ハリー・カラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハリー・カラス

ハリー・カラス(Harold Norbert "Harry" Kalas、1936年3月24日 - 2009年4月13日)は、メジャーリーグベースボールのスポーツアナウンサーフィラデルフィア・フィリーズの専属アナウンサーを長年務めて[1]2002年に実況放送関係者の『野球殿堂入り』にあたる、フォード・フリック賞を受賞した。

経歴[編集]

アメリカ合衆国イリノイ州ネイパービル出身。高校卒業後、アメリカ陸軍在籍中の1962年に、マイナーリーグハワイ・アイランダースの試合実況を務めたのが始まりで、翌1963年にヒューストン・コルト45s(現ヒューストン・アストロズ)の実況アナウンサーとなった。

フィリーズの実況を担当するようになったのは1971年からで、選手を引退していたリッチー・アシュバーンとのコンビでの中継は27年間にも及んだ。

大きなホームランが出た時などに発する"outta here!"は、カラスの実況の決まり文句として有名で、フィリーズのファンからは"Harry the K"のニックネームで親しまれた。シチズンズ・バンク・パークのスコアボード下のレストランに、この名前が付けられている。

アシュバーン死後70歳を過ぎても中継に関わり、フィリーズが進出した1993年と2008年のワールドシリーズを担当、2002年にはその功績をたたえ、スポーツアナウンサーの『殿堂入り』にあたるフォード・C・フリック賞が送られた。

野球中継以外では、NFLフィルムズの「インサイド・ザ・NFL」など数多くのナレーションを務めた[1]

また2005年から2009年にかけて、TV番組アニマルプラネットのコーナー「パピーボウル」のナレーションや、映画「レザーヘッド」(邦題:かけひきは、恋のはじまり)のコマーシャルのナレーションを行っている。

死去[編集]

2009年4月13日の、ワシントン・ナショナルズのホーム開幕戦(対フィリーズ)の中継を担当する予定だったカラスは、試合開始前の午後12:30頃に心臓発作を起こしシチズンズ・バンク・パークの記者席で倒れ[1]、収容されたジョージワシントン大学病院で亡くなった。前年2008年のワールドシリーズを制覇したフィリーズは、この死を受け4月14日に予定していたホワイトハウス訪問を延期した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “NFLの声”名ナレーターのカラス氏が死去、73歳”. NFL JAPAN (2009年4月14日). 2011年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]