ジョー・コリンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョー・コリンズ
Joe Collins
Joe Collins 1952.jpg
ベースボールカードに描かれたジョー・コリンズ
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州スクラントン
生年月日 1922年12月3日
没年月日 (1989-08-30) 1989年8月30日(満66歳没)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1948年
初出場 1948年9月25日
最終出場 1957年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴

ジョー・コリンズ (Joe Collins) として知られた ジョセフ・エドワード・コリンズ(Joseph Edward Collins、出生名:Joseph Edward Kollonige、1922年12月3日 - 1989年8月30日)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州スクラントン出身のMLBプロ野球選手

1948年9月25日ニューヨーク・ヤンキースの一員としてメジャー・デビューした。ヤンキース一筋で、MLBに10シーズン在籍し、ワールドシリーズに7度出場した。6フィート、185ポンドの体格で、左投げ左打ちであったため、内野のほとんどのポジションには不向きとされ、レギュラー・シーズンでは715試合で一塁手を務めた。また、通算114試合では外野手を務めたが、コリンズは最も多く出場した1954年のシーズンでも出場機会は130試合にとどまっていた[1]。コリンズは、右投げ右打ちのビル・スコーロン英語版プラトーン・システムを組むこともよくあった[2]。コリンズは、レギュラー・シーズン通算86本の本塁打を放ったが、より重要だったのは、強力なヤンキーズの一員として、ワールドシリーズで放った4本であった。コリンズは、ジョー・ディマジオミッキー・マントルとチームメイトだった。

MLB最後の出場試合は、1957年9月29日だった。コリンズのMLBのキャリアは、ヤンキース一筋であった。1958年のシーズン当初に、コリンズはフィラデルフィア・フィリーズとのトレードに出されたが、これを拒んで引退を選んだため、トレードは破談となった。コリンズは、1989年ニュージャージー州ユニオン郡ユニオン・タウンシップ英語版で死去し、同地ではコリンズを讃えて小さな公園に彼の名が付けられた。この公園は、ライブラリー・アベニュー (Liberty Avenue) 近くにあり、コリンズを記念するプラークも設けられている。

通算記録[編集]

  • 打率 .256
  • 本塁打 86本
  • 打点 329

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


Template:1955 ニューヨーク・ヤンキース