1950年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1950年のワールドシリーズ
チーム 勝数
ニューヨーク・ヤンキースAL 4
フィラデルフィア・フィリーズNL 0
シリーズ情報
試合日程 10月4日 - 10月7日
のちの殿堂表彰者 ケーシー・ステンゲル(NYY/監督)
ヨギ・ベラ(NYY)
ジョー・ディマジオ(NYY)
ホワイティー・フォード(NYY)
ジョニー・マイズ(NYY)
フィル・リズート(NYY)
リッチー・アシュバーン(PHI)
ロビン・ロバーツ(PHI)
チーム情報
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 ケーシー・ステンゲル
シーズン成績 98勝56敗
フィラデルフィア・フィリーズ(PHI)
監督 エディ・ソイアー
シーズン成績 91勝63敗
ワールドシリーズ
 < 1949 1951 > 

1950年のワールドシリーズは、1950年10月4日から10月7日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要[編集]

第47回ワールドシリーズ。アメリカンリーグは前年の覇者ニューヨーク・ヤンキース。ナショナルリーグが1915年以来35年ぶりに出場のフィラデルフィア・フィリーズとの対戦となった。結果は4勝0敗でニューヨーク・ヤンキースが2連覇(13回目の優勝)。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月4日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 5 0
フィリーズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1
  1. : ヴィク・ラスチー(1-0)  : ジム・コンスタンティー(0-1)  
  2. 観客動員数: 30,746人
コンスタンティーとラスチーの投げ合いで迎えた4回、ヤンキースは1死3塁からジェリー・コールマンの犠飛で先制。ラスチーは5回と6回以外は一人も走者を許さず完封し、ヤンキースが先勝。

第2戦 10月5日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
ヤンキース 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 10 0
フィリーズ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 7 0
  1. : アリー・レイノルズ(1-0)  : ロビン・ロバーツ(0-1)  
  2. :  NYY – ジョー・ディマジオ1号ソロ(10回ロバーツ)
  3. 観客動員数: 32,660人
ヤンキースは2回、2死1、3塁からジーン・ウッドリングの遊撃内野安打で先制。一方フィリーズは5回、1死1、3塁からリッチー・アシュバーンの犠飛で追いつく。このままロバーツとレイノルズの投げ合いで延長に突入し迎えた10回、ヤンキースは先頭のディマジオが左翼にソロを放ち勝ち越し。その裏レイノルズは1死2塁のピンチを迎えるが、最後はディック・シスラーを三振に打ち取り10回を完投、ヤンキースが敵地で連勝。

第3戦 10月6日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
フィリーズ 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2 10 2
ヤンキース 0 0 1 0 0 0 0 1 1 3 7 0
  1. : トム・フェリック(1-0)  : ラス・マイヤー(0-1)  
  2. 観客動員数: 64,505人
ヤンキースは3回、2死から四球で出塁したフィル・リズートが盗塁と相手捕手の悪送球で3塁に進むと、続くコールマンの左前打で生還し先制。一方フィリーズは6回にシスラーの適時打で追いつくと、続く7回には1死2塁からマイク・ゴリアットの中前打で逆転。リードを貰ったフィリーズ先発ケン・ハインツェルマンは8回、2死を取った後3連続四球と乱れ満塁。フィリーズはここで第1戦先発のコンスタンティーを投入するが、代打ボビー・ブラウンの打球を遊撃手グラニー・ハムナーが失策し同点。ヤンキースは続く9回、代わったマイヤーを攻め2死1、2塁からコールマンが左中間にサヨナラ打を放ち、ヤンキースが早くも王手。

第4戦 10月7日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
フィリーズ 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 7 1
ヤンキース 2 0 0 0 0 3 0 0 X 5 8 2
  1. : ホワイティー・フォード(1-0)  : ボブ・ミラー(0-1)  S: アリー・レイノルズ(1)  
  2. :  NYY – ヨギ・ベラ1号ソロ(6回コンスタンティー)
  3. 観客動員数: 68,098人
一気に決めたいヤンキースは初回、1死2塁からベラの適時打で先制すると続くディマジオの2塁打で2-0とし、早くもミラーをKO。さらに6回には1回からロングリリーフのコンスタンティーをとらえ、ベラのソロ、ブラウンの3塁打、ハンク・バウアーの犠飛で3点を加え5点差とする。一方ヤンキース先発の新人フォードは8回まで無失点、9回も走者を2人出しながら2死までこぎつけたが、アンディ・セミニックの飛球を左翼手ウッドリングが落球し2点を失い、さらにゴリアットにも左前打を打たれたところでフォードは無念の降板。代わったレイノルズは代打スタン・ロパタを空振り三振に打ち取り、ヤンキースが4連勝で2年連続シリーズ制覇を決めた。

外部リンク[編集]

baseball-reference.com1950 World Series