ネリー・フォックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ネリー・フォックス
Nellie Fox
Nellie Fox 1953.jpg
1953年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州セントトーマス
生年月日 1927年12月25日
没年月日 (1975-12-01) 1975年12月1日(47歳没)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
150 lb =約68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1944年
初出場 1947年6月8日
最終出場 1965年7月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1997年
選出方法 ベテランズ委員会選出

ジェイコブ・ネルソン・フォックスJacob Nelson "Nellie" Fox, 1927年12月25日 - 1975年12月1日)は、ペンシルベニア州セントトーマス出身のプロ野球選手二塁手)。右投げ右打ち。

1997年アメリカ野球殿堂入りを果たした。

経歴[編集]

1944年シーズン開幕前にMLBフィラデルフィア・アスレチックスとアマチュア契約を結ぶ。同年19歳でMLBデビューするが、アスレチックスでは3年間在籍して98試合の出場にとどまる。1949年トレードで移籍し、シカゴ・ホワイトソックスの正二塁手となった。

小柄だったフォックスは守備の要として毎シーズンほぼフル出場し、打撃面でも常にリーグの打率上位10位に入る活躍をした。首位打者のタイトルはなかったものの、安打数でリーグ最多を記録したシーズンが4度に及ぶ。また1954年から1957年は4年続けて100得点をマークする。また1957年から創設されたゴールドグラブ賞の初年度の受賞者となり、以後通算3度ゴールドグラブ賞に輝いている。

1959年、ホワイトソックスはアル・ロペスの指揮のもと40年ぶりにアメリカンリーグを制覇する。フォックスもこの年打率.306と191安打の成績とともに、自身2度目のゴールドグラブ賞を獲得、同年のリーグ最優秀選手にも選ばれた。ワールドシリーズではドジャースに敗れたものの、フォックスは6試合で24打数9安打、打率.375の成績を残している。なお当時のホワイトソックスはフォックスとルイス・アパリシオで強固な二遊間コンビを形成していて、彼らは1959年と1960年に、二人揃って2年連続のゴールドグラブ賞を獲得するほどであった。

シカゴ・ホワイトソックスの永久欠番「2

ホワイトソックスには1963年まで在籍し、同年オフにヒューストン・コルト45sにトレードされる。1964年シーズン終了後に一度放出されたが、翌1965年5月に再度契約し、同年アストロズで現役を引退した。

1975年皮膚がんのためメリーランド州ボルチモアにて死去。

1997年ベテランズ委員会アメリカ野球殿堂入り選手に選出した。フォックスの背番号2」は、ホワイトソックスの永久欠番に指定されている。また2006年には、ホワイトソックスの本拠地であるUSセルラー・フィールドに、フォックスの等身大の銅像が立てられた。

プレースタイル[編集]

二塁守備では名前通りキツネの敏捷さを発揮し、「併殺プレーを完成させる事が二塁手の最大の義務」と述べていた[1]。フォックスは「三塁手や遊撃手からボールを受け取った後、ジャンプする時、自分は決して一塁ベースを見ない。下を見ていて、土の部分が続いている方向に投げる。首を上げて一塁を見ると、それだけタイムロスが出来る。土の部分さえ見て投げれば、自然とボールは一塁ベースに着く」と自分のプレーについて説明している[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1947 PHA 7 4 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 1 -- 0 0 0 .000 .250 .000 .250
1948 3 14 13 0 2 0 0 0 2 0 1 0 0 -- 1 -- 0 0 0 .154 .214 .154 .368
1949 88 296 247 42 63 6 2 0 73 21 2 2 11 -- 32 -- 6 9 10 .255 .354 .296 .650
1950 CWS 130 504 457 45 113 12 7 0 139 30 4 3 10 -- 35 -- 2 17 6 .247 .304 .304 .608
1951 147 681 604 93 189 32 12 4 257 55 9 12 20 -- 43 -- 14 11 7 .313 .372 .425 .798
1952 152 700 648 76 192 25 10 0 237 39 5 5 15 -- 34 -- 3 14 11 .296 .334 .366 .700
1953 154 692 624 92 178 31 8 3 234 72 4 5 12 -- 49 -- 7 18 15 .285 .344 .375 .719
1954 155 706 631 111 201 24 8 2 247 47 16 9 15 4 51 -- 5 12 13 .319 .372 .391 .763
1955 154 709 636 100 198 28 7 6 258 59 7 9 14 4 38 1 17 15 8 .311 .364 .406 .770
1956 154 721 649 109 192 20 10 4 244 52 8 4 13 5 44 1 10 14 19 .296 .347 .376 .723
1957 155 718 619 110 196 27 8 6 257 61 5 6 5 3 75 2 16 13 7 .317 .403 .415 .818
1958 155 698 623 82 187 21 6 0 220 49 5 6 12 5 47 5 11 11 13 .300 .357 .353 .710
1959 156 716 624 84 191 34 6 2 243 70 5 6 9 5 71 8 7 13 6 .306 .380 .389 .770
1960 150 684 605 85 175 24 10 2 225 59 2 4 14 5 50 2 10 13 11 .289 .351 .372 .723
1961 159 696 606 67 152 11 5 2 179 51 2 3 15 7 59 3 9 12 17 .251 .323 .295 .618
1962 157 684 621 79 166 27 7 2 213 54 1 2 13 5 38 0 7 12 13 .267 .314 .343 .657
1963 137 582 539 54 140 19 0 2 165 42 0 2 10 2 24 1 7 17 10 .260 .299 .306 .605
1964 HOU 133 502 442 45 117 12 6 0 141 28 0 2 20 3 27 1 10 13 8 .265 .320 .319 .639
1965 21 42 41 3 11 2 0 0 13 1 0 0 0 0 0 0 1 2 1 .268 .286 .317 .603
通算:19年 2367 10349 9232 1279 2663 355 112 35 3347 790 76 80 208 48 719 24 142 216 175 .288 .348 .363 .710
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録・表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 伊東一雄 『メジャー・リーグ紳士録』 ベースボール・マガジン社1997年、120-121頁。ISBN 4-583-03411-3
  2. ^ 1959年 - 1961年はオールスターゲームが年2試合開催された。

出典・外部リンク[編集]