416 54 97 21 3 12 160 62 11 2 1 4 58 4 2 109 19 .233 .327 .385 .712
1976 85 339 298 52 80 16 1 15 143 49 11 4 1 3 37 2 0 63 13 .268 .346 .480 .826
1977 ATL 54 200 171 19 41 4 0 5 60 31 1 3 0 4 24 0 1 36 4 .240 .330 .351 .681
通算:15年 1749 7314 6332 1099 1848 320 79 351 3379 1119 133 52 19 53 894 138 16 1556 164 .292 .378 .534 .912
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フラッドがこれを拒否したため法廷闘争に及び(カート・フラッド事件)、翌年8月30日に2選手がフィリーズに移りトレードは完結した。

外部リンク[編集]