マイク・シュミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイク・シュミット
Mike Schmidt
Mike Schmidt.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州デイトン
生年月日 (1949-09-27) 1949年9月27日(67歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1971年 ドラフト2巡目でフィラデルフィア・フィリーズから指名
初出場 1972年9月12日
最終出場 1989年5月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1995年
得票率 96.52%
選出方法 BBWAA[1]選出

マイク・シュミットMichael Jack Schmidt:マイケル・ジャック・シュミット 1949年9月27日 - )は元メジャーリーガー内野手)。

キャリアの全てをフィラデルフィア・フィリーズで過ごしたフランチャイズ・プレイヤーである。通算548本塁打は三塁手として歴代最多。またナ・リーグ最多の本塁打王8回、エディ・マシューズに並びナ・リーグ歴代最長タイとなる9年連続30本塁打といった記録も残している。守備も堅実でゴールドグラブ賞を10回受賞。歴代最高の三塁手とも称される[1][2]

経歴[編集]

1971年ドラフト2巡目でフィリーズに入団。1972年9月12日にメジャーデビューを果たし、同年13試合に出場。翌1973年には132試合に出場し、三塁手のレギュラーに定着。しかし、打率.196の低打率に終わり、シーズン終了後にプエルトリコウィンターリーグで、当時フィリーズの監督だったダニー・オザークや打撃コーチのボビー・ワインからのアドバイスもあり、ゆったり構えていた打撃フォームを投手に背中が見えるくらいにねじり、背中をゆすりタイミングを合わせるという打撃フォームへ変更[1]

1974年6月10日、アストロドームで行われた対アストロズ戦では打球が本塁から329フィート(約100m)、地上35フィート(約10m)の天井からつるしてあったスピーカーに直撃。ボールはフィールドに落下し、グラウンドルールによりインプレーとなった[1]。36本塁打を放ち初のナショナルリーグ本塁打王となり、以後、1976年まで3年連続でナ・リーグ本塁打王となった。1975年4月には当時のメジャータイ記録に並ぶ11本塁打を記録[3]1976年4月17日のカブス戦では1試合4本塁打を記録。シュミットにホームランを打たれた投手の内訳を見ると、最初の2本がリック・ラッシェル、3本目はマイク・ガーマン、そして4本目はポール・ラッシェルと、リックとポールのラッシェル兄弟から3本のホームランを放っている。試合は3回終了時に13対1でカブスがリードしていたが、延長10回にシュミットの本塁打で、18対16でフィリーズの勝利となった[4]

1980年には、48本塁打、121打点で二冠王となりフィリーズの地区優勝に大きく貢献。満票で初のナ・リーグMVPに選出される。同年のワールドシリーズでもフィリーズ初の世界一に貢献し、シリーズMVPにも輝いた。1981年50日間に及ぶストライキのためシーズンが短くなったが、102試合で31本塁打・91打点で昨年に続き二冠王となり、ナ・リーグMVPに選出された。1983年は40本塁打・109打点を記録し、3年ぶりに40本塁打・100打点を達成。ボルチモア・オリオールズとのワールドシリーズでは20打数1安打に終わり、チームは1勝4敗で敗れた。シーズン終了後には年俸210万ドルの4年契約に合意。リック・シューが三塁手、シュミットは一塁手として1985年は出場したが、1986年からは再び三塁手として出場。1986年は37本塁打・119打点で二冠王となり、5年ぶり3回目のナ・リーグMVPに選出された。

1988年、右肩を痛め、打率.249・12本塁打・62打点の成績に終わり、シーズン終了後に右肩の手術を受けた[2]1989年5月29日、涙ながらに現役引退を表明[2]。同年のMLBオールスターゲームのファン投票でナ・リーグ三塁手として最多票を集めた。規定により出場はできなかったが、史上初めて引退選手がオールスターに選出された[2]。翌1990年、フィリーズはシュミットのつけていた背番号20』を永久欠番に指定し、その功績をたたえた。1995年には、資格取得1年目にしてアメリカ野球殿堂入りを果たしている。

引退後はフィリーズ傘下のマイナーリーグチームで監督を歴任している。2006年、フィリーズのライアン・ハワード一塁手が、58本塁打、149打点で二冠王に輝いた。それについてシュミットは、地元紙のインタビューにハワードの大ファンになってしまった、と公言している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1972 PHI 13 40 34 2 7 0 0 1 10 3 0 0 0 0 5 0 1 15 0 .206 .325 .294 .619
1973 132 443 367 43 72 11 0 18 137 52 8 2 1 4 62 3 9 136 8 .196 .324 .373 .697
1974 162 686 568 108 160 28 7 36 310 116 23 12 3 5 106 14 4 138 4 .282 .395 .546 .941
1975 158 674 562 93 140 34 3 38 294 95 29 12 6 1 101 10 4 180 7 .249 .367 .523 .890
1976 160 705 584 112 153 31 4 38 306 107 14 9 3 7 100 8 11 149 7 .262 .376 .524 .900
1977 154 667 544 114 149 27 11 38 312 101 15 8 1 9 104 4 9 122 10 .274 .393 .574 .967
1978 145 616 513 93 129 27 2 21 223 78 19 6 0 8 91 12 4 103 4 .251 .364 .435 .799
1979 160 675 541 109 137 25 4 45 305 114 9 5 2 9 120 12 3 115 13 .253 .386 .564 .950
1980 150 652 548 104 157 25 8 48 342 121 12 5 0 13 89 10 2 119 6 .286 .380 .624 1.004
1981 102 434 354 78 112 19 2 31 228 91 12 4 0 3 73 18 4 71 9 .316 .435 .644 1.079
1982 148 631 514 108 144 26 3 35 281 87 14 7 0 7 107 17 3 131 11 .280 .403 .547 .950
1983 154 669 534 104 136 16 4 40 280 109 7 8 0 4 128 17 3 148 10 .255 .399 .524 .923
1984 151 632 528 93 146 23 3 36 283 106 5 7 0 8 92 14 4 116 15 .277 .383 .536 .919
1985 158 645 549 89 152 31 5 33 292 93 1 3 0 6 87 8 3 117 10 .277 .375 .532 .907
1986 160 657 552 97 160 29 1 37 302 119 1 2 0 9 89 25 7 84 8 .290 .390 .547 .937
1987 147 613 522 88 153 28 0 35 286 113 2 1 0 6 83 15 2 80 17 .293 .388 .548 .936
1988 108 451 390 52 97 21 2 12 158 62 3 0 0 6 49 10 6 42 11 .249 .337 .405 .742
1989 42 172 148 19 30 7 0 6 55 28 0 1 0 3 21 4 0 17 6 .203 .297 .372 .669
通算:18年 2404 10062 8352 1506 2234 408 59 548 4404 1595 174 92 16 108 1507 201 79 1883 156 .267 .380 .527 .907
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 芝山幹郎 「誇り高き歴史を築いた男たち/マイク・シュミット 長打と好守で鳴らしたフィラデルフィアの鉄人」『月刊メジャー・リーグ』 2006年11月号、ベースボールマガジン社、2006年、雑誌 08625-11、84 - 85頁。
  2. ^ a b c d 藤澤文洋 『メジャーリーグ・スーパースター名鑑』 研究社2003年、80 - 83頁。ISBN 4-327-37689-2
  3. ^ Mike Schmidt from the Chronology” (英語). BaseballLibrary.com. 2009年7月4日閲覧。
  4. ^ April 17, 1976 Philadelphia Phillies at Chicago Cubs Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2009年7月4日閲覧。

外部リンク[編集]