ジェシー・バーフィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェシー・バーフィールド
Jesse Barfield
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州ジョリエット
生年月日 1959年10月29日(54歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1977年 ドラフト9巡目
初出場 MLB / 1981年9月3日
NPB / 1993年4月10日
最終出場 MLB / 1992年6月17日
NPB / 1993年10月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

ジェシー・リー・バーフィールドJesse Lee Barfield, 1959年10月29日 - )は、MLBNPBの元選手。ポジションは外野手アメリカ合衆国イリノイ州ジョリエット出身。

経歴[編集]

トロント・ブルージェイズ[編集]

1977年MLBドラフトトロント・ブルージェイズから9巡目に指名を受け入団。1981年9月3日のシカゴ・ホワイトソックス戦でメジャーデビュー。1982年に18本塁打をマークし、ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票で8位に入る。1985年は打率.289・27本塁打・84打点・22盗塁の好成績で、球団創設以来初の地区優勝に貢献。カンザスシティ・ロイヤルズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは、3勝1敗と王手をかけてから3連敗を喫し、リーグ優勝はならなかった。MVPの投票では7位に入った。1986年オールスターゲームに初めて選出される。打率.289・40本塁打・108打点を記録し、最多本塁打のタイトルを獲得。自身初のシルバースラッガー賞ゴールドグラブ賞を受賞し、MVPの投票でも5位に入る。同時期に活躍したジョージ・ベルロイド・モスビーと共に、ブルージェイズの「最高の外野トリオ」を形成した。当時のアメリカンリーグで最も肩が強いと言われていたのはドワイト・エバンスだったが、その彼に匹敵する肩とまで言われていた[1]

1989年4月30日にアル・ライターとの交換トレードでニューヨーク・ヤンキースに移籍。

ニューヨーク・ヤンキース[編集]

1990年4月26日シアトル・マリナーズ戦で、4回にランディ・ジョンソンから左中間へフェンスオーバーの大飛球を放ち、通算200本塁打達成かと思われたが、ケン・グリフィー・ジュニアのスーパーキャッチに阻まれた。しかし次の打席で本塁打を放ち記録を達成した。同年は25本塁打を記録したが、以降は故障もあって成績は下降。1992年オフにフリーエージェントとなり、一度は引退を余儀なくされる[2]

読売ジャイアンツ[編集]

1993年、メジャー通算241本塁打の実績を引っ提げて読売ジャイアンツに入団。かつての同僚モスビーと再びチームメイトとなる。しかし右手首の手術直後であり、また変化球が苦手という弱点を執拗に突かれ、チームトップの26本塁打・53打点を記録するものの、打率.215・127三振に終わり、1年で退団。当時ヤクルトスワローズ監督の野村克也がその強肩と長打力を高く評価して獲得に動き、一旦入団が内定したが、メジャー球団との二重契約問題が発生したため断念した。


息子のジョシュ・バーフィールド2001年のMLBドラフトサンディエゴ・パドレスから4巡目に指名を受けた。現在はボルティモア・オリオールズ傘下のマイナーでプレイしている。もう一人の息子ジェレミーも2006年のMLBドラフトニューヨーク・メッツから9巡目に指名を受けたが、同年父ジェシーを口論の末に階段から突き落とし、逮捕された。その後2008年のMLBドラフトオークランド・アスレティックスから8巡目に指名を受け入団。現在は傘下のマイナーでプレイしている。

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

MLB
  • 最多本塁打 1回:1986年
  • ゴールドグラブ賞 2回:1986年, 1987年
  • シルバースラッガー賞 1回:1986年
  • MLBオールスターゲーム選出 1回:1986年
NPB

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1981 TOR 25 100 95 7 22 3 2 2 35 9 4 3 0 0 4 0 1 19 4 .232 .270 .368 .638
1982 139 446 394 54 97 13 2 18 168 58 1 4 6 1 42 3 3 79 7 .246 .323 .426 .749
1983 128 420 388 58 98 13 3 27 198 68 2 5 1 5 22 0 4 110 8 .253 .296 .510 .806
1984 110 360 320 51 91 14 1 14 149 49 8 2 1 2 35 5 2 81 5 .284 .357 .466 .822
1985 155 612 539 94 156 34 9 27 289 84 22 8 0 3 66 5 4 143 14 .289 .369 .536 .905
1986 158 671 589 107 170 35 2 40 329 108 8 8 0 5 69 5 8 146 9 .289 .368 .559 .927
1987 159 654 590 89 155 25 3 28 270 84 3 5 1 2 58 7 3 141 13 .263 .331 .458 .788
1988 137 520 468 62 114 21 5 18 199 56 7 3 4 6 41 6 1 108 10 .244 .302 .425 .728
1989 21 86 80 8 16 4 0 5 35 11 0 2 0 0 5 0 1 28 0 .200 .256 .438 .693
NYY 129 529 441 71 106 19 1 18 181 56 5 3 1 3 82 6 2 122 8 .240 .360 .410 .770
'89計 150 615 521 79 122 23 1 23 216 67 5 5 1 3 87 6 3 150 8 .234 .345 .415 .760
1990 153 570 476 69 117 21 2 25 217 78 4 3 2 5 82 4 5 150 6 .246 .359 .456 .815
1991 84 321 284 37 64 12 0 17 127 48 1 0 0 1 36 6 0 80 11 .225 .312 .447 .759
1992 30 105 95 8 13 2 0 2 21 7 1 1 0 1 9 2 0 27 5 .137 .210 .221 .431
1993 巨人 104 420 344 52 74 8 2 26 164 53 1 2 0 0 70 1 6 127 7 .215 .357 .477 .834
MLB:12年 1428 5394 4759 715 1219 216 30 241 2218 716 66 47 16 34 551 49 34 1234 100 .256 .335 .466 .802
NPB:1年 104 420 344 52 74 8 2 26 164 53 1 2 0 0 70 1 6 127 7 .215 .357 .477 .834
  • 各年度の太字はリーグ最高

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 伊東一雄. メジャー・リーグ紳士録. ベースボール・マガジン社. p. 28-29. 
  2. ^ http://www.mintpros.com/jesse-barfield-biography.html

外部リンク[編集]