エルストン・ハワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エルストン・ハワード
Elston Howard
ElstonHoward 09.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミズーリ州セントルイス
生年月日 1929年2月23日
没年月日 (1980-12-14) 1980年12月14日(51歳没)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
初出場 1955年4月14日
最終出場 1968年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴

ヴァシュオン高等学校

コーチ歴
  • ニューヨーク・ヤンキース (1969 - 1978)

エルストン・ジーン・ハワード(Elston Gene Howard, 1929年2月23日 - 1980年12月24日)は、アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。

経歴[編集]

出生からニグロリーグ時代[編集]

ハワードは1929年2月23日にミズーリ州セントルイスで生まれる。6歳の時に両親が離婚、母方で育てられることになるが、その後セントルイスのヴァシュオン高等学校に入学する。

1948年 、19歳のハワードは500ドルの契約金でニグロ・リーグの名門でバック・オニール率いるカンザスシティ・モナークスと契約を結びプロ野球選手としてスタートする。モナークス在籍時、ハワードは外野手として力をつけるほか、チームメイトにはのちにシカゴ・カブスで活躍するアーニー・バンクスも在籍し、ハワードとルームメイトだった。

マイナーリーグ時代[編集]

1950年、ニューヨーク・ヤンキースのスカウトに見出されて契約を結び、ヤンキース傘下のマイナーチームでプレイするが、翌1951年から1952年まで、兵役で陸軍に従軍したため、現役を中断。 1953年に兵役より復帰し、この年より捕手にコンバートされ、2年間AAA級のマイナーチームでプレイする。

ニューヨーク・ヤンキース時代[編集]

1955年4月14日に左翼手としてメジャーデビューを果たし、ヤンキース初のアフリカ系アメリカ人野球選手となった[1]。デビュー年は97試合出場で、打率.290、10本塁打、43打点をマークしたが、ハワードのポジションについてはケーシー・ステンゲル監督も悩み、当時は正捕手にヨギ・ベラがおり、外野もミッキー・マントルハンク・バウアーがいたため、ハワードは控え捕手・外野手としての出場が多かった。

1960年代より、ベラから正捕手を譲られる形で、ヤンキースの正捕手として多く出場するようになる。ワールドシリーズでの豪打も健在だった。 1963年はキャリアハイのシーズンで、打率.287、28本塁打、85打点の成績でアメリカンリーグのアフリカ系アメリカ人として初のMVPに選出され[1]また、初のゴールドグラブ賞も受賞した。

またオールスターには1957年から9年連続で選出された。

ボストン・レッドソックス時代・引退[編集]

1960年代半ばからハワードも衰えが見え、打率も2割5分台となり、1967年8月3日にボストン・レッドソックスへトレードで移籍、しかし、同年の打率は1割台だったというが、それでも同年のワールドシリーズに出場し本塁打を放ったのが最後の輝きだった。翌1968年シーズンを最後に現役を引退した。

引退後[編集]

引退後は1969年から1978年まで、古巣ヤンキースで一塁コーチ(1977年のみベンチコーチ)を務めた。特に、1977年6月に起きた対レッドソックス戦でのビリー・マーティン監督とレジー・ジャクソンの選手交代で起きた大喧嘩では、同じくコーチとなっていたヨギ・ベラと共にハワードは懸命な仲裁を行った。

晩年は心臓病に見舞われ、1980年12月14日心筋炎のためニューヨークの病院で死去[2]。まだ51歳だった。

ハワードのヤンキース在籍時の背番号「32」。
ニューヨーク・ヤンキースの永久欠番1984年指定。

死後、1981年シーズンのヤンキースは1年通してハワードの喪章をつけてプレイし、その3年後の1984年7月21日、ヤンキースはハワードの在籍時の背番号『32』を永久欠番に指定した[3]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1955 NYY 97 305 279 33 81 8 7 10 133 43 0 0 1 4 20 5 1 36 4 .290 .336 .477 .812
1956 98 316 290 35 76 8 3 5 105 34 0 1 2 2 21 6 1 30 11 .262 .312 .362 .674
1957 110 380 356 33 90 13 4 8 135 44 2 5 6 2 16 6 0 43 18 .253 .283 .379 .663
1958 103 406 376 45 118 19 5 11 180 66 1 1 4 4 22 6 0 60 9 .314 .348 .479 .827
1959 125 474 443 59 121 24 6 18 211 73 0 1 4 4 20 4 3 57 12 .273 .306 .476 .783
1960 107 361 323 29 79 11 3 6 114 39 3 0 2 8 28 7 0 43 8 .245 .298 .353 .651
1961 129 482 446 64 155 17 5 21 245 77 0 3 1 4 28 6 3 65 5 .348 .387 .549 .936
1962 136 538 494 63 138 23 5 21 234 91 1 1 3 9 31 1 1 76 20 .279 .318 .474 .791
1963 135 531 487 75 140 21 6 28 257 85 0 0 1 2 35 4 6 68 17 .287 .342 .528 .869
1964 150 607 550 63 172 27 3 15 250 84 1 1 0 4 48 12 5 73 10 .313 .371 .455 .825
1965 110 418 391 38 91 15 1 9 135 45 0 0 1 1 24 3 1 65 16 .233 .278 .345 .623
1966 126 451 410 38 105 19 2 6 146 35 0 0 0 3 37 9 1 65 12 .256 .317 .356 .673
1967 66 216 199 13 39 6 0 3 54 17 0 0 1 2 12 3 2 36 6 .196 .247 .271 .518
BOS 42 129 116 9 17 3 0 1 23 11 0 0 1 2 9 3 1 24 4 .147 .211 .198 .409
'67計 108 345 315 22 56 9 0 4 77 28 0 0 2 4 21 6 3 60 10 .178 .233 .244 .478
1968 71 229 203 22 49 4 0 5 68 18 1 1 2 1 22 1 1 45 5 .241 .317 .335 .652
通算:14年 1605 5843 5363 619 1471 218 50 167 2290 762 9 14 29 52 373 82 26 786 157 .274 .322 .427 .749
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ a b Elston Howard Facts” (英語). The Baseball Page.com. 2009年11月22日閲覧。
  2. ^ Elston Howard, Yank Star for Many Years, Dies at 51” (英語). The New York Times (1980年12月15日). 2009年11月28日閲覧。
  3. ^ Yankees Retired Numbers” (英語). MLB.com. 2009年11月22日閲覧。

外部リンク[編集]